甲野善紀
@shouseikan

甲野善紀メールマガジン「風の先、風の跡――ある武術研究者の日々の気づき」

迂闊に「学んで」はいけない–甲野善紀技と術理 2017「内腕の発見」

夜間飛行から1年に1度、出しているDVDのシリーズを初夏の頃、チェックしていて気づくことは、私の技は、このDVDに収録されている前年の主な気づきが基盤になっているということである。

例えば、今回のDVDのテーマにもなっている「内腕」は、現在では完全に私の技の中に溶け込んでいて、もはや、ことさら「内腕」という言葉を使うことも稀になっているが、今回、このDVDを観て、改めて「内腕」の気づきの大きさを再確認した。

また、このDVDの中でも触れている「フロー」と呼ばれる三昧状態に入ることの重要さについては、現在も大きなテーマとなっている。

その他、唾を飲み込みやすくすることで、腰を楽に使うことの説明は、私の記憶の中には、もちろんあったが、このような形で、あらためて説いている場面を見ていると、このことを説いていた自分とは違った気づきが生まれてきて、私にとっても大変新鮮だった。

さらに、抜刀術の演武と解説に至っては、この通り、せっかく新たな展開に気づきかけていたのに、その後、忙しさもあって、追求がままならない状態になっていたことに気づき、あらためて研究をしてみようという気になった。

そして、このDVDを観ていて感じたことは、迂闊に「学ぶ」「習う」ということをしてしまうと、それによって固定観念が刷り込まれ、将来、もっと開かれていたはずの可能性が、閉ざされてしまう恐れがあるということである。その危険性は、以前から、うすうす感じていたので、私は「正しい基本」といった言い方は、決してしないようにしてきたのだが、今回、この映像を世に出すにあたって、これをご覧になる方は、「ああ、こういうことも出来るのか」という参考にされる以上に、私の動きを事細かに学ばれないようにしていただきたいと思う。

本当に身についた動きというのは、あくまでもその身体の内部から湧いてくるものであって、自発的な気づきによって導かれていくものであることを、あらためて強調しておきたい。


最新DVD『甲野善紀 技と術理2017―内腕の発見』2017年7月20日発売!

特設サイトで購入すると、「ヒモトレ解説」が収録された特典DVDがついてきます!

武術、スポーツ、日常生活……
すべてが変わる!

驚くべき技の進展を全面収録!
エクストリームスポーツに触発されて気付いた、
劇的上達のための2つの条件とは!?

特設サイトからご購入の特典として、
数量限定のヒモトレ解説が収録された特典DVDがつき、
また、予約特典として送料無料となります。

ご購入、詳細、お問い合わせはこちらの特設サイトから
http://kono.yakan-hiko.com/

甲野善紀
こうの・よしのり 1949年東京生まれ。武術研究家。武術を通じて「人間にとっての自然」を探求しようと、78年に松聲館道場を起こし、技と術理を研究。99年頃からは武術に限らず、さまざまなスポーツへの応用に成果を得る。介護や楽器演奏、教育などの分野からの関心も高い。著書『剣の精神誌』『古武術からの発想』、共著『身体から革命を起こす』など多数。

その他の記事

「消費者安調査全委員会」発足、暮らしの事故の原因究明は進むのか?(津田大介)
職業、占い師?(鏡リュウジ)
未来を切り開く第一歩としてのkindle出版のすすめ(高城剛)
ここまで使ってこなくてごめんなさい! 意外なほど実用的だった「TransferJet」(西田宗千佳)
受験勉強が役に立ったという話(岩崎夏海)
夏の終わりに不老不死の可能性を考える(高城剛)
空想特撮ピンク映画『ピンク・ゾーン2 淫乱と円盤』 南梨央奈×佐倉絆×瀬戸すみれ×国沢実(監督)座談会(切通理作)
正しい正しさの持ち方(岩崎夏海)
20代のうちは「借金してでも自分に先行投資する」ほうがいい?(家入一真)
週刊金融日記 第297号【世界最大のビットコイン市場であるビットフライヤーのBTC-FXを完全に理解する、法人税率大幅カットのトランプ大統領公約実現へ他】(藤沢数希)
社会が混沌に向かえば中国雑貨が大儲けする時代(高城剛)
世界60か国で定額通信を実現する「Skyroam Hotspot」を試す(西田宗千佳)
【対談】類人猿分類の産みの親・岡崎和江さんに聞く『ゴリラの冷や汗』ができたわけ(1)(名越康文)
宇野常寛特別インタビュー第6回「インターネット的知性の基本精神を取り戻せ!」(宇野常寛)
都民ファースト大勝利予測と自民党の自滅について深く考える(やまもといちろう)
甲野善紀のメールマガジン
「風の先、風の跡~ある武術研究者の日々の気づき」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ