平川克美×小田嶋隆「復路の哲学」対談 第2回

競争社会が生み出した「ガキとジジイしかいない国」

「大人として振る舞わなければいけない」という規範が消えた

187A1577sm小田嶋:数十年前のサラリーマンの写真の話は興味深いな、と思いました。彼らが今の30代よりもずっと大人に見えるのは、顔の造作の問題というより、写真を撮られるときの緊張感の問題ですよね。「写真に撮られるときには、大人としての表情をたたえておかなければいけない」という意志が働いているからこそ、そういう表情の写真が残っているわけです。

そういう意味では、「大人」というのは、人格というよりも「役割意識」に近いものだったんじゃないでしょうか。

平川:そう。昔の人のほうが内面的に立派だったかどうかということはさておき、少なくとも「大人の仮面を被ろうとしていた」ことは間違いないだろうと思います。

小田嶋:それは、自分の意志で大人として振る舞おうとしていたというよりも、むしろ周囲からの圧力でそう振る舞っていた側面が強かったということですよね。私の父親の世代でも、少なくとも30歳ぐらいになったら大人として振る舞わなければいけないというふうに、周囲から追い込まれていたように思います。

でも、私の世代になるともう、30歳を超えても、そういう周囲からの「大人になれ」と追い込まれるような圧力は感じませんでした。今の30歳だと、そもそも周囲が「大人」だと思っていないぐらいではないでしょうか。

先ほどからお話している「大人のロールモデル」として皆が共有するような映画俳優なり、スポーツ選手がいないというのは、そのことを象徴的に表しています。おそらく数十年前の30代というのは、多かれ少なかれ、高倉健さんが演じていたような大人像をロールモデルとして共有していた。だから、30歳になると何となく「俺はもうおじさんだから」と覚悟を決めて、若者みたいにチャラチャラするのはやめておこう、と考えたんだと思うんです。

ところが今、テレビや映画で活躍していて、若者のロールモデルになりうる人たちって、みんな「年齢よりも若く見える」人達ばかりですからね。30歳になった嵐も、40歳になったSMAPも、みんな若者であって、大人ではない。

平川:SMAPって40歳なんですか(笑)。

小田嶋:40歳なんです。一番若い香取慎吾でも30代後半じゃないでしょうか。このことって、大きいですよね。だって「SMAPが若者なら、40歳の俺だって若者だよな」ってなるじゃないですか。でも、そうすると何が起きるかというと、ずーっと若者だった人がある日突然、ジジイになっちゃうんです。大人というか、「おじさん」の期間がほとんどなくなってしまうということですね。

1 2 3 4 5

その他の記事

【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
横断幕事件の告発者が語る「本当に訴えたかったこと」(宇都宮徹壱)
エッセンシャル・マネジメント(本質行動学)とは何か(西條剛央)
「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
思考実験のための『もし、トランプさんが米大統領になったら』(やまもといちろう)
一から作り直した「非バッファロー的なもの」–『新おもいでばこ』の秘密(小寺信良)
最近笑顔の減った男性は要注意!? 「つられ笑い」は心身の健やかさの指標(名越康文)
大騒ぎの野球賭博と山口組分裂騒動あれこれ(やまもといちろう)
失敗した「コンパクトシティ」富山の現実(高城剛)
自分の「生き方」を職業から独立させるということ(紀里谷和明)
Amazon(アマゾン)が踏み込む「協力金という名の取引税」という独禁領域の蹉跌(やまもといちろう)
成宮寛貴友人A氏のブログの話(やまもといちろう)
「認知症」自動車事故とマスコミ報道(やまもといちろう)
「野良猫」として生きるための哲学(ジョン・キム)
あれ、夏風邪かも? と思ったら読む話(若林理砂)

ページのトップへ