岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

自分の部屋を「iPhone化」する–大掃除の前にヘヤカツ(部屋活)してみよう!

【ヘヤカツ最新刊!】

heya_atama部屋を活かせば頭が良くなる

夜間飛行、2014年11月刊

人の才能に大差なし。
脳力は環境が育てます!

いくらモノを捨てて掃除をしても、すぐに散らかり元通り…そんな自分に嫌気がさしている人は多いのではないでしょうか。努力なしできれいな部屋をキープできる画期的な方法「ヘヤカツ」なら、部屋がきれいになるだけでなく、あなたの記憶力、発想力、プレゼン力もアップします!

前著『部屋を活かせば人生が変わる』から、さらに人の「脳力アップ」に焦点をあてたヘヤカツ本第二弾、ここに登場!

 

iPhoneを勝利に導いたユーザー・エクスペリエンスという発想

最近、「ヘヤカツの発想はどこから生まれたのですか?」と聞かれることが何度かあったので、今回は、そのことについて書いてみたい。

人間工学や工業製品の世界では、製品に対するユーザーの使い方を「ユーザー・インターフェース(UI)」といい、それを使うことによって得られる体験を「ユーザー・エクスペリエンス(UX)」という。

そして近年では、このうちの「UX」が、大きな注目を集めるようになった。それは、ジョブズの率いたアップルが、大きな成功を収めたからだ。

アップルの成功の象徴ともいえるiPhone。日本人はiPhoneが大好きで、本当に多くの人がiPhoneを使っている。

これに対して、さまざまな会社がスマートフォンを開発して勝負を挑んだが、どれも勝負にならなかった。どれもこてんぱんに叩きのめされた。

その原因はいろいろあるだろうが、最も大きいのはUXの差だった。iPhoneも他社製品も、機能的にはほとんど差がない。iPhoneでできることは、たいてい他社製品でもできる。しかし両者のUXには、大きな差がある。この差が、売上げの圧倒的な差を生み出したのだ。

そうなると、人々にとって――とりわけ日本人にとって、UXというのは非常に大きなウエイトを占めるということになる。数年前からiPhoneを使う中で、ぼくはずっとそのことを考え続けてきた。

 

部屋のUXを向上させること。それがヘヤカツ

日本人にとって、UXはとてもだいじ。
では、このことを、何か他の事象に応用することはできないか?

そうした問い立てから生まれたのが、昨年発売された「ヘヤカツ」本こと、「部屋を活かせば人生が変わる」なのだ。

「ヘヤカツ」のコンセプトは単純明快だ。

「部屋のUXを向上させよう!」

――これだけである。
あなたの部屋を、他社製品ではなく、iPhoneのような、触れていて楽しいものにしよう。

そして、そんな楽しい部屋に住むことができたなら、それは暮らしの質を大幅に向上させ、そこに住む人の人生をより豊かにするのではないだろうか。

部屋というのは、人が長時間触れるものである。それは、もしかしたらiPhoneより長い時間かもしれない。

そうなると、部屋が人に及ぼす影響というものも、iPhoneが人に及ぼす影響よりも大きいはずだ。部屋は、当たり前のようにiPhoneよりも重要な存在なのである。

ところが、そんな部屋のUXを向上させようという発想を、これまで誰も抱いたことがなかった。いや、掃除をして住みやすくするというくらいの発想なら持った人はいるかもしれないが、それを一歩押し進めて「住む」という体験をエンターテイメントにまで昇華させようといった発想は、あまり持たれることがなかったのである。

もちろん、建築家やインテリアデザイナーなどは、そうした考えを持っていただろうが、ほとんどの場合において、それは住む人の意識にまでは降りてこなかった。

そして部屋は、iPhoneと違って、そこに住む人によって作り替えられる部分が大きいので、いかに建築家がUXを意識した部屋を作ろうとも、それが活かされることはほとんどなかった。

そんな、人々にとってだいじな存在であるところの「部屋のUX」に関する意識に革命を起こそうというのが、ヘヤカツの目指すところである。

「部屋の裏側」にこだわろう

そこで行ったのは、まずは基本的なメソッドを確立するということだった。
これを読めば、誰でも簡単にUXの意識を持て、しかも実践的に部屋を住みやすく改善できる――それが、この本のミソである。

その具体的な内容については本に実際に当たっていただきたいのだが、ここでは特に、その根幹となる思想部分についてご紹介したい。

それは、「部屋の表側ではなく、裏側を重視する」ということである。

ジョブズは、新しい製品を作る際、まずこだわったのが、製品の裏側だった。そこのところを美しくするところから、ジョブズのUX作りは始まった。

例えば、コンピューターの基盤の配列など、一般のユーザーが絶対に見ないであろう部分のデザインにまで、徹底的にこだわった。なぜなら、そういう裏側の部分の良し悪しというものが、必ず表側に反映すると考えていたからだ。

こうした考えを、ぼくはジョブズの本を読むことで学んできた。

これは、人間にたとえるなら皮膚などの表面を美しくするのではなく、まず「内蔵」から美しくするという発想である。内蔵が美しくないと、それに敏感に左右される肌なども、絶対に美しくならないというのがジョブズの考え方だった。

ヘヤカツの発想も、これと同じである。部屋の表面ではなく、まずは内側のUXを向上させるということからスタートしている。

そして内側のUXを向上させるということは、すなわち「掃除をしやすくする」ということである。もっといえば、「掃除を楽しくさせる」のが、ヘヤカツの一番のポイントなのだ。

掃除が楽しいかどうかが、その部屋の清潔さに与える影響は大きい。掃除がしやすいと部屋もきれいになり、掃除がしにくいと部屋は汚くなる。

それは、内蔵がきれいだと肌もきれいになるのと似ているし、基盤の配列が美しいとUXが向上するiPhoneとも似ているのだ。

ヘヤカツは、そうしたiPhoneの作り方を応用して生まれたのだ。その意味で、ヘヤカツはiPhoneから生まれたといっても過言ではないのである。
※この記事は岩崎夏海さんのメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」2014年1月27日配信の記事「ヘヤカツはiPhoneから生まれた」(2,067字)を再構成したものです。

 

【ヘヤカツ新刊続々登場!】

heya_atama部屋を活かせば頭が良くなる

夜間飛行、2014年11月

人の才能に大差なし。
脳力は環境が育てます!

いくらモノを捨てて掃除をしても、すぐに散らかり元通り…そんな自分に嫌気がさしている人は多いのではないでしょうか。努力なしできれいな部屋をキープできる画期的な方法「ヘヤカツ」なら、部屋がきれいになるだけでなく、あなたの記憶力、発想力、プレゼン力もアップします!

前著『部屋を活かせば人生が変わる』から、さらに人の「脳力アップ」に焦点をあてたヘヤカツ本第二弾、ここに登場!

heya_kadokawa50からの 老いない部屋づくり

KADOKAWA/メディアファクトリー、2014年11月

50代向けヘヤカツ本登場!

自分の人生の棚卸しをしたい方、実家の片づけで困っている方のために。まずは「部屋」から見直してみませんか?

 

 

413ISPOvcgL._SL500_AA300_部屋を活かせば人生が変わる

夜間飛行、2014年11月

部屋を考える会 著

あなたのやる気の99%は、部屋の「流れ」が決めている!!

あなたではなく、部屋が変われば、あなたの意思は自然に強くなり、眠っていた能力が引き出されます。

amazonで購入する

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

教育としての看取り–グリーフワークの可能性(名越康文)
【対談】類人猿分類の産みの親・岡崎和江さんに聞く『ゴリラの冷や汗』ができたわけ(1)(名越康文)
「貸し借り」がうまい人は心が折れない(岩崎夏海)
「暗い心」から脱するための、あまりにもシンプルな指針(名越康文)
オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)(川端裕人)
政争と政局と政治(やまもといちろう)
未来を見据えた働き方 カギは隙間時間にあり(家入一真)
ドラッカーはなぜ『イノベーションと企業家精神』を書いたか(岩崎夏海)
やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画(やまもといちろう)
YouTubeを始めて分かったチャンネル運営の5つのポイント(岩崎夏海)
(4)視野を広げる(山中教子)
ネットとは「ジェットコースター」のようなものである(小寺信良)
「親友がいない」と悩むあなたへ(名越康文)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
パチンコで5万円負けてしまった後に聴きたいジャズアルバム(福島剛)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ