私の中にはもう一人の「私」がいる!?

『エスの系譜 沈黙の西洋思想史』互盛央著

ビスマルクの決断は「誰」がしていたのか

19世紀にドイツ統一を主導し、話し合いや多数決ではなく大砲(鉄)と兵隊(血)による解決を推し進めた鉄血宰相ビスマルクは、家でなされた会話の中で、意外にもこんな言葉を残しているという。

「私はしばしば素早く強固な決断をしなければならない立場になったが、いつも私の中のもう一人の男が決断した。たいてい私はすぐあとによく考えて不安になったものだ。私は何度も喜んで引き返したかった。だが、決断はなされてしまったのだ! そして今日、思い出してみれば、自分の人生における最良の決断は私の中のもう一人の男がしたものだったことを、たぶん認めねばならない」(本書p83-4)

ビスマルクにおいては、「私が考えるich denke」の“考え”は私が意図的に考え出したものではなく、まるで「稲妻が走るes blitzt」と言うのと同じように思い浮かび、時には戸惑いさえする代物だった。そしてこの引用の直後、著者は「「もう一人の男」―それがビスマルクという「私」の中で考えるエスに与えられた呼称である」と続ける。

そう、エスは「私」に語られることで名を変え、姿をまとい、「私」を欺き始める。ビスマルクにおいてエスは、彼自身によって「私の中で考えるそれ」として語られ始めたが故に「ビスマルクのエス(もう一人の男)」となり、一切の人称性を拒否するエスとしての本分を見失う。ちょうど語らないときはそれについてよく知っているにもかかわらず、言葉にして語ろうとした途端、よく分からない“何か”になってしまうように。

1 2 3

その他の記事

実際やったら大変じゃん…子供スマホのフィルタリング(小寺信良)
公職選挙法違反――選挙期間中にやってはいけない行為とは(津田大介)
【動画】速すぎる! 武術家の一瞬の抜刀術!!(甲野善紀)
「奏でる身体」を求めて(白川真理)
「人を2種類に分けるとすれば?」という質問に対する高城剛の答え(高城剛)
「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
日本人に理想的な短期間ダイエット「七号食」(高城剛)
LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔(スプラウト)
「小学校プログラミング必修」の期待と誤解(小寺信良)
クラウドの時代、拠点はシリコンバレーからシアトルへと移り変わるのか(高城剛)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
週刊金融日記 第313号【カード自作とSpaced Repetitionによるパワフルな暗記メソッド、トランプさんに振り回される世界経済他】(藤沢数希)
ロドリゲス島で出会った希少な「フルーツコウモリ」!(川端裕人)

ページのトップへ