岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その23)

なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(後編)

ゆとり世代の誕生

そうして、「ゆとり世代」が誕生した。彼らは、シラケ世代の両親に溺愛されて育った。おかげで、非常に楽に生きることができた。目の前に障害があっても、親がそれを取り除いてくれたからだ。彼らはただ、親に愛想さえ振りまいていれば良かったのだ。しかしおかげで、競争する機会を奪われてしまった。運動会では、負けた悔しさを味わわせないようにと、勝った子への報償が廃止された。ひどいところでは、全員が手をつないで横並びでゴールした。やがて思春期になると、「受験戦争」がどんどんと取り除かれていった。AO入試が流行し、勉強ができない子のための大学も用意された。そうして、受験に失敗する悔しさを味わわせないようにしたのである。

さらに、そういう状態の中で不況が続いた。ゆとり世代の子供たちは、生まれてから大人になるまで、一度も好景気を体験することがなかった。だから、格差というものが広がらなかった。みな、そこそこの水準にとどまっていて、その意味では平等だった。しかも、デフレ社会だったから必要なものはそれなりに揃った。貧乏にはほど遠く、飢えなどとは無縁だった。そのため、それなりに幸せだったのだ。

そうして、ついに彼らの内面から「競争する」ということへの価値観が失われてしまった。というより、それを育むチャンスを失った。なぜなら、競争をしなくても生きてこられたからだ。いやむしろ、競争を忌避することが最善の選択となるような人生を、ここまで送ってきた。庇護者である親に愛想さえ振りまいておけば、簡単に生きることができたからだ。その意味では、彼らは奴隷も同然だった。自らの主体性など、ほとんどゼロに等しかったのである。

ところが、そういう状態で社会に出たときに、彼らを待ち受けていたのは空前の「大競争社会」だった。世の中は格差が拡大し、必ずしも平等ではなくなった。不況が終わって、金持ちが生まれる代わりに貧乏もまた生まれるようになっていた。

そのため、大混乱が巻き起こったのだ。若者のほとんどが、大競争時代に飲み込まれ、為す術もないまま「捨て駒」として、いいように使われるようになったのである。

次回は、そんなゆとり世代を襲った「大競争時代」と、彼らと「相互依存」の関係を育んだ「ブラック企業」について見ていきたい。
※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら

http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

 

岩崎夏海

1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

1 2
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

交渉の天才としての桃太郎(岩崎夏海)
恋愛がオワコン化する時代の不幸(紀里谷和明)
「狭霧の彼方に」特別編 その2(甲野善紀)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
グローバル化にぶれないアフリカのエッジの象徴としてのエチオピア時間(高城剛)
辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした(やまもといちろう)
“B面”にうごめく未知の可能性が政治も社会も大きく変える(高城剛)
「なぜ本を読まなければいけないのか」と思ったときに読む話(名越康文)
カップ焼きそばからエリアマーケティングを考える(西田宗千佳)
メディアの死、死とメディア(その3/全3回)(内田樹)
戸田真琴の青春を黒い雨で染める~『コクウ』(『ほくろの女は夜濡れる』)監督榊英雄&主演戸田真琴ロング座談会(切通理作)
週刊金融日記 第287号<イケメンは貧乏なほうがモテることについての再考察、小池百合子は出馬するのか他>(藤沢数希)
「狭霧の彼方に」特別編 その1(甲野善紀)
あれ? これって完成されたウエアラブル/IoTじゃね? Parrot Zik 3(小寺信良)
落ち込んで辛いときに、やってはいけないこと(名越康文)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ