夜間飛行の本

復路の哲学–されど、語るに足る人生

復路の哲学帯2

復路の哲学 されど、語るに足る人生

 

日本人よ、品性についての話をしようじゃないか。

 

成熟するとは、若者とはまったく異なる価値観を獲得するということである。政治家、論客、タレント……「大人になれない大人」があふれる日本において、成熟した「人生の復路」を歩むために。日本人必読の一冊!!

 

<内田樹氏、絶賛!>

ある年齢を過ぎると、男は「自慢話」を語るものと、「遺言」を語るものに分かれる。今の平川君の言葉はどれも後続世代への「遺言」である。噓も衒いもない。

 

復路の哲学 されど、語るに足る人生

平川克美 著

2014年11月28日刊行

四六判・244ページ

定価1600円+税

 

amazonで購入する

 

■目次

復路の哲学

悲しみの三波春夫

父親と観た映画を思い出す

厩橋の男とその知人

「機縁」と「責任」を考える

されど、カビリアは微笑まん

自然死について

還暦を過ぎると風景の色が変わることについて

見えるものと見えないもの

飽食があたりまえの時代

鉄の時代から来た男

往時茫々、一九六四東京オリンピック

子供は判ってくれない――アキ・カウリスマキの映画

ペルソナ~覆面レスラーと虚実の皮膜

大人が行き交う町に住むということ

私が「喫茶店の親父」になった理由

ライカ犬よりはましな人生

成長は子どもの特権、成熟は大人の見識

みんなトイレで大人になった

のれん

領土をめぐる思考

大人の国の憲法

始まったものは必ず終わる

あとがき

 

 

その他の記事

ビルゲイツはやはり天才だったと感じる想い出(本田雅一)
正しい苦しみ方(岩崎夏海)
注目のスーパーフード、食用大麻で腸内環境の改善を目指す(高城剛)
人生に活力を呼び込む「午前中」の過ごし方(名越康文)
「いま評価されないから」といって、自分の価値に疑問を抱かないためには(やまもといちろう)
自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
「歳を取ると政治家が馬鹿に見える」はおそらく事実(やまもといちろう)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
極めてシンプルでありながら奥が深いシステマ小説(西條剛央)
歴史が教えてくれる気候変動とパンデミックの関係(高城剛)
ソニーが新しい時代に向けて打つ戦略的な第一手(本田雅一)
VRコンテンツをサポートするAdobeの戦略(小寺信良)
ボツ原稿スペシャル 文春オンラインで掲載を見送られた幻のジャニー喜多川さん追悼記事(やまもといちろう)
『時間の比較社会学』真木悠介著(Sugar)
死をどのように受け止めるか(甲野善紀)

ページのトップへ