私の中にはもう一人の「私」がいる!?

『エスの系譜 沈黙の西洋思想史』互盛央著

ビスマルクの決断は「誰」がしていたのか

19世紀にドイツ統一を主導し、話し合いや多数決ではなく大砲(鉄)と兵隊(血)による解決を推し進めた鉄血宰相ビスマルクは、家でなされた会話の中で、意外にもこんな言葉を残しているという。

「私はしばしば素早く強固な決断をしなければならない立場になったが、いつも私の中のもう一人の男が決断した。たいてい私はすぐあとによく考えて不安になったものだ。私は何度も喜んで引き返したかった。だが、決断はなされてしまったのだ! そして今日、思い出してみれば、自分の人生における最良の決断は私の中のもう一人の男がしたものだったことを、たぶん認めねばならない」(本書p83-4)

ビスマルクにおいては、「私が考えるich denke」の“考え”は私が意図的に考え出したものではなく、まるで「稲妻が走るes blitzt」と言うのと同じように思い浮かび、時には戸惑いさえする代物だった。そしてこの引用の直後、著者は「「もう一人の男」―それがビスマルクという「私」の中で考えるエスに与えられた呼称である」と続ける。

そう、エスは「私」に語られることで名を変え、姿をまとい、「私」を欺き始める。ビスマルクにおいてエスは、彼自身によって「私の中で考えるそれ」として語られ始めたが故に「ビスマルクのエス(もう一人の男)」となり、一切の人称性を拒否するエスとしての本分を見失う。ちょうど語らないときはそれについてよく知っているにもかかわらず、言葉にして語ろうとした途端、よく分からない“何か”になってしまうように。

1 2 3

その他の記事

「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)(城繁幸)
参議院議員選挙をデータで眺める(小寺信良)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
コデラ的恋愛論(小寺信良)
人生の分水嶺は「瞬間」に宿る(名越康文)
京都で実感した宗教を超える文化のグローバリゼーション(高城剛)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
僕ら“ふつうのおじさん”が理解できないこと(本田雅一)
Facebook(やまもといちろう)
アメリカ大統領選はトランプが当選するのではないだろうか(岩崎夏海)
「言論の自由」と「暴力反対」にみる、論理に対するかまえの浅さ(岩崎夏海)
日本初の「星空保護区」で満喫する超脱力の日々(高城剛)
依存から祈りへ(名越康文)
「奏でる身体」を求めて(白川真理)

ページのトップへ