若林理砂
@asilliza

自分で自分の体の声を聞く

『冷え取りごはん うるおいごはん』で養生しよう

特別なことをしないで「続ける」ことが養生

——ところで若林さんご自身でそういう自分の体の声を聞くための時間を一日の中で持ったりしていますか?

若林:日常でそういう時間は特別とってはいないです。これも養生なんですけど、100%で突っ走らなければいけない時のために年がら年中70%なんですよ。臨床でも100でやらなくちゃいけないのは一瞬しかないんです。ずーっと100で張ってるってことはないです。

だいたい、風呂入るじゃないですか、あと、寝ますよね。それくらいですよ。

——では、湯船に入ってほっとしたりする時間ぐらいでしょうか?

若林:そうそう、伸ばす、みたいなことはしますよ、お湯につかって。あと、力が抜けなくなった時に寝る前に布団の中で呼吸法やったりとかたまーにありますけど。毎日そのために時間をつくってそのために何かをやるってなると、私から言わせると養生ビギナー。

養生って特別な時間をとってやるものじゃなくて、生活そのものですからね。そのために時間をとってやっているといつか飽きてやめますよ。

——ご飯を軸にした生活そのものを養生スタイルに近づけるってことですね。

若林:はい、ちょっとずつ組み替えていくことですよ。例えば毎朝10分瞑想していて解脱できたら皆、やっちゃいますよね(笑)。でも実際はそうじゃない。一日10分ではなく、始終地道に積み重ねた結果しかない。だから特別なことは何もしません。季節に合った食事、十分な睡眠、湯船に入る、衛生に気を配ることが養生の基本です。

1 2 3 4 5
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

「常識の毒」を薬に変える(名越康文)
「先生」と呼ぶか、「さん」と呼ぶか(甲野善紀)
PCがいらなくなる世界(小寺信良)
世界旅行の際にちょっと得する航空券の買い方(高城剛)
津田大介×高城剛対談「アフター・インターネット」――ビットコイン、VR、EU、日本核武装はどうなるか?(夜間飛行編集部)
「オリンピック選手に体罰」が行われる謎を解く――甲野善紀×小田嶋隆(甲野善紀)
教養の価値ーー自分と世の中を「素直に見つめる」ということ(岩崎夏海)
思い込みと感情で政治は動く(やまもといちろう)
浜松の鰻屋で感じた「食べに出かける」食事の楽しみと今後の日本の食文化のヒント(高城剛)
メディアの死、死とメディア(その3/全3回)(内田樹)
CESで感じた「フランスと日本の差」(西田宗千佳)
「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ(家入一真)
カナダでは尊敬の意をこめて先住民族をファーストネイションズと呼びます(高城剛)
僕が今大学生(就活生)だったら何を勉強するか(茂木健一郎)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(後編)(岩崎夏海)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ