小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ」より

俯瞰するには悪くない?「4K8K機材展」

※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2018年4月6日 Vol.167 <新しいやり方号>より

今週4月4日〜 6日の予定で、東京ビッグサイトで開催されている「4K8K機材展」。実は今年初めて行なわれる展示会だが、行ってみたらなかなか面白かった。ご存じのようにビッグサイトの展示会は、関連する複数の展示会とガッチャンコしてひとつのフロアを埋めるという展示が多いのだが、今回の機材展も「映像伝送EXPO」「光通信技術展」「次世代モバイル通信展」という、全部で4つの展示会が同時開催となっている。


・4つの展示会が同時開催

 
言うなれば、4K8K機材展はフロア全体の1/4しかなく、小規模ではあるのだが、いきなりバーンとだだっ広いInterBEEよりひとつひとつのブースをゆっくり見て回れるという意味では、充実した展示会となっている。これをご覧の金曜日もまだ最終日なので、頑張れば見られるかもしれない。

タイミング的には、もう来週からNAB2018がスタートするので、主たる企業の新しい機材はみんな米国へ渡っている。そういう意味では、NABで発表するネタがここで見られるわけではないのだが、逆にNABに出すほどは完成していないというプロトタイプもコッソリ見ることができる。ある意味、裏展示みたいな扱いとして、面白いポジションである。


・必要なポイントをゆっくり見て回れる展示ブース

 
この中でプロ機材ではなく、コンシューマでも注目の機材があったので、ご紹介しておこう。

 

4K HDR時代のチューナー登場

4Kの本放送は、今年の12月1日からBSおよびCS110度左旋放送でスタートする。左旋というのが聞き慣れない言葉だと思うが、今現在放送しているのは「右旋」。不思議な話だが、電波がらせん状に右回転しているのである。反対に左旋というのは、左回りの電波だ。同じ周波数帯域でも、右回転と左回転で別の信号が送れるのである。

ただし左旋の電波を受信するためには、従来のアンテナではダメだ。左旋線用のアンテナか、右旋左旋両対応のアンテナを取り付ける必要がある。そしてその先には、専用のチューナーが必要になる。

現在発売中の4Kテレビは、パネルの解像度が4Kなだけで、4Kチューナーは搭載していない。外部入力及びネットコンテンツのみ4K対応しているだけである。例年新型のテレビは、早くて3月、遅くて6月に投入されるが、6月モデルぐらいからは4Kチューナー内蔵モデルが出てくるのではないかと思われる。

ただ、そのタイミングでテレビを買い換える人はいいだろうが、すでに4Kテレビを買っている人は、4K放送を受けるには別途チューナーを用意する必要がある。すでにプレスリリース等で発表はされているのだが、ピクセラがこの外付け4Kチューナーに一番乗りを果たした。4K8K機材展で、このチューナーの動作を拝見することができた。

現在も4Kは試験放送中で、アンテナを立てれば受信できる。ただし東京ビッグサイトには左旋BS/CS110のアンテナが取り付けられていないため、会場ではRF信号発生器を使って、録画コンテンツをRFに変換し、それをチューナーで受信するというデモが行なわれていた。

「4K Smart Tuner」という名前のチューナーは、黒いボックス型で、サイズ的には昔の3.5インチ外付けHDDケースぐらいのサイズ。ただし中身は恐ろしく軽い。実動実機を触らせていただいたが、モックなのかと思われるほど軽量にできている。


・ピクセラが今年10月に発売予定の「4K Smart Tuner」

 
4Kチューナーだけでなく、地デジ及びBS/CS110度の2Kのチューナーも搭載しており、CS114度のようなプレミアム局以外は全部受かるチューナーとなっている。特筆すべきは、4K HLG放送にもきちんと対応し、HDR表示もできることだろう。こうしたフルスペックのチューナーが、実売価格で3万円を切るというから、大したものだ。


・アンテナ入力も集約化されてシンプルに

 
さて、外観を見て何か不思議なことに気づかないだろうか。よく見るとB-CASスロットがないのだ。これはチップ化されたCASを採用していると考えるのが妥当であろう。

加えてネット放送も受信可能になっており、Netflixに標準対応しているほか、YouTubeなどのネットコンテンツも見られる、いわゆるAndroid TV的な機能もある。さらにはGoogleアシスタントにも対応しており、リモコンのボタンを押して喋ると、テレビ側のスピーカーを経由してボイスコマンドに対する反応を返す。つまりスマートスピーカーの機能を積んだテレビが出来上がるというわけだ。


・リモコンにNetflixボタンを配置

 
おそらく、かつてのAndroid TVが夢見たことが実現できるわけだが、当時は数十万円のテレビ内蔵というビジネスモデルだった。それが3万円以下のデバイスで実現できる時代になったわけだ。

スマートスピーカーもそうだが、やはり本気で「こういう世界観」を普及させようと思ったら、誰でも買ってみようかなと思えるような値頃感が実現できてこそだろう。


・4K HDR対応のAndroid TVボックスだとも言える

 
最初に登場する4K外付けチューナーがこの機能、この価格で出てくると言うことは、競合他社は相当やりにくいと思う。機能を削ってシンプルにして1万円程度にするか、別機能を盛り込んで同等の価格帯でやり合うか、ということになるだろう。

もちろん、ゆくゆくはテレビに内蔵されるものではあるのだが、本放送開始のタイミングからすぐに見られる手段としては、今のところ一番リーズナブルだと言える。

 

小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ

2018年4月6日 Vol.167 <新しいやり方号> 目次

01 論壇【西田】
 iPadから考えた「個人向けコンピュータ」の変遷
02 余談【小寺】
 俯瞰するには悪くない?「4K8K機材展」
03 対談【西田】
 Cerevo・岩佐さんと語る「出展する人のためのCES講座」(6)
04 過去記事【西田】
 タブレット、なんでこんなに安くなる!?
05 ニュースクリップ
06 今週のおたより
07 今週のおしごと

12コラムニスト小寺信良と、ジャーナリスト西田宗千佳がお送りする、業界俯瞰型メールマガジン。 家電、ガジェット、通信、放送、映像、オーディオ、IT教育など、2人が興味関心のおもむくまま縦横無尽に駆け巡り、「普通そんなこと知らないよね」という情報をお届けします。毎週金曜日12時丁度にお届け。1週ごとにメインパーソナリティを交代。   ご購読・詳細はこちらから!

その他の記事

少子化問題をめぐる日本社会の「ねじれ」(岩崎夏海)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
シンクロニシティの起こし方(鏡リュウジ)
【ダイジェスト動画】名越式仏教心理学を語る(名越康文)
私の出張装備2016-初夏-(西田宗千佳)
たまにつかうならこんな「ショートカット」(西田宗千佳)
東京オリンピックを痛快に破壊 ――アナウンサー吉田尚記は なぜ”テロ計画” を考える?(宇野常寛)
公職選挙法違反――選挙期間中にやってはいけない行為とは(津田大介)
ネットリテラシー教育最前線(小寺信良)
Netflix訪問で考えた「社内風土」と「働き方」(西田宗千佳)
日本が世界に誇るべき観光資源、温泉について(高城剛)
僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
サイバーセキュリティと官民協力の実態(やまもといちろう)
声で原稿を書くこと・実践編(西田宗千佳)
シュプレヒコールのデジャブ感—大切なのは、深く呼吸をすること(名越康文)

ページのトップへ