ふるまいよしこ
@furumai_yoshiko

ふるまいよしこメルマガ『§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな』より

なぜ『フィナンシャル・タイムズ』は売られたのか

FT独自の中国語記事は、中国語で読める最もグローバル視点のものといえる

FT中国語版にはもう一つ特徴がある。それは中国語版のためだけに書かれた、さまざまな中国人バンカーや金融コラムニストによる論評記事だ。クレディ・スイス(UBS)や香港上海バンク(HSBC)など、今中国市場において多くのメディアに引用されるアナリストたちのコラムがここに詰まっているのである。

さらにIT、中国社会、外交、そしてメディアなどもともとその範囲は金融だけにとどまらず、FT中国語版の開設当初(2005年)は、大学を卒業し、社会を引っ張っていく新しい世代にとって「読むべきニュースサイト」だった。当時は一部には批判もあったが、有能な各分野のコラムニストを原稿料無料で集めており、書き手にとってもメンツの立つメディアだったのである。

実はわたしはNewsPicksの創設当初、この中国語コラムを翻訳転載したいと思っていた。あまりにも「業界の中の人による、密接な現場コラム」だったからだ。だが、FT中国語版編集部からFTイギリス本部へと回された依頼は、FT中国語編集部からの「お断り」として届いた。お金の話も、取り扱い方も、まだまったく話をしていない状態での「お断り」に、FT本部は中国語の世界で語られている話題をFTの名前で海外に出したくないのだな、とわたしは感じた。

 

中国でFT買収はどう語られているか

そんなだったから、当然のこと、今回のFTまるごと日経への買収話は、中国でも、特に経済や金融を司るエリート層にはショッキングに受け止められている。

買収を伝えるメディアのほとんどは、すでに英語メディアや日経が報道したそれの中国語翻訳で、たんたんと繰り返し語られた事実が中国語化されただけだ。もちろん、FT中国語版も、英語サイトで発表された買収に関する話題を翻訳して伝えている。買収に関する基本的情報はすでにひと通り中国側に伝わっていると言っていい。

そこからどんな視点が生まれるのか。それが今回わたしが注目していたことだ。やはり、中国を知る意味で、非常に面白い論評が出てきた。

一つは上海のネットメディア『澎湃新聞』(The Paper)の記事。この『澎湃新聞』は、上海で人気が高い新聞『東方早報』が始めたネットニュースサイトだが、もともとその背後には上海の政府系メディアコングロマリットが大きく関わっている。2014年に設立されて以来、急速に人気ニュースサイトに成長したが、ややもすると政府系の誘導記事なども見られ、ニュース性はあるものの、その立ち位置は「政府寄り」とされるメディアだ。

『澎湃新聞』は「FTが日本人に売却された、あなたは読み続けますか?」(http://bit.ly/1OH43cA) というタイトルで……

(この続きはふるまいよしこ氏(@furumai_yoshiko)の『§ 中国万華鏡 § 之ぶんぶくちゃいな vol.99 増刊号 話題: なぜ『フィナンシャル・タイムズ』は売られたのか』をご購読ください!)

 

ふるまいよしこのメールマガジン
§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな

25現代中国社会を理解するのに役立つ「話題」をご紹介します。中国理解という目的だけではなく、実際に現地の人たちとの会話に上がるかもしれないトピックや関心ごと、日本で話題のニュースに対する現地の視点など、日本のメディア報道ではあまり取り上げられないけれど、知っておけば中国、そして中国人と付き合っていく上で参考になるものを中心に。(取り上げる話題や視点は必ずしもわたしが支持するものとは限りません。)

ご購読はこちら
http://yakan-hiko.com/furumai.html

furumai

1 2
ふるまいよしこ
フリーランスライター●北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学び、雑誌編集者を経て独立●現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説●東京新聞の土曜日朝刊「本音のコラム」担当●「Newsweek Japan ウェブ」にコラム「中国 風見鶏便り」を連載●著書『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)●共著『艾未未読本』(集広舎)、『中国超入門』(阪急コミュニケーションズ)

その他の記事

『好きを仕事にした』人の末路がなかなかしんどい(やまもといちろう)
子育てへの妙な圧力は呪術じゃなかろうか(若林理砂)
対人関係の9割は「自分の頭の中」で起きている(名越康文)
無風と分裂の横浜市長選2017、中央が押し付ける「政策」と市民が示す「民意」(やまもといちろう)
面接やプレゼンにも効果的! 「他人を味方に変える」ための3つのアプローチ(名越康文)
原色豊かな南米で歴史はすべてカラーなのだということをあらためて思い知る(高城剛)
「疑う力」を失った現代人(名越康文)
フェイクニュースに騙されないことなど誰にもできない–心理学的メディアリテラシー考(名越康文)
「ブロマガ」はプラットフォームになり得るのか(小寺信良)
21世紀、都市の未来は「空港力」にかかっている(高城剛)
新卒一括採用には反対! 茂木健一郎さんに共感(家入一真)
人生における「老後」には意味があるのでしょうか?(石田衣良)
スマホが売れないという香港の景気から世界の先行きを予見する(高城剛)
「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
人は何をもってその商品を選ぶのか(小寺信良)
ふるまいよしこのメールマガジン
「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 原則月2回発行(第1、第3土曜日配信)、第2、4土曜日にも増刊号を配信。また夜間飛行購読者限定の特別号外として「読んでみました中国本」を配信中。※土曜日が祝日の場合は休刊。

ページのトップへ