鏡リュウジ
@Kagami_Ryuji

鏡リュウジのメルマガ『プラネタリー夜話』より

英語圏のスピリチュアル・リーダー100

【ご案内】

鏡リュウジさん新刊『秘密のルノルマン・オラクル』、2014年8月10日発売決定!

510VALZzYSL._SL500_AA300_日 本初。36枚のルノルマンカードと本格的な解説書のセットが登場!! 欧米で大ブーム! ルノルマンカードとは? ナポレオン妃お抱え占い師マドモアゼル・ルノルマンに由来する伝説のカード占い。 近年、タロットよりすごいと欧米を中心に大評判のルノルマンカードを、西洋占星術・神秘学研究の第一人者である鏡リュウジ氏が紹介。タロットでもトランプ でも、天使カードでもない、新たに再発見されたオラクルカードとして世界的ブーム!

 

スピリチュアルと政治

 

この原稿を書いている今日は東京都の都知事選の選挙日。もちろん、ぼくも投票にいってきました。都知事選は、世俗のリーダーを選ぶ選挙ですが、「政教分離」が原則とはいえ、実は完全にスピリチュアルと政治的な動きを分離することなど本当はできないのだと思います。

アメリカの現代魔女スターホークはEverything is politicalといいました。何を食べるのか、何を着るのか、あるいは男女のことをどう考えるのか、などなどすべてが人生観や世界観、ひいては宇宙観とつながりあっています。

 

宗教的なものに無自覚すぎることの危険性

組織宗教や破壊的カルトが肥大した場合の危険はいうまでもありませんが、かといって、完全に「無宗教」や「非スピリチュアル」であることはできないのです。

そのことにあまりに無自覚であると、気がつかないうちに、いつしか影響を受けすぎたり、まきこまれてしまう可能性もあります。

そこで、どのようにいわゆる「スピリチュアル」な影響力がいま現在、配置されているか、その趨勢を知ることも重要なのではないでしょうか。

ただ、そもそも「スピリチュアル」というのは定義するのも難しいし、組織化もされていないことが多いので、見渡すのが難しい。

そこで、ひとつのヒントとして、市場調査をもとにしたランキングを一つの参照枠にするのもいいのではないかと思います。

 

1 2 3
鏡リュウジ
1968年3月2日生まれ。占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。占星術・占いに対する心理学的アプローチを日本に紹介したことで、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。日本トランスパーソナル学会理事。平安女学院大学客員教授。

その他の記事

39歳の私が「人生の復路」に備えて考えた3つのこと(編集のトリーさん)
スマートスピーカー、ヒットの理由は「AI」じゃなく「音楽」だ(西田宗千佳)
【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……(城繁幸)
川端裕人×小野雅裕 対談<答えの出ない「大きな問い」が僕らをつないでくれる>(川端裕人)
「50歳、食いしん坊、大酒飲み」の僕が40キロ以上の減量ができた理由(本田雅一)
上野千鶴子問題と、いまを生きる我らの時代に(やまもといちろう)
「科学」と「宗教」、あるいは信仰における「公」と「私」(甲野善紀)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)
子供会にLINEを導入してみた(小寺信良)
シーワールドがシャチの繁殖を停止。今の飼育群を「最後の世代」にすると決定(川端裕人)
縮む地方と「奴隷労働」の実態(やまもといちろう)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
子どもが飛行機で泣いた時に考えるべきこと(茂木健一郎)
2016年米国大統領選候補、スコット・ウォーカー氏が思い描く「強いアメリカ」像(高城剛)
スマホVRの本命「Gear VR」製品版を試す(西田宗千佳)
鏡リュウジのメールマガジン
「プラネタリー夜話」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ