『媚びない人生』刊行記念インタビュー

「野良猫」として生きるための哲学

 

時間が経っても時差を感じさせない本を書きたかった

――初めに読ませていただいたとき、これは「長く読める」本だなと思いました。一年後に読んだら違う発見があるんじゃないか、と思う箇所が何箇所もあったんです。「繰り返し読める本を書く」ということは意識されていたんでしょうか。

ジョン・キム:そうですね。少し言葉の抽象度を高めることで、まず多くの人に共感してもらいたかった。また、読者がいろんな経験を経て成長したときに、本書をまた違った解釈で読むということを想定したところがあります。読者のそうした姿勢こそが、本に対して命を与えるものだと思います。

―― 一方で「学生に語りたい」という気持ちが強く出ていますよね。読んでいて、言葉を届けたい対象のイメージが浮かんできます。

ジョン・キム:「家族のように大事に思っている学生たちに、自分が伝えられる言葉を贈りたい」という気持ちがありました。彼らに「1対1」で語りかけたかった。その内容が結果的にたくさんの人に共感してもらえて、日常での実践のヒントにしてくれれば心から嬉しい、という感じでしょうか。まず語りかける対象として学生がいて、その先にさまざまな読者がいるというイメージですね。

――改めてお伺いしますが、慶應大学で教鞭をとられて何年目になりますか。

ジョン・キム:8年になりますね。

――ゼミなどで指導された学生の数はだいたいどれくらいの人数になりますか?

ジョン・キム:毎年10人から20人前後なので、合わせて100人くらいですかね。

――キム先生のゼミは非常に厳しいと伺っています。どんな授業をされているのか気になる読者も多いと思うので、雰囲気などを少しお聞かせいただけますか。

ゼミがはじまって最初の1カ月は、「自分を水に戻す」ことを意識してもらっています。つまり、「自分はこうだ」という固定観念を一度リセットしてもらう。それから、自分の力を信じで、なりたい自分を明確に意識しながらも、目の前の課題を徹底的にクリアしていくというのを積み重ねていく。すると、だんだん「自分の頭で考え、自分の言葉で表現し、自分の責任で行動する」ことができるようになってきます。

そうした教育の一環として、「社会と接点を持ちながら、リアルなプロジェクトを進めていく」という活動も授業に取り入れています。今年度の活動では、アウディジャパンや日経ビジネス・オンラインと組んで「若者の車離れに対するアウディのブランディング戦略」というプロジェクトを立ち上げました(※1参照)。学生が主体となって、“自ら問題を発見し、設定し、解決する”場の提供を心がけています。

※1 慶大生と「走りながら考える」/日経ビジネスON LINE
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120502/231664/

ちなみに、僕は普段の授業の中では、『媚びない人生』に出てくるような人生論は基本話しません。メディア、政治、経済といった題材を使いながら、本質の見極め方や問題解決の考え方をそれぞれの場面において指導しています。知識の蓄積ではなく、思考の向上が私の教育の基本的な役目だと思っています。

1 2 3 4 5
ジョン・キム
慶応大学特任准教授・韓国生まれ。日本に国費留学。米インディアナ大学、英オックスフォード大学、ドイツ連邦防衛大学、米ハーバード大学を経て2004年から現職。アジア、アメリカ、ヨーロッパ等、3大陸5ヶ国を渡り歩いた経験から生まれた独自の哲学と生き方論が支持を集める。

その他の記事

「相場下落」の冬支度、なのか(やまもといちろう)
京成線を愛でながら聴きたいジャズアルバム(福島剛)
21世紀に繁栄するのは「空港運営」が上手な国(高城剛)
うまくやろうと思わないほうがうまくいく(家入一真)
韓国情勢「再評価」で、問題知識人が炙り出されるリトマス試験紙大会と化す(やまもといちろう)
都市近郊の統一地方選が「ドッチラケ」な理由(小寺信良)
年内に来る? Wi-Fi Awareとは(小寺信良)
テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す(西田宗千佳)
花見で教えられるこの世の唯一の真実(高城剛)
世界のファストファッション最前線(本田雅一)
rovi、TiVoを買収して何が変わる?(小寺信良)
楽天モバイルが先行する“MNO”に追いつくために(本田雅一)
6月のガイアの夜明けから始まった怒りのデス・ロードだった7月(編集のトリーさん)
アメリカでスクーター・シェアを「見てきた」(西田宗千佳)
なぜ「もしドラ」の続編を書いたのか(岩崎夏海)
ジョン・キムのメールマガジン
「媚びない人生の作り方」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4水曜日配信予定)

ページのトップへ