鏡リュウジ
@Kagami_Ryuji

鏡リュウジのメルマガ『プラネタリー夜話』より

統計学は万能ではない–ユングが抱えた<臨床医>としての葛藤

【ご案内】

鏡リュウジさん新刊『秘密のルノルマン・オラクル』、2014年8月10日発売決定!

510VALZzYSL._SL500_AA300_日 本初。36枚のルノルマンカードと本格的な解説書のセットが登場!! 欧米で大ブーム! ルノルマンカードとは? ナポレオン妃お抱え占い師マドモアゼル・ルノルマンに由来する伝説のカード占い。 近年、タロットよりすごいと欧米を中心に大評判のルノルマンカードを、西洋占星術・神秘学研究の第一人者である鏡リュウジ氏が紹介。タロットでもトランプ でも、天使カードでもない、新たに再発見されたオラクルカードとして世界的ブーム!

 

人類の普遍性と「自分」

 

現代のさまざまな学問や思考の方法は、今の社会がどのようなしくみになっていて、どのように動いているのか、ということについて大きな知見を与えてくれます。

ですが、それが取りこぼしてしまいがちなのは、その社会の中で生きて、悩んでいるのは、ほかの誰でもない、誰かとは交換できない自分であるということ。自分ではどうすることもできないような社会の状況や時代の中で……それを占いの見地から運命といってもいいでしょう……あがきながら生きている自分だ、という視点ではないでしょうか。

ユングにはその視点があります。

ユングの思想のなかには時代を超えた、人類の普遍性を射程に入れようというスケールの大きな視点がある一方で、その普遍性を前にした、個々の人間のきしみや葛藤と向き合っていこうという姿勢がある、ということなのです。

そこには、ユング自身が「医師」であり、臨床家であったということが大きく影響しています。

 

一人一人の患者に向き合うということ

 

医学と、医療の実践というのは実は葛藤をはらんでいます。それは学と術の葛藤ともいえるでしょう。現代の医師はもちろん、近代的科学の申し子であり、近代的で合理的な医学を身に着けています。ユングは自分が科学者であるということを最後まで強調していましたが、医学は実証的な学問なのです。

しかし、同時に医師は臨床家です。一人一人の患者に向き合うのです。ここに大きな問題が生じます。

医学では、たとえば、がんの原因や発生率を説明し、数値化していくことが可能です。多くの実験やデータを積み上げていき、推論を重ねていくことはできます。結果、このような遺伝的傾向を持つ人物が、このような条件で生活したときに、がんが発生する可能性は○○%である、この治療をしたときに治癒する可能性は○○%の確率であろう、ということはかなり自信をもって言うこともできます。

しかし、個々の患者にとっては、そうした「確率」では済まされない切実な問題があるのです。

その本人にとっては、治るかそうではないか、ということだけ。もっといえば、患者が知りたいのは「どのように」(How)がんになったか、ということではなく、なぜ、同じような生活をしているアイツではなく、この私が、そして、このタイミングでがんになってしまったのか、ということ(Why)ではないでしょうか。

再現性のない、一回だけの人生にたいして、医師は向き合うことになります。再現性をもとにした実証を基礎に置く科学によって武装しつつ、相対するのは一回きりの実存である人間なのです。

ユングはこの矛盾した二つのことを要求される、医師としての仕事の難しさを晩年のエッセイ『現在と未来』のなかではっきりと書いています。

経験的科学というものは、統計をもとに築かれますが、「経験に基づく理論はどうしても統計的であって」「理想的な平均値」を示すものになるとユングは強調します。けれど、それは個々の現実とは異なるのです。

1 2
鏡リュウジ
1968年3月2日生まれ。占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。占星術・占いに対する心理学的アプローチを日本に紹介したことで、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。日本トランスパーソナル学会理事。平安女学院大学客員教授。

その他の記事

なぜ「正義」に歯止めがかからなくなったのか 「友達依存社会」が抱える課題(平川克美×小田嶋隆)
今年の冬は丹田トレーニングを取り入れました(高城剛)
LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔(スプラウト)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
うまくやろうと思わないほうがうまくいく(家入一真)
あまり語られることのないエストニアが電子政府に向かわざるをえない本当の理由(高城剛)
身体に響く音の道――音の先、音の跡(平尾文)
アップル固有端末IDの流出から見えてくるスマホのプライバシー問題(津田大介)
先端医療がもたらす「あたらしい人類」の可能性に思いを馳せる(高城剛)
人はなぜ働くのか(岩崎夏海)
「和歌」は神様のお告げだった〜おみくじを10倍楽しく引く方法(平野多恵)
ライター業界異変アリ(小寺信良)
起業家は思想家でありアーティストである(家入一真)
実は「スマート」だった携帯電話は、なぜ滅びたのか ーー10年前、初代iPhoneに不感症だった日本市場のその後(本田雅一)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
鏡リュウジのメールマガジン
「プラネタリー夜話」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第2,第4月曜日配信予定)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861139791/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4861139791&linkCode=as2&tag=hiyokomusic-22 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062136112/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4062136112&linkCode=as2&tag=hiyokomusic-22 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861139821/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4861139821&linkCode=as2&tag=hiyokomusic-22 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861139864/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4861139864&linkCode=as2&tag=hiyokomusic-22 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861139902/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4861139902&linkCode=as2&tag=hiyokomusic-22

ページのトップへ