家入一真
@hbkr

家入一真×上祐史浩悩み相談(2)

負け組の人間が前向きに生きていくために必要なこと

【質問】辛いこと、大変なことがあっても前向きに生きていくには、どうすればいいですか。

 

上祐:家入さんからみなさんが学べることは、苦しみがあればやさしさが生じるということではないでしょうか。辛いことや大変なことがあれば、その分だけ自分がやさしさという心の宝を得られると考えれば、辛いこと、大変なことが、必ずしも悪くないと考えられるのでは。

やさしさというものが大切だという考えが強まれば、苦しみは喜びに変わってくると思います。困難がない人にやさしさは生じない。もう少し言えば、孤独のない人にやさしさは生じない。そういう逆転の発想をするのは、ひとつの方法だと思います。

自分の住んでいる場所がコンクリートジャングルなどと言われて、寂しい。自分を本当に愛してくれる人、その人によって自分の価値を感じられる人がいない。今そういう人たくさんいますから。孤独感や寂しさが広がっていることを考えても、これからはやさしさが重要になってくる。

仏教で最もあつく信仰されているのが、慈悲の、やさしさの化身である「観音菩薩」です。相当人気があるんですけど、その誕生の逸話は苦しみに満ちています。

というのも、親に捨てられ、悪い人に売られ、孤島でずっと苦役をやらされていたんです。自分はそこから逃げたいと思ったけどどうにもならない。だったら苦しみの経験を縁として、他人の苦しみを理解し取り除く者になろうと決意して、観音菩薩になった。ピカピカの神の子から観音菩薩になったんじゃない。苦しいばっかりの人生が、最も敬愛される仏教的存在になった。そういった意味では、苦しみこそ慈悲の源という考え方ができる。これは今の社会一般の考え方と全然違う。普通は苦しみから逃げよう、逃げようとする。でも逃げ切れないこともあるじゃないですか。逃げ切れない苦しみは、慈悲の源に生かすという考え方です。

 

家入:なるほど。でも、こういうお話を聞くと、「もっと苦しみたい」と思う人が出てきたりするんですかね。

 

上祐:いやぁ、それはケースバイケース。やっぱり苦しみって嫌だから。でも、その苦しみが悪いことばかりじゃないって考えることで、少し緩和されて、慈悲ややさしさを持てれば、一歩抜け出せる。

 

家入:ブッダも、もともと金持ちの息子とかでしたっけ。

 

上祐:そうです。王子でしたが、王位を捨てて世に下り、8年修行して、悟りに至りました。

 

家入:「なんで俺だけこんないい生活してるんだろう」という苦しみを感じていたのかな。

 

上祐:それもあったかもしれないですね。あと、自分がいずれ老いて死ぬことを思うとむなしくなって……というのがあったみたいですね。半分ノイローゼ状態になって、断食したり動物みたいな生活を送りながら、地べたをはい回って修行した。だから、ブッダは人間の頂点と底辺、両方経験した。喜びも苦しみも、経験は知恵になる。

 

家入:ふり幅もでかくなりますね。

1 2 3
家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第1回)(夜間飛行編集部)
安倍政権の終わりと「その次」(やまもといちろう)
週刊金融日記 第306号【余るホワイトカラーと足りないブルーカラー、株式市場は回復の兆し他】(藤沢数希)
なぜ作家に「酒好き」が多いのか(ロバート・ハリス)
国が“氷河期世代”をなんとかしようと言い出した時に読む話(城繁幸)
新型カメラを同時二台買いするための長い言い訳(高城剛)
Amazonプライムビデオの強みとは(小寺信良)
ファッション誌のネットを使った政党広告炎上は本当に“炎上”だったのか(本田雅一)
自分の部屋を「iPhone化」する–大掃除の前にヘヤカツ(部屋活)してみよう!(岩崎夏海)
週刊金融日記 第302号【コインチェックで人類史上最高額の盗難事件が起こり顧客資産凍結、暗号通貨は冬の時代へ他】(藤沢数希)
なぜこれほど本は売れなくなったのか(岩崎夏海)
クラウドファンディングの「負け戦」と「醍醐味」(西田宗千佳)
言語を問うことの意味(甲野善紀)
Apple、SONY……「企業の持続性」を考える(本田雅一)
人間の場合、集合知はかえって馬鹿になるのかもしれない(名越康文)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ