家入一真
@hbkr

【対談】木原直哉(ポーカープロ)×家入一真(起業家)前編

東大卒のポーカープロに聞く「場を支配する力」

数学の公式が覚えられず、毎回計算をしていた

家入:さっきの話に戻りますけど、今のっているとか運がいいとか、もう考えたってわからないし、むしろそれはノイズになるし、将来を不安視してもしょうがない。みたいな話がご著書に書かれていて、「諸行無常」という言葉が浮かびました。

木原:自分は、そういう考えはすごく持っていますね。

家入:プロのポーカープレーヤーって、突き詰めると哲学者というか、諸行無常感がすごい。その場その場でツイていたりツイていなかったり、勝ったり負けたりしていくなかで、人ってどうしてもその後のプレイに影響が出るような、感情の乱れが起きてしまうもの。大きく負けて怒ったりして。そういうことから一切独立して、感情に影響を受けないような形で、ただ淡々とプレーを重ねていくスタンスというか。

木原:それができるのが理想です。人間、なんだかんだ感情に影響を受けてしまうものだけど、それができるにこしたことはない。

家入:ポーカーをし始めた頃と、感情の揺れはだいぶ変わりました?

木原:昔からそんなに感情の揺れはないんです。でも、今でも大きい金額で負けると、それは凹みますよ。ブチキレるようなことは、昔から全くないですけど、さすがに凹みます。ただ、昔と今だと、「大きい金額」の定義が変わってきた。昔は10万円で凹んでいたけど、今は全然、なんとも思わなくなった。

家入:すごいですよね、本当(笑)。キャッシュでやるときのポット(賭け金)とか想像できないです。

木原:今年のキャッシュゲームで負けた最大のポットは100/200PLO(ポットリミットオマハ)での46000ドルポットですね
※ポットリミットオマハ:ポーカーのゲームの種類。

家入:日本だと?

木原:約550万円。

家入:・・・しかも一回のゲームで、ですよね?

木原:1ハンド(手札)ですね。270万円ずつ。しかも勝率が65%だったんですよ。

家入:金額の大きさで気持ちが揺れたりとかは?

木原:それなりに揺れますよ(笑)。しょうがないです。凹むけど、だからといってそれを引きずってプレーしてはいけないし、取り返そうと思っちゃいけない。

家入:取り返そうと思うと、プレイに影響が?

木原:自分のプレイに影響が出ていると思ったらやめた方がいい。その日は休憩するとか。別に影響してないなら、続行していい。

家入:客観的に自分を見る?

木原:客観的に自分を見るのは得意です。

家入:それも昔から?

木原:実は昔のことはあまり覚えていないんですよ。記憶力がものすごく悪くて。

家入:著書にもそう書いてあった(笑)。

木原:物事を覚えられないんです。数学の公式とかも覚えられなくて、その場で毎回導くんですよ。中学校の教科書に三平方の定理とか、解の公式とかあったじゃないですか。あれも、もともとの式から計算していって、最終的に公式というものを作る。

導き方自体はそんなに難しくありません。覚えるのではなく、理解するだけなので、簡単なんですね。でも、二次方程式とか、式の形自体が、10回とかのレベルじゃなくて何度やっても覚えられなくて、テストのたびに最初に導いてました。

家入:そっからやるんだ。時間間に合うんですか?

木原:時間は全然間に合います。処理速度は毎回計算しているので、早くなるじゃないですか。三角関数の公式とかも、何度も何度も導いて。

家入:ポーカーも、プレーしながらそういう風に計算してるんですか?

木原:まぁそうですね。何回も見直したりとか。数をこなすなかでなんとなく感覚もついてきて、「これって何%くらいかな」とわかるようになる。基本的に覚えられないので、数をこなすことが自分の元にあります。

<この後、話題は木原さんの生活習慣、ポーカーにおける「よいプレーヤー」とは何か? と展開します。続きは、家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.45(2015年9月1日発行)をご覧ください!>

 

家入一真メールマガジン「家入学級

30Vol.45(2015年9月1日発行)目次

1時間目:今日の授業「自分の会社なのに行きづらい/僕のポーカースタイル」
2時間目:【Q&A】彼氏の浮気を問いつめられない
3時間目:【対談】ポーカープロ 木原直哉さん 〜前編〜
4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

ieiri

1 2
家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

『小説家と過ごす日曜日』動画版vol.001<IRA’Sワイドショー たっぷりコメンテーター><恋と仕事と社会のQ&A>(石田衣良)
「キレる高齢者」から見る“激増する高齢者犯罪”の類型(やまもといちろう)
廃墟を活かしたベツレヘムが教えてくれる地方創生のセンス(高城剛)
週刊金融日記 第295号【ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう、米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する他】(藤沢数希)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
依存癖を断ち切る方法(高城剛)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
開発者会議で感じた「AWS」という企業の本質(西田宗千佳)
2ちゃんねるのスレがニュースになる時代(家入一真)
iliは言語弱者を救うか(小寺信良)
スマホv.s.PC議論がもう古い理由(小寺信良)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
カビ毒(マイコトキシン)についての話(高城剛)
どうせ死ぬのになぜ生きるのか?(名越康文)
あまり語られることのないエストニアが電子政府に向かわざるをえない本当の理由(高城剛)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ