若林理砂
@asilliza

自分で自分の体の声を聞く

『冷え取りごはん うるおいごはん』で養生しよう

マクロビ、ローフード、炭水化物ヌキ……流行りの食事とはどう違う?

——食や健康、美容やダイエットを意識している人は、マクロビオティックやローフードを実践している人も最近は多いですが、そういう食事法との違いは?

若林:そういう方にも是非読んでもらいたい本です。体に熱がこもっていて潤いがたり過ぎている人は、ローフードで体調はよくなるんですけど、よくなってからもずっと続けていないほうがいい。なぜなら体質がすでに変わっているから。

[caption id="attachment_1666" align="alignleft" width="200"] 撮影 Nawa Makiko[/caption]

同じように熱がこもっていて湿気がこもりつづけている人がマクロビやっていると、熱が引けてきて中庸に近づいてきたときに「すごくイイ!」ってなってはまりこんじゃうんです。

あれらは食養生ではなく、「食療」なんですよ、食事療法。だからそれをずっと続けていると、今度は「足りない」という状況になるんですよ。潤いも熱も足りなくなる。そこになる手前で見極めて対処したほうがいいんです。体質変わったあとも続けないほうがいいです。

——今、ブームにもなっている炭水化物ヌキはどうですか?

若林:最近は、メタボ対策の糖質ヌキが流行ってますね。メタボな人は実際、多少は白いご飯ぬいたほうがいいですよ。でもね、ずーっとぬいていると調子悪くなるんですよ。

あ、すごく太っている人はいいんですよ。めっちゃいいですよ。しばらくご飯ぬけやーって(笑)。そうなるといい状態になるんですよ。そこになって元の食事に戻すとき、以前と同じように炭水化物食べていたらすぐにあっという間に太ってしまって元の木阿弥になってしまいます。痩せたあとにどういうご飯にするかっていうときに、この本はオススメなんです。

——つまり、旬のものをちゃんと調理する普通のご飯ってことですね?

若林:そうですよ、普通のご飯なんですよー! ご飯とお味噌汁があって季節の野菜、お肉かお魚をどう調理するかですよね。この食べ物がとくに体にいいとか、そういうこともないですから。

——でも、そういう普通のご飯を食べ続けることがいかにムズカシイか、ですね。

若林:わかりやすくて短期間で効果がでるものには皆さん、飛びつきたくなりますからね。すぐに効果がでるものはあっという間にもとに戻ります。1種類の食べ物に特化してこれは体にいいとかいうのは絶対にウソです。

1 2 3 4 5
若林理砂
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。高校卒業後に、鍼灸免許を取得し、エステサロンの併設鍼灸院で、技術を磨く。早稲田大学第二文学部卒。2004年、アシル治療室開院。現在3ヵ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている。

その他の記事

統計学は万能ではない–ユングが抱えた<臨床医>としての葛藤(鏡リュウジ)
季節の変わり目はなぜ風邪をひきやすい?(若林理砂)
過去最高益を更新したトヨタ自動車の今後に思うこと(本田雅一)
(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
人も社会も「失敗」を活かしてこそサバイブできる(岩崎夏海)
「脳内の呪い」を断ち切るには(西條剛央)
PCがいらなくなる世界(小寺信良)
花盛りとなるステマ関連が見せる地獄の釜の淵(やまもといちろう)
グローバル化にぶれないアフリカのエッジの象徴としてのエチオピア時間(高城剛)
「iPhoneの発売日に行列ができました」がトップニュースになる理由(西田宗千佳)
【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
石田衣良がおすすめする一冊 『繁栄―明日を切り拓くための人類10万年史』(石田衣良)
こ、これは「スマート」なのか? スマートカメラ「IPC-T3710-Q3」が割とやべえ(小寺信良)
『外資系金融の終わり』著者インタビュー(藤沢数希)
AlphaGoから考える「人とAIの関係」(西田宗千佳)
若林理砂のメールマガジン
「鍼灸師が教える一人でできる養生法」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)

ページのトップへ