小寺信良の記事一覧

記事一覧: 95件

4K本放送はCMスキップ、録画禁止に?

ちょっとキナ臭い話が聞こえてきた。次世代放送の技術仕様を検討しているワーキンググループで、今後の4K/8KではCMスキップの禁止や、録画そのものを禁止する、いわゆるネバーコピーの仕様が検討されているという。(2015.12.05)  続きを読む

「テレビを作る側」はどこを向いているか

千葉幕張メッセにて国際放送機器展「InterBEE 2015」が開催されている。今この執筆時点では2日目が終わったところだが、今年のInterBEEから見えてきたトレンドをご紹介したいと思う。プロ業界のトレンドではあるが、1〜2年後には市販の映像コンテンツとして、みなさんのお手元に届くことになるため、これから何が来るのかが大体わかるはずだ。(2015.11.21)  続きを読む

5年後の未来? Canon Expoで見たもの

11月4日から3日間、有楽町の東京国際フォーラムにて、Canon Expoが開催された。これは5年に一度開かれるキヤノンのプライベートショーで、招待された関係者しか閲覧することができない。展示としては、現在キヤノンが研究開発中で、今後製品化を目標としている技術やモノが中心となっており、5年後の「もしもこうだったら」を占うイベントとして、興味深いものだ。ここではイメージングに関係して興味深かったものをいくつかご紹介したい。(2015.11.07)  続きを読む

コンデンサーブームが来る? Shureの新イヤホン「KSE1500」

マイクロホンやイヤホン、ヘッドホンでおなじみ米国の音響機器メーカーShureが、渋谷で新製品発表会を行った。 今回のShure発表の目玉は、世界初コンデンサー型イヤホンシステム「KSE1500」の発表がメインであった。(2015.10.24)  続きを読む

ズルトラ難民が辿り着く先、HUAWEI P8max

先日もレビューのためにiPhone 6s Plusをお借りして試したが、5.5インチというサイズは大きめではあるものの、十分かと言われるとそれほどでもない。何に対して十分かというと、老眼に対してである悪かったなジジイで。(2015.10.10)  続きを読む

Amazonプライムビデオの強みとは

9月24日、Amazonが日本で記者発表会を開き、AmazonプライムビデオのローンチとAmazon Fire TVをはじめとする視聴ハードウェアの予約を開始した。価格など細かいことはいろんなメディアが報じているだろうからここでは省略して、Amazonプライムビデオに隠されたテクノロジーと、彼らが狙うものを探ってみたい。(2015.09.26)  続きを読む

iPad Proは何をどうしようとしているのか

9月10日深夜のAppleの発表イベントを、ライブ中継でご覧になった方も多いだろう。発表以前はiPhoneの新モデル登場、Apple TVの刷新と色々噂になっていたが、おおむね噂通りのものが登場することになった。だがその中でも、個人的にほんまに出るかいなとずっと懐疑的だったのが、大型iPadだ。(2015.09.12)  続きを読む

実はまだいじくっている10cmフルレンジバックロード

先週は夏休み特集といった趣向で、月刊Stereo誌付属のFostex製10cmフルレンジスピーカーを使ったバックロードホーンの製作をメインコラムとした。普段より画像が多かったので、面食らった方も多かっただろう。 実はあのスピーカーを作ったのは2週間ほど前のことで、エージングも進み、なかなか音も落ち着いてきた。だがそうなってくると、むくむくと頭をもたげてくるのは、せっかく作ったこのエンクロージャー、今度はスピーカーユニットのほうを変えたらどうなるんだろうという好奇心である。(2015.08.29)  続きを読む

夏の帰省に強い味方! かんたん水やりタイマーセット「G216」

まもなく夏休みも中盤、お盆で帰省するという話もちらほら聞こえてくる時期。今回はそんな時に便利なものをご紹介。 うちはいつも子供と猫を連れて1週間ほど宮崎の実家に帰省するのが通例となっているのだが、そこで困るのが植木の世話である。(2015.08.10)  続きを読む

年内に来る? Wi-Fi Awareとは

Wi-Fi Awareという新技術が発表された。Wi-Fi Direct接続によるソリューションを拡張するための技術だ。 具体的には、どこかのアクセスポイント経由ではなく、近くにいる人と繋がり、一時的なネットワークを形成できる。たとえば電車内で同じゲームを立ち上げている人と対戦できたり、同じイベントにいる人と別アングルの写真を交換し合ったりといったことが実現できる。 OSとアプリが対応すれば、どんな端末間でも使える技術だが、一方で、そんなに簡単に他人と繋がって大丈夫かという心配もある。(2015.07.18)  続きを読む

ページのトップへ