夜間飛行の本

復路の哲学–されど、語るに足る人生

復路の哲学帯2

復路の哲学 されど、語るに足る人生

 

日本人よ、品性についての話をしようじゃないか。

 

成熟するとは、若者とはまったく異なる価値観を獲得するということである。政治家、論客、タレント……「大人になれない大人」があふれる日本において、成熟した「人生の復路」を歩むために。日本人必読の一冊!!

 

<内田樹氏、絶賛!>

ある年齢を過ぎると、男は「自慢話」を語るものと、「遺言」を語るものに分かれる。今の平川君の言葉はどれも後続世代への「遺言」である。噓も衒いもない。

 

復路の哲学 されど、語るに足る人生

平川克美 著

2014年11月28日刊行

四六判・244ページ

定価1600円+税

 

amazonで購入する

 

■目次

復路の哲学

悲しみの三波春夫

父親と観た映画を思い出す

厩橋の男とその知人

「機縁」と「責任」を考える

されど、カビリアは微笑まん

自然死について

還暦を過ぎると風景の色が変わることについて

見えるものと見えないもの

飽食があたりまえの時代

鉄の時代から来た男

往時茫々、一九六四東京オリンピック

子供は判ってくれない――アキ・カウリスマキの映画

ペルソナ~覆面レスラーと虚実の皮膜

大人が行き交う町に住むということ

私が「喫茶店の親父」になった理由

ライカ犬よりはましな人生

成長は子どもの特権、成熟は大人の見識

みんなトイレで大人になった

のれん

領土をめぐる思考

大人の国の憲法

始まったものは必ず終わる

あとがき

 

 

その他の記事

「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
古代から続くと言われるハロウィンの起源から人類の行く末を考える(高城剛)
ゲームを通じて知る「本当の自分」(山中教子)
大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそのスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。(やまもといちろう)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
それ「悲報」でもなんでもないから――化粧品はお肌に浸透しません!(若林理砂)
モアイの謎、イースター島にはまだまだ夢がある(高城剛)
今週の動画「虎落解き」(甲野善紀)
ICT系ベンチャー「マフィア」と相克(やまもといちろう)
「ローリング・リリース」の苦悩(西田宗千佳)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
部屋を活かせば人生が変わる! 「良い部屋」で暮らすための5つの条件(岩崎夏海)
「なし崩し」移民増加に日本社会は如何に対応するか(やまもといちろう)
ファッショントレンドの雄「コレット」が終わる理由(高城剛)

ページのトップへ