名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メルマガ『生きるための対話』より

「親しみの空気」のない論争は不毛です

「親しみ」は偏見を共有することによってつくるもの

「親しみ」とは何か。僕の中でもまだ十分にこなれていない言葉なんですが、誤解を恐れず言うなら、「偏見を共有しあう人とともにつくる、温かみのある空気感」だと思うんです。

ここでいう偏見というのは「価値観」とか「先入観」というぐらいの意味です。あえて「偏見」という言葉を使うのは、「親しみ」というのは別に「神のように公平で、慈愛に満ちた態度」といった大上段に構えたものではないことを強調したかったからです。

たとえ意見が自分と違っていたとしても、「まあそれはそれとして、あなたと話していると楽しいね」「あなたのことが好きですよ」というのが、「親しみ」という言葉で僕が言いたいことです。これってよくよく考えると、“偏見”なんですよね。だって、それは言葉を交わす前に、無意識的に、先入観として生じるものですから。まったく公平ではないし、主観的なものです。

でも、「この人と話しているとどういうわけか楽しいね」という“偏見”を互いに共有することができれば、対話そのものが自然に動きはじめ、思わぬものが生み出されるんです。冷静に見れば互いに真逆のことを話していたり(笑)、論理がさほどかみ合っていないように見えても、親しみのある空間ではどういうわけか、オリジナルでクリエイティヴなものが生まれてくる。

逆に言えば、言葉を発信し、受け取る場に参加するメンバーが、互いに相手を操作しようとしたり、利用しようとしたり、あるいはやっつけようとするような“偏見”を持っていたら、対話はまったくクリエイティヴなものになりません。相手の言葉尻を捉えて、その定義をその人の使い方からわざとずらしちゃうようなことをしていると、どんどん言葉の射程距離が短くなっていくだけなんですね。

そういう偏見を共有した「親しみ」という土壤を育て、そこで対話することによってはじめて、僕らは何かクリエイティヴなものを育てることができるということだと思うんです。政治談議の場にそれを期待したいところですが、まずは僕らの身近なところから、「親しみ」を育てることを、始めてみませんか。

少なくとも「親しみの空気」のない論争は不毛だということを、「常識」にしませんか。

 

 

 

名越康文氏新刊(2013年9月発行)

『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』
著者: 名越康文

1575円(税込)

出版社:夜間飛行
単行本:四六判ソフトカバー 208ページ
ISBN-13:978-4-906790-04-3
発売日:2013/09/13
商品の寸法:127×188mm 厚さ=15.0mm

内容紹介

毎日が退屈で、何をやってもワクワクしない。
テレビを見ても、友達と話していても、どこかさびしさがぬぐえない。
自分の人生はどうせこんなものなのだろう――。
そんなさえない毎日を送るあなたに足りないのは「驚く力」。

現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。

自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学!

『驚く力』取り扱い販売店一覧はこちら

http://yakan-hiko.com/book/odoroku_list.htm

送料無料のウェブショップはこちら

紀伊国屋ウェブストア

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784906790043

honto

http://honto.jp/netstore/pd-book_25789353.html

 

1 2 3
名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

国家に頼らない「あたらしい自由」を目指すアメリカ(高城剛)
努力することの本当の意味(岩崎夏海)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
「バレなければいい」という行為について(やまもといちろう)
「東大卒ですが職場の明治卒に勝てる気がしません」(城繁幸)
自分の「生き方」を職業から独立させるということ(紀里谷和明)
面接やプレゼンにも効果的! 「他人を味方に変える」ための3つのアプローチ(名越康文)
ZOZOSUITのビジネススーツ仕上がりが予想以上に残念だった理由を考える(本田雅一)
虚実が混在する情報の坩堝としてのSNSの行方(やまもといちろう)
人は何をもってその商品を選ぶのか(小寺信良)
他人と和解したければまず「身体を動かす」ことから始めよう(名越康文)
ついにアメリカがペンス副大統領の大演説で対中対立の道筋がついてしまう(やまもといちろう)
「群れない」生き方と「街の本屋」の行方(名越康文)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
驚きとは、システムのほころびを愛でること(名越康文)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)
【DVD】軸・リズム・姿勢で必ず上達する究極の卓球理論ARP
「今のままで上達できますか?」元世界選手権者が教える、新しい卓球理論!

ページのトップへ