やまもといちろう氏のメルマガ「人間迷路」より

【対談】乙武洋匡×山本一郎 自分の人生を使って、どんな絵を描くか(1)

yamamoto山本一郎(やまもといちろう)
1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作を行うイレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。人気ブロガー「切込隊長」として知られたが、2011年8月18日よりネット上でも本名にて発言するようになった。『「俺 様国家」中国の大経済』『けなす技術』『嗚呼、香ばしき人々』など著書多数。

 

 

「教育」という分野を選んだきっかけ

 

山本:私は今、41歳なんですが、乙武さんは38歳でしたよね。

 

乙武:そうですね。4月で38になりました。

 

山本:このあたりの年齢から、みんなどこか具合が悪くなってくるじゃないですか(笑)。肉体的にも衰えてきますし、30代後半から40代前半にかけては、社会での競争のフェーズも変わってくる。若いうちはさまざまな方向にトライする時間的、健康的な余裕があると思いますが、だんだんとすべてにトライする余裕がなくなってくる。どうしても、いくつかある選択肢の中で、自分の持ち味や強みにフォーカスしていかないといけなくなりますよね。

実際、私はそこでギアチェンジがうまくできなかった人たちが、一人また一人と消えていくのを見てきたんですよ。言ってしまえば、30代後半から40代に入る段階で残った椅子を争うフェーズでは、乙武さんがおっしゃったような「ゲタ」もいままでのようには通用しない。いわば、純粋な競争の中で生き残っていかなければいけない。私はそうした場面において、乙武さんがどういうポジションを取られていくのかということについて、興味があるんです。それで、乙武さんは「『五体不満足』の著者」という枕詞がはずれたときに、次の活動ステージとして「教育」という分野を選ばれたのだと思いますが、これはどういう動機だったのでしょうか。

 

<この対談の続きは、やまもといちろうさんのメルマガ「人間迷路」で連載されています。>

 

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

ネット業界とゲーム業界の投資界隈では知らぬ者のない独特のポジションを築き、国内海外のコンテンツ制作環境に精通。日本のネット社会最強のウォッチャーの一人であり、また誰よりもプロ野球とシミュレーションゲームを愛する、「元・切込隊長」ことやまもといちろう氏による産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!

 

【 料金(税込) 】 756円 / 月 <初回購読時、1ヶ月間無料!!> 【 発行周期 】 月4回前後+号外

 

1 2
やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員を経て、情報法制研究所・事務局次長、上席研究員として、社会調査や統計分析にも従事。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

悲しみの三波春夫(平川克美)
ゲームにのめりこむ孫が心配です(家入一真)
自分との対話として「書く」ということ(高城剛)
ネット上で盛り上がってる「働き方論」はすべてナンセンスです!(宇野常寛)
AV女優だからって、特別な生き方じゃない 『名前のない女たち~うそつき女』サトウトシキ監督インタビュー(切通理作)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)(岩崎夏海)
幻冬舎、ユーザベース「NewsPicks」に見切られたでござるの巻(やまもといちろう)
大学の奨学金問題、貸し倒れ率見る限り問題にならないのではないか(やまもといちろう)
「他人に支配されない人生」のために必要なこと(名越康文)
ソニーが新しい時代に向けて打つ戦略的な第一手(本田雅一)
古い日本を感じる夏のホーリーウィークを満喫する(高城剛)
ファーウェイ問題から想像する強者にとっての心地よさ(本田雅一)
ネットメディア激変の構図とサブスクリプション問題(やまもといちろう)
季節にあわせて世界を移動する食のブローカー達(高城剛)
これからのビジネスは新宗教に学んだほうがいい!(家入一真)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ