鏡リュウジ
@Kagami_Ryuji

鏡リュウジのメルマガ『プラネタリー夜話』より

英語圏のスピリチュアル・リーダー100

「もっとも影響力が大きいスピリチュアルな人物」100

これはイギリスの老舗エソテリック書店、ワトキンスが昨年選んだ「もっとも影響力が大きいスピリチュアルな人物」トップ100のランキングです。ワトキンスが発行してるカタログ誌「Mind Body Spirit」が3年ほど前から、著作のセールス、グローバルな影響力などをもとに独自に選出しているもの。

もちろん、書店のPR誌という特性もありますから、学術的中立性をどこまで期待できるかはちょっとわきにおかねばなりませんが、しかし、一つの参考にはなるでしょう。

また、海外で日本発の宗教者がどんなふうに受容されているかの一端も伺えて面白いです。

詳しくはこのホームページから。

 

では、ざっと見ていきましょう。

 

第1位のダライラマ

これは文句なしですよね。もちろん、政治的な影響力という点では、ローマ教皇のほうが大きいのかもしれませんが、しかし、主流派ではなく、「スピリチュアル」な価値観を生きる人たちの中ではダライラマは宗教を超えたヒーローですから。

 

第2位のテイクナット・ハンも、文句なし。

ライト・スピリチュアル・ピープルの間ではあまり知られてはいないかもしれませんが、あのキング牧師に影響を与えたともいわれ、トランスパーソナル関係などでは、常に引用されたり名前が出る人物。

上位にあって納得なのは、デイーパック・チョプラでしょう。小説家のパウロ・コエーリョも、ぼくは愛読しています。ただ、このリストの特色は3位やほかの所によく出ています。

 

第3位のエックハルト・トール

『The Power of Now』(邦題『さとりをひらく人生はシンプルで楽になる』の著書で知られる人。代表的ニューエイジ・スピリチュアリテイの著者ですが、ぼくはあまり読んでいないので……。

またやはりベストセラーの『ザ・シークレット』の著者ロンダ・バーンが5位に。

実はぼくはこの本もぱらぱらとしかみていないのですが、日本語での人名の読み方を検索しようと「ザ・シークレット」のザ、だけをいれるとすぐに「シークレット」と関連ワードが出てきて、いままさに、驚いたところ。本当に売れたんですね。

あのネルソン・マンデラが9位に押さえられていることからも、このリストの特性が色濃く出ています。

1 2 3
鏡リュウジ
1968年3月2日生まれ。占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。占星術・占いに対する心理学的アプローチを日本に紹介したことで、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。日本トランスパーソナル学会理事。平安女学院大学客員教授。

その他の記事

「最近面白くなくなった」と言われてしまうテレビの現場から(やまもといちろう)
インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命(西田宗千佳)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦(やまもといちろう)
学歴はあとから効いてくる?ーぼくは反知性主義的な場所で育った(岩崎夏海)
一流のクリエイターとそれ以外を分ける境界線とは何か?(岩崎夏海)
なぜいま、世界史なのか? なぜ『最後の作品』が世界史なのか?(長沼敬憲)
Macを外でどーすんだ問題を解決する「cheero Power Deluxe」(小寺信良)
「モノ」と「場所」に拡張していくインターネット(高城剛)
現代社会を生きる者が心身を再構築するためのひとつの手法としてのアーユルヴェーダ(高城剛)
人はなぜ初日の出に惹かれるのか–数万年の心の旅路(鏡リュウジ)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!(宇野常寛)
ナショナリズムの現在ーー〈ネトウヨ〉化する日本と東アジアの未来(宇野常寛)
「正しく怒る」にはどうしたらいいか(岩崎夏海)
鏡リュウジのメールマガジン
「プラネタリー夜話」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ