岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その21)

なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

岩崎夏海の競争考(その21)なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(前編)

 

歴史を見ることで、なぜ若者たちに奴隷根性が植え付けられたのかがわかる

若者たちが自らの奴隷根性を断ち切るためには、まず「なぜ自分たちに奴隷根性が植えつけられたのか?」を知らなければならない。というのも、若者たちのほとんどは、それが「なぜ」かはもちろん、「自分たちに奴隷根性が植えつけられている」という事実さえ知らない場合が多いからだ。しかしながら、「なぜ自分たちに奴隷根性が植えつけられたか」を知ることができれば、自分たちに奴隷根性が植えつけられているということもはっきりと自覚できる。それは、ある特殊な歴史的経緯の中から生まれたのだ。今回は、そこのところを詳しく見ていきたい。

歴史を見ると、ゆとり教育の若者たちになぜ奴隷根性が植えつけられたのか、よく分かる。ところで、まずはぼくの話をしてみたい。ぼくは、1968年生まれで、今は46歳だ。そんなぼくは、社会に出てから、10歳くらい年上の先輩とよくつき合ってきた。そもそも師匠である秋元さんが10歳年上だった。それ以外の放送作家の先輩も、7、8歳年上が多かった。そのため、ぼくより10年年上の世代のことはよく知っているのだが、この世代の特徴を一言でいえば「享楽主義」だった。楽しまなければ損と思っていた。努力することをバカらしいと思っていた。暑苦しいとか汗臭いのを何よりも嫌った。スマートに、今を楽しむことを至上命題としていた。それはまるで、「アリとキリギリス」に出てくるキリギリスのような生き方だった。

そういう生き方は、ぼくらの世代とは大きく違った。ぼくらには、たった10年違うだけなのに、享楽主義的な考え方がほとんどなかった。それよりも、「アリとキリギリス」でいえばアリになることが称揚された。努力や根性はけっして悪いことではなく、暑苦しかったり汗臭かったりすることは価値とされた。熱血という言葉も褒め言葉として機能していた。

両者はほとんど百八十度違っていたといっても過言ではなかった。どうしてこんなに違ってしまったのか? 若い頃は、それが当たり前と思っていたし、他の世代と比較したこともなかったので、そのことをあまり考えたことがなかった。しかし、年齢を重ねて他の世代のことが分かったり、歴史を学んだりすると、そこには大きな「断絶」があることが分かってきたのだ。

 

1968年生まれから見た断絶

1968年生まれと、それより10歳年上の世代には、大きな断絶がある。両者には決定的な差がある。それは、他の世代と比較してもなお大きな差だ。なぜそんな差が生まれたかといえば、それは、ぼくらの世代が体験しなかったあるできごとを、ぼくらの上の世代が体験したことにある。ぼくらが体験しなかったある歴史的な事件を、ぼくらの上の世代は体験しているのだ。

それが何かといえば「あさま山荘事件」である。ぼくらの世代はあさま山荘事件を体験しなかったが、ぼくらより上の世代はあさま山荘事件を体験しているのだ。実は、これが巨大な差となって、両世代の間に断絶を引き起こしたのである。

ではなぜあさま山荘事件が両者の間に断絶を引き起こしたのか? それを知るには、「あさま山荘事件というのは何だったのか」ということを知る必要がある。

1 2
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

京成線を愛でながら聴きたいジャズアルバム(福島剛)
驚き呆れるしかないセイシェルの変貌ぶり(高城剛)
ピダハンとの衝撃の出会い(甲野善紀)
「表現」を体の中で感じる時代(高城剛)
人口減少社会だからこそこれからの不動産業界はアツい(岩崎夏海)
「消費者安調査全委員会」発足、暮らしの事故の原因究明は進むのか?(津田大介)
人は自分のためにではなく、大好きな人のためにこそ自分の力を引き出せる(本田雅一)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(下)(山中教子)
ZOZOSUITのビジネススーツ仕上がりが予想以上に残念だった理由を考える(本田雅一)
「身の丈」萩生田光一文部科学相の失言が文科行政に問いかけるもの(やまもといちろう)
石田衣良さん、前向きになれる本を教えてください(石田衣良)
VRとは「マジック」と見つけたり(西田宗千佳)
受験勉強が役に立ったという話(岩崎夏海)
11月に降り積もる東京の雪を見ながら(高城剛)
ゆとり世代に迫るタイムリミット(岩崎夏海)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ