「necomimi」作者・加賀谷友典が師・江藤淳から継承した思想

『もののあはれ』の実装は可能か

人間が椅子の気持ちを感じる日

宇野 そういう思想を抱いている加賀谷さんは、ニューロウェアプロジェクトを通じて実現されていく、人間の非言語的な感情や感覚がデータを通じて共有される社会に、どんなビジョンを持っているのでしょうか。

加賀谷 人間が常に環境とコミュニケーションするようになるのが、最終的な姿だと思っています。人と人から始まったコミュニケーションが、いまは人と情報になり、人と機械になっている。それが、やがては人と家、人とストリート、人と街、人と世界……というように、どんどん広がっていく。こういうことが、絵空事じゃなくなるというのが、一つあると思いますね。

それは、いわば「モノの気持ち」が理解できるということですよ。まだ僕はここにある椅子が何を感覚しているかは理解できないけれども、やがて非言語的にそれを感じられるようになる。

宇野 まさに本居宣長は「もののあはれ」で、そういう言語の発達によって切り捨てられてしまった感覚を指摘していたのだと思いますね。そして、加賀谷さんは実はそれを非言語的なものを通じて回復しようとしているわけですね。

加賀谷 まさに、そうです。でも、それって小説で「好き」ということを表現するときに、そのまま「好き」と書く人はいないという話と同じだと思うんですよ。むしろ風景描写のようなものに込めて、その感情を表現したときにこそ、ディープに伝わるじゃないですか。そういう意味では、情報技術による「もの」の表現が、そこに到達し始めているのだと思います。

実際、テクノロジーの発展によってCPUとセンサーのコストが劇的に下がってきているんです。そうすると……

 

(続きはメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」でお楽しみください)

 

※この記事は、メールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会 2014.7.9 vol.100
『もののあはれ』の実装は可能か――「necomimi」作者・加賀谷友典が師・江藤淳から継承した思想」からの抜粋です。全文はメールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」をご購読ください!

 

 

メールマガジン「ほぼ日刊惑星開発委員会」とは?

34評論家の宇野常寛が主宰する、批評誌〈PLANETS〉のメールマガジンです。 2014年2月より、平日毎日配信開始! いま宇野常寛が一番気になっている人へのインタビュー、イベントレポート、ディスクレビューから書評まで、幅広いジャンルの記事をほぼ日刊でお届けします。 【 料金(税込) 】 864円 / 月 【 発行周期 】 ほぼ毎日(夜間飛行では月に1度、オリジナル動画を配信いたします) 詳細・ご購読はこちらから! http://yakan-hiko.com/hobowaku.html

 

1 2 3

その他の記事

アーユルヴェーダのドーシャで自分が知らない本当の自分と対面する(高城剛)
未来系南の島・香港から日本の将来を占う(高城剛)
400年ぶりの木星と土星の接近が問う「決意と覚悟」(高城剛)
目のパーソナルトレーナーが脚光を浴びる日(高城剛)
花盛りとなるステマ関連が見せる地獄の釜の淵(やまもといちろう)
古都には似つかわしくない最先端の「現代日本語」講座(高城剛)
クラスターとされた飲食店で何が起きていたか(やまもといちろう)
「13歳の息子へ送ったiPhoneの使用契約書」が優れている理由(小寺信良)
miHoYo『原神』があまりにもヤバい件(やまもといちろう)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
「酒を飲めない人は採用しない」という差別が騒がれない不思議な話(やまもといちろう)
パワーは正義。USB Type-C PDで変わるモバイル(小寺信良)
Googleの退職エントリーラッシュに見る、多国籍企業のフリーライド感(やまもといちろう)
過去に区切りをつけ次のチャンスとピンチに備える(高城剛)
「オリンピック選手に体罰」が行われる謎を解く――甲野善紀×小田嶋隆(甲野善紀)

ページのトップへ