岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より

なぜこれほど本は売れなくなったのか

70ce4e20f1f090d38b05804ad5194159_s

最近、本が売れない。

その理由はいろいろあるだろうが、まず、ぼく自身が本を読まなくなった。ぼくは、炭坑のカナリアみたいなところがあって、ぼくの好きなものは流行るし、嫌いなものは流行らない。いうなればアーリーアダプターだ。

ぼくは狙って、あるいは好きこのんでアーリーアダプターになったわけではない。気づいたらなっていた。それも、子供の頃にほとんどその骨格ができていた。その頃から、ぼくが好きなものは流行るし、嫌いなものは流行らないという傾向があった。

そのぼくが、昔は本を読んでいたが、今は読まなくなったわけだから、本というものは本当に売れなくなったのだろうと思わされる。だから、本が売れない理由を分析するには、ぼく自身を分析するのが、一番手っ取り早い。

ところが、ぼく自身を分析しても、よく分からないところがある。というのも、ぼく自身、なぜぼくが本を読まなくなったのかは、よく分からないのだ。
だから、本が売れなくなった理由もよく分からない。
そこで今日は、そのことについて考えてみたい。

ぼくは、近頃本を全く読まないのだが、その中でも例外的に読む本がある。それは「歴史マンガ」だ。歴史マンガだけは、なぜか今でも発売を心待ちにし、出たらすぐ読む。

ぼくが継続して読んでいる歴史マンガは、「風雲児たち」「へうげもの」「ヒストリエ」「アド・アストラ」「レッド」などである。これらはほとんど無条件で読んでいる。だから、歴史マンガは今出せば、間違いなくヒットするだろう。あるいは、マンガに近い本でもいいかもしれない。

それはさておき、肝心の「なぜ本を読まないか?」ということについては、やっぱりこれといった理由が見当たらない。まず第一に、時間がないわけではない。
ぼくは、お風呂が好きで、いつも長い時間入っている。しかしお風呂に入っている間はひまなので、その時間に読む本がほしいと思っている。しかしながら、上記の歴史マンガ以外は、ほとんど読む気がしない。だからぼくは、お風呂でも本を読まず、何もしないでいる。本を読む時間があるのに、それを読まないのだ。

だから、時間がなくて本を読まないわけではない。

では、なぜ本を読まないのか?

それを考えるために、今度はぼくは普段何をして過ごしているのか? あるいは、何にお金を使っているのか?――というのを考えてみたい。

ぼくが今、普段よくしていることといえば、仕事以外だったら人と会うことだろう。そのとき、ほとんど食事をしながら会うので、そこでお金も使っている。

そう考えると、「外食産業」というのは、今の世の中では流行っているようだ。ただ、そこはすでに多くの人が注目している。だから、今さらそこに注目しても、アーリーアダプターとはいえない。

では、食事以外に何に時間とお金を使っているか?

それは「居住空間」である。さらに、「服」にも時間とお金を使っている。

そう考えると、ぼくがお金と時間を使っているのは、ほとんどが「衣食住」である。順番でいえば「食、住、衣」となる。

これは実際、もう何年も前から感じていたことだ。ぼくは、「もしドラ」を出して以降、何度も「今、自分が何にお金を使っているか?」ということを自問してきた。すると、そこで出てきた答えが「食、住、衣」だった。

それでぼくは、何か「食、住、衣」をテーマにした本を出すべきではないか――と考えるようになった。その際、「食」についてはあまり好きではないし、「衣」についてはそれほど知識がないので、結局好きであり、また知識もある「住」についての本を出した。

それが「部屋を活かせば人生が変わる」――つまり「ヘヤカツ」である。そうして「ヘヤカツ」は、「もしドラ」以外ではぼくにとって最大のヒットとなった。

そう考えると、今、本を出すとするならば、「歴史」あるいは「衣食住」しかない――と、そんなことを考えていたときだった。ふと、もう一つ時間をかけているものを見つけた。

それは、「今、何が受けるか?」ということを「考えること」だった。

つまり、今の時代を分析することに、大きな時間をかけていた。ぼくはそのことに、大きな興味があったのだ。

実際、先日知人から「『ラブライブ』がすさまじく受けている」という話を聞いたとき、ぼくは非常な興味を覚えた。それは、「ラブライブ」そのものに興味を覚えたのではなく、「『ラブライブ』が受けている」という現象そのものに興味を覚えたからだ。

だとすると、今、受けるのは、「『今、何が受けているのか?』という話」ではないか――そんなことを考えた。

ただ、これについてはぼく自身、すでに「『もしドラ』はなぜ売れたのか?」という本を出していた。これは、まさに「今、何が受けているか?」ということがテーマだ。

だから、内容は多くの人々に受け入れられているものと思う。その通り、読んだ方々の評判もすこぶるいい。

しかし、この本は残念ながらそれほど売れていない。そこで結局、また分からなくなってしまった。それが、今の出版ビジネスの難しさだと思う。

 

413ISPOvcgL._SL500_AA300_部屋を活かせば人生が変わる

夜間飛行、2014年11月

部屋を考える会 著

あなたのやる気の99%は、部屋の「流れ」が決めている!!

あなたではなく、部屋が変われば、あなたの意思は自然に強くなり、眠っていた能力が引き出されます。

 

岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」

35『毎朝6時、スマホに2000字の「未来予測」が届きます。』 このメルマガは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)作者の岩崎夏海が、長年コンテンツ業界で仕事をする中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代をどうとらえればいいのか?――また未来はどうなるのか?――を書き綴っていく社会評論コラムです。

【 料金(税込) 】 864円 / 月
【 発行周期 】 基本的に平日毎日

ご購読・詳細はこちら
http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

コデラ的出国前の儀式(小寺信良)
地方統一選から見える「安倍政権支持者」と「アベノミクス」受益者の錯綜(やまもといちろう)
捨てることのむつかしさ?(やまもといちろう)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
私的な欲望で天災が大災害へつながることを実感するカリブの小さな島(高城剛)
就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる(小寺信良)
なぜ僕は自分の作品が「嫌」になるのか–新作『LAST KNIGHTS / ラスト・ナイツ』近日公開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)
冬になるとうつっぽくなる人は今のうちに日光浴を!(若林理砂)
アメリカ大統領選はトランプが当選するのではないだろうか(岩崎夏海)
高橋伴明、映画と性を語る ~『赤い玉、』公開記念ロングインタビュー(切通理作)
「完全ワイヤレスヘッドホン」に注目せよ!(西田宗千佳)
「有休を使い切ったうえで生理休暇って、アリなんでしょうか?」(城繁幸)
「自然な○○」という脅し–お産と子育てにまつわる選民意識について(若林理砂)
女の体を、脅すな<生理用ナプキンの真実>(若林理砂)
東京オリンピックを痛快に破壊 ――アナウンサー吉田尚記は なぜ”テロ計画” を考える?(宇野常寛)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ