小寺信良メルマガ『金曜ランチボックス』より

「13歳の息子へ送ったiPhoneの使用契約書」が優れている理由

ネットと性教育

“10. ポルノ禁止。私とシェアできるような情報をウェブで検索してください。質問などがあれば誰かに聞きなさい。なるべく私かお父さんに聞いてね。”

ここまで明確にポルノへのアクセスを禁止した例は、日本ではあまり例を見ないが、米国ならではの感覚かもしれない。もちろん日本でも、成長期に入った男子がポルノを見たがるのは承知の上で指導していくわけだが、あまり言葉に出すことはない。家庭内では性をタブー視する慣習が根強いからだろう。

ネットと性の問題を取り上げている教育教材はあまり多くないが、MIAUで制作した「保護者のためのあたらしいインターネットの教科書」では、「子どもの性情報へのアクセスをどう考えるか」という項目を立てて、解説している。フィルタリングなどに頼るだけでなく、先回りして正しい知識を伝えることを重視しており、それに関する書籍なども紹介している。

・保護者のためのあたらしいインターネットの教科書 (中央経済社)
http://j.mp/UY6VaI

 

ネットとセクスティング、児童ポルノとの関連性

“12.他の人にあなたの大事な所の写真を送ったり、もらったりしてはいけません。笑わないで。あなたの高知能でもそういうことがしたくなる時期がやってきます。とてもリスキーなことだし、あなたの青春時代・大学時代・社会人時代を壊してしまう可能性だってあるのよ。よくない考えです。インターネットはあなたより巨大で強いのよ。これほどの規模のものを消すのは難しいし、風評を消すのも尚更難しい。”

モバイル機器を使って個人的な性情報をやり取りすることを、セクスティング(sexting)と呼んでいる。米国の調査によれば、女子の95%はこれまで少なくとも1回以上、セクティングを要求されたことがあり、ティーンエイジャーの28%が自分の全裸写真を誰かに送ったことがあるという。

・ティーンのセクスティングが日常化普遍化しつつある (TechCrunch)
http://jp.techcrunch.com/archives/20120706teenage-sexting-is-becoming-the-norm/

日本ではまだこのような調査はないと思うが、以前はメール添付、現在はSNSやチャットサービスで写真の交換が行なわれている。これらの写真は、送る時は相手のみに見せたつもりだろうが、喧嘩別れしたあとなどに、腹いせで写真をばらまかれるケースがあとを絶たない。そしてそれらの写真は、児童ポルノサイトへ収集され、転載されて、半永久的にネット上を回遊し続ける。

未成年時代の裸の写真がいつまでも流通することは、本人にとっても社会にとっても好ましいとは言えない。だがこれらの行為を、フィルタリングなどのテクノロジーを使って制御するだけでは、人としての成長がない。単に制限されたという結果が残るだけだ。

セクスティングのような行為を、よくないものであるとして自重できる人間になってほしいという願いが、この項目に込められている。

1 2 3 4 5 6 7 8

その他の記事

人間関係は人生の目的ではない <つながり至上社会>の逆説的生き残り戦略「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」(名越康文)
日本が世界に誇るべき観光資源、温泉について(高城剛)
終わらない「大学生の奨学金論争」と疲弊する学びの現場(やまもといちろう)
世界でもっとも自然災害リスクが高いのに世界でもっとも幸せな国の一つと言われるバヌアツの魅力(高城剛)
ポストコロナ:そろそろコロナ対策の出口戦略を考える(やまもといちろう)
「海賊版サイト」対策は、旧作まんがやアニメの無料化から進めるべきでは(やまもといちろう)
「リバーブ」という沼とブラックフライデー(高城剛)
なぜ人は、がんばっている人の邪魔をしたくなるのか(名越康文)
『スターウォーズ』は映画として不完全だからこそ成功した(岩崎夏海)
部屋を活かせば人生が変わる! 「良い部屋」で暮らすための5つの条件(岩崎夏海)
Ustreamが残したもの(小寺信良)
「履歴」をもっと使おう(西田宗千佳)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
39歳の私が「人生の復路」に備えて考えた3つのこと(編集のトリーさん)
猛烈な不景気対策で私たちは生活をどう自衛するべきか(やまもといちろう)

ページのトップへ