家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

寂しい気持ちとの付き合い方

家入一真メールマガジン「家入学級」2015年3月3日 Vol.33より

6742e3a8427d5e20429652d1321e76ea_s-compressor

【Q】私には友だちと呼べる友だちがいるのかわかりません。仲がいいと思っていた子も、結婚して子どもを産んだら、いつのまにか疎遠になってしまいました。Facebookには友だちがたくさんいますが、実際は友だちというより知人がほとんどで、会社に同僚はいますけど、プライベートでは会いません。学生のときは、いつも周りに友だちがいたように思います。その頃に比べると自分が孤独だと思うし寂しいです。彼氏がいたら違うのかな。寂しいときはどうしたらいいでしょうか。(Y.Y/女性)

 

【A】みんな孤独なんだよ

LINE@でも、寂しさを感じてる人からの相談が多いです。それを見て思うのは、その寂しさはどこからくるんだろうと。他人と自分を比べてしまうから、寂しさを感じているんじゃないかと僕は思うんです。Facebookを見れば、みんなリア充感が漂っている写真をアップしていて、誰もが友だちに囲まれていて、充実した日常を送っているように錯覚してしまう。それに比べて、一人でスマホを見ている自分ってなんなんだろう、と焦ってしまっているんじゃないかな。

でもさ、Facebookで写真にむかってピースしている人たちだって、家に帰ったら一人で寂しくカップラーメンを食べているかもしれないし、心に大きな闇を抱えながらうわべだけで笑っているのかもしれない。表向き、友だちが多いように見せかけていて、実は孤独を感じている人ってすごく多い。少なくとも、僕のところにはそういう子が集まってくる。

僕は年がら年中友だちと一緒にいる必要はないと思います。本当に仲が良ければ、疎遠になっていても、久しぶりに会えばすぐに打ち解けるもの。そうじゃなくても、人生ではいろんな変化があるから、それに合わせて交友関係が変わってきて当然です。そこを無理して一緒にいようとすると、しがらみになっていく。いろんな人とくっついたり別れたりしながら、生涯を通じて深く思い合える人が1〜2人いれば万々歳。それくらいに考えておくと、気持ちが楽になるよ。

人間は生来、一人で生まれて一人で死んでいく、孤独な生き物です。その孤独は悪いことではないと思います。僕も、最近はずっと一人でPCに向かってます。家に帰ってから、朝までずっと。もともとあんまり趣味がないから、空いた時間は、映画か本か、インターネットに費やしてて、もちろん孤独ですよ。僕も同じです。

 

家入一真メールマガジン「家入学級」

2015年3月3日 Vol.33時間割

1時間目:今日の授業「自分の会社を立ち上げます/コミュニティ難民」

2時間目:【Q&A】友だちがいなくて寂しい

3時間目:ランダム写真日記

4時間目:【対談記録】ナカノヒトヨさん[インターネット]×[未来]その2

5時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

 

30ダメだけど、なぜかみんなに愛されてやまない連続起業家・家入一真が、4ヶ月の準備期間を経てメルマガ界に帰ってきました!(通算3度目) 学校嫌いだった著者が「学校では教えてくれない、この世を生きる術」について、ときにマジメに、ときにはゆるく語ります。日頃、twitterで寄せられる悩みに140字を超えて答えるコーナーや、ゲストを迎えた対談、講演録なども掲載。 自分の夢に向かって頑張っている人も、世の中にちょっと生きづらさを感じている人も。日本一自由な学び場メルマガ、「家入学級」に来たれ!

【料金(税込)】 648円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

詳細・お申し込みはこちらから

 

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

高城剛のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』紹介動画(高城剛)
3.11、iPS誤報問題で変わる、科学とのかかわり方(津田大介)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
睡眠時間を削ってまで散歩がしたくなる、位置情報ゲームIngress(イングレス)って何?(宇野常寛)
目的がはっきりしないまま挑戦する人の脆さと凄さ(やまもといちろう)
カバンには数冊の「読めない本」を入れておこう(名越康文)
人工知能の時代、働く人が考えるべきこと(やまもといちろう)
仕事とは「何を」するかではなく「どう」するかだ(岩崎夏海)
部屋を活かせば人生が変わる! 部屋が片付けられない人の5つの罠(岩崎夏海)
『エスの系譜 沈黙の西洋思想史』互盛央著(Sugar)
「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
深まる韓国経済のモヤ(高城剛)
『犯る男』朝倉ことみさん、山内大輔監督インタビュー 「ピンク映画ってエロだけじゃない、こんなすごいんだ」(切通理作)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ