やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

暴風雨となるライドシェア全面解禁論議


 「もうどうにでもなーれ」とでも言いたくなるようなライドシェア関連ですが、まだ揉めています。

UberのCEOが来日 ライドシェア規制緩和を呼びかけ

全面解禁を期限設けず検討、ライドシェアで政府方針

タクシー以外の参入、議論継続 ライドシェア「全面解禁」当面見送り

 要は、6月に決定する骨太の方針にライドシェア全面解禁に向けて検討する内容を盛り込むにあたり、検討の期限を設けるのかということであって、全面解禁に向けて法制度を含めた事業の在り方を並行して議論するというのは要するに今日こんにちまで行われてきた検討についてはゼロベースになるわけですから「当面やらない」という意志決定になったという風に見ていいんじゃないかとは思います。

 ただ、いかんせん期限なしというのは明日やるかもしれないし、岸田政権でこさえた短冊を閣議決定したとして次の政権がひっくり返してすぐやるor絶対やらないとジャッジする可能性もあるわけですから、これはもう単純に昨年8月からのライドシェアネタはあまりのグダグダさに棚上げになったと判断するのが正道だろうと感じます。

 国土交通省も物流・自動車局旅客課がさんざん規制としてのハードルや実務上の問題について進言してきており、また、クリアするべき条件についても先般メルマガでも書いた通りPHV方式しかおそらく日本では着地できる方法はないし、タクシー不足といっても一部の都市部や一定の時間帯でしか起きておらず、そもそもタクシー運転手の賃金が少ないから喰えないのでなり手がいないだけだとみんな分かっていたんですよ。

人間迷路 Vol.426 --ライドシェア問題をどうしたものかと思案しつつ、怪しい宗教法人売買の実態や生成AIと知財権利の有り様に触れる回

ライドシェア問題に寄せて

問題はライドシェアではなく、配車システムの利便性とタクシー運転手さんのお給料の問題

ライドシェア、怒りのゼロ回答(確かにタクシーは不足してるけど)

 そのようなタクシーの事情について、一連のハードルについて説明するだけで、やれ「既得権益だ」とか「タクシー利用者を無視している」などと煽った結果、案の定ライドシェア全面解禁で起きるであろうリスクについて政治が丸のみできる判断にはならず、結果的に掛け声だけ高まってみんな斃れるという結論になるのです。

 こういう結論になるのはたくさん記事でも指摘してきたとおり無理筋なのだから順を追って適切にライドシェアを段階的に解禁していけばタクシー業界も新規参入事業者もハイヤー利用者もWINWINとなるべきところ、いきなり全面解禁だとやった河野太郎さんとそこにフルベットさせようとした官邸サイドも見切り発車が過ぎた面はあろうかと思います。

 んで、元の振り出しはLINEヤフー社会長の川邊健太郎さんが、関係の深い小泉進次郎さん経由で菅義偉さんに依願をし、菅さんがよっしゃと外で昨年8月にライドシェア解禁論を講演でブチ上げたのが発端です。Uberにしても日本交通にしても、そういう事業環境の変化が起きるのであれば対応しなければならないのだから、日本交通川鍋さんは特に自分とこの株式上場も見込んで前のめりにならざるを得ません。その結果がライドシェア全面解禁の当面の棚上げなのですから、いいツラの皮にされてしまったとも言えます。

 あまりにも「当然そうなりますよね」という流れですし、私としても声高らかに「ボク言いましたよね」とならざるを得ない案件ですが、ただ、タクシードライバーさんの給料引き上げ・賃上げや、タクシーとハイヤーの違いをきちんと定めて国民が使いたいときに使いたいところで配車されるような合理的サービスを実現することの大事さは当然念頭に置いていかなければなりません。規制緩和という掛け声だけで労働法制や交通行政のあり方をすっ飛ばして全面解禁するのは筋悪だけれども、最終的なサービス形態を考えて人口減少下でのモビリティを考えてICT技術を使ったサービスアプローチを検討する、というのは全然あり得ることでしょう。

 さらには、いまや当たり前になってしまった中華製白タクが日本の域外で配車予約も支払いも完成させ、違法な白タク行為が横行している現状を考えれば、何かしらの法的担保、枠組みを用意する必要はどうしても出てきます。これを抜きにして規制緩和をしてはならないし、日本法でだけいくら厳しくしても海外でサービスが決済されてしまえば税金も取れません。このあたりの域外適用の問題についてもきちんと所見を考えたうえで適切な法規制を検討して行ければと思います。
 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.443 ライドシェア全面解禁見送りは当然の成り行きだろうと思いつつ、中国越境ECや生成AI業界のやらかし具合をあれこれ語る回
2024年6月3日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】暴風雨となるライドシェア全面解禁論議
【1. インシデント1】SHEINとTemuがもたらす中国越境ECの終焉
【2. インシデント2】続・AIサービスプロバイダを信用しても大丈夫なのかという問題
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

 
やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員を経て、情報法制研究所・事務局次長、上席研究員として、社会調査や統計分析にも従事。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

高城剛のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』紹介動画(高城剛)
私的な欲望で天災が大災害へつながることを実感するカリブの小さな島(高城剛)
総務省家計調査がやってきた!(小寺信良)
「民進党代表選」期待と埋没が織りなす状況について(やまもといちろう)
「暗い心」から脱するための、あまりにもシンプルな指針(名越康文)
子供会にLINEを導入してみた(小寺信良)
中進国の罠に陥って変わりゆくタイ(高城剛)
「たぶん起きない」けど「万が一がある」ときにどう備えるか(やまもといちろう)
なぜ作家に「酒好き」が多いのか(ロバート・ハリス)
国会議員は言うほど減らすべきか?(やまもといちろう)
「文章を売る」ということ(茂木健一郎)
身体にも衣替えの季節が到来(高城剛)
「ヤングケアラー」はそんなに問題か?(やまもといちろう)
「新聞を読んでいる人は、政治的、社会的に先鋭化された人」という状況について(やまもといちろう)
オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)(川端裕人)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ