西田宗千佳×小寺信良対談 その4(全5回)

PCがいらなくなる世界

「ちゃんとしたものを自分で作りたい欲」がない

西田 ない。違うんですよ。でも、そこでiPadとかを渡されて、満足するほどのリテラシーはないんですよ。要は、パソコンではこういうことが全部できる、ってわかってるけど、iPadとかでいいのか──

小寺 踏ん切りがつかないんだね。

西田 そう。僕らだと、それだったらiPadでいいんじゃない? って思うけれど、パソコンでできることしかわかってないから、「やっぱりパソコンください」ってことになってるんですよね。

小寺 それは周りもそうだからかなあ。

西田 多分そうだと思うんですよ。まだ高校生ぐらいだと、パソコン持ってたってそれでレポート書くわけでもないし。で、プログラミングするとか、写真いじるとか、そういう人間も多いわけじゃない。なんというか、ひとつのリビングツールって感じですよね。

でも、彼ら彼女らにとって、僕たちがレンタルCDで音楽借りたり、FMラジオ聴いてエアチェックしたり、テレビ見てたりしたのと同じものが、間違いなくYouTube、ニコ動に変わってきてるという印象はある。

小寺 じゃあiPodにしろ、ウォークマンにしろ、母艦になるもの、っていう感覚はないのかな。

西田 へんてこなのはね、ダイレクトレコーディング使うんですよ。

小寺 おおー、CD直録り。

西田 直録り。俺びっくりしたんですよ。「お、ウォークマン使ってんだ」と。シンクしてんのかと思ったら、CDからダイレクトレコーディングしてるんですよ。なんでお前そんなめんどくさいことすんの、って聞いたら、いや、パソコンの方がめんどくさい、って。

小寺 パソコンの何がめんどくさいんだろう。やっぱり使い慣れないからかなあ。

西田 そうなんだと思うんですね。パソコンに入れて、パソコンの中でライブラリを管理するという考え方がない。

あと、ちらっと聞いてもうひとつ思ったのは、友人から自分で編集してCD-Rに焼いたのが回ってるじゃないですか。そうすると、当然CDDBのデータベースにマッチングするわけでもないから、取り込んだって曲名がつかないわけですよ。どうせつかないんだったら、パソコンにデータなんか入れない。こっちでいいや、って話になる。

へんてこな話だな、とは思うんだけど、でもレンタルCDからダビングしたものをみんなで融通しあう、というのが基本だって考え方になれば、そういうこともあるのかなと思ったんですね。

小寺 でもそういうベスト盤的なCDを作るのはパソコンでやってる?

西田 パソコンでやってる。だから、できる子はいるんですよ。

小寺 ふうん。なるほどなあ。でも、自分もできるようになりたいとは……

西田 思ってない。そのへんがね、ちょっと僕も微妙なんですけど、僕らの時には、テープに好きな曲を集めてベスト盤を作るとか、レタリングを一生懸命貼ってラベル作るだとかって、わりとみんなやってた記憶があるんですね。でも、そういう行為を、今みんながやりたがってるわけじゃない、っていう変化はどこから来てるのかな、と。

小寺 昔あんだけいろいろやってたのは、多分、“渇望”があるんだと思うんですよね。

西田 渇望。ああ、なるほど。

小寺 いわゆる、「ちゃんとしたものを自分で作りたい欲」ですよ。パソコン教室に行くと、Wordを使ってお知らせのビラ作りましょう、みたいな題材も多いんだけど、ああいうところにも繋がる話なのよ。既製品っぽい、ちゃんとしたものを作りたい、という欲望。手芸とかさ、そういうところもそうなんだけど。

西田 ああー、それはそうかもしれない。

小寺 要は、手作りでもちゃんとしたものが作りたいという渇望が昔はすごくあって。テープ編集とか、インレタ(インスタントレタリング)で一生懸命曲名書くとか、ちゃんとしたい、っていう渇き。

西田 ああ。そういう意味で言うと、DVDとかブルーレイへの、番組をきっちりCMカットしてダビングしたい欲、というのも、年齢によって区切れてる気がするんです。

小寺 多分そうです。あれは要するに、元の映画の形に復元したい、というだけですし。

西田 そうそう。

小寺 きっちりしたいんでしょうね。“きちんとさん”現象(笑)

西田 うん、うん、そうそう(笑)。

小寺 今まで日本はずっと“きちんとさん”を育ててきたんだけど、そこから脱落する人たちが出てきたってことでしょうね。そういう意味で、目的を見失ってる人が多い、ってことかもしれない。自分がやんなくても誰かやってくれるわけだから。

西田 で、特にYouTubeとかニコ動があることによって、別にそれは商業コンテンツって意味じゃないんだけど、誰かがやってくれたものがけっこうあるわけじゃないですか。

小寺 うんうん。

西田 そこにけっこうな人がハードル乗り越えて、作る側にがーっと行き始めてる。他方で圧倒的な数が、“きちんとさん”にもなれず(笑)、受容する側にいる。そこの溝というのが、昔に比べるとどんどん広がってんのかなと思ったんですよね。

1 2 3

その他の記事

新型コロナウイルスが浮き上がらせる様々な物事の本質(高城剛)
残暑の中で日本だけに定着したマスク文化を考える(高城剛)
悲しみの三波春夫(平川克美)
アイデアを生む予定表の「余白」(岩崎夏海)
21世紀の黄金、コーヒー(高城剛)
がん治療・予防に「魔法の杖」はない?–「転ばぬ先の杖」としての地味な養生の大切さ(若林理砂)
「Surface Go」を自腹で買ってみた(西田宗千佳)
生き残るための選択肢を増やそう(前編)(家入一真)
深まる韓国経済のモヤ(高城剛)
スペイン、アンダルシア地方の旅の途中で考えたこと(本田雅一)
先行投資か無謀な挑戦か ネット動画事業に関する是非と簡単な考察(やまもといちろう)
ハロウィン:あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき(鏡リュウジ)
「ワクチン接種」後のコロナウイルスとの戦いは「若者にも出る後遺症」(やまもといちろう)
「不自由さ」があなたの未来を開く(鏡リュウジ)
「人間ドック」から「人間ラボ」の時代へ(高城剛)

ページのトップへ