小寺信良メルマガ『金曜ランチボックス』より

「13歳の息子へ送ったiPhoneの使用契約書」が優れている理由

ネットと性教育

“10. ポルノ禁止。私とシェアできるような情報をウェブで検索してください。質問などがあれば誰かに聞きなさい。なるべく私かお父さんに聞いてね。”

ここまで明確にポルノへのアクセスを禁止した例は、日本ではあまり例を見ないが、米国ならではの感覚かもしれない。もちろん日本でも、成長期に入った男子がポルノを見たがるのは承知の上で指導していくわけだが、あまり言葉に出すことはない。家庭内では性をタブー視する慣習が根強いからだろう。

ネットと性の問題を取り上げている教育教材はあまり多くないが、MIAUで制作した「保護者のためのあたらしいインターネットの教科書」では、「子どもの性情報へのアクセスをどう考えるか」という項目を立てて、解説している。フィルタリングなどに頼るだけでなく、先回りして正しい知識を伝えることを重視しており、それに関する書籍なども紹介している。

・保護者のためのあたらしいインターネットの教科書 (中央経済社)
http://j.mp/UY6VaI

 

ネットとセクスティング、児童ポルノとの関連性

“12.他の人にあなたの大事な所の写真を送ったり、もらったりしてはいけません。笑わないで。あなたの高知能でもそういうことがしたくなる時期がやってきます。とてもリスキーなことだし、あなたの青春時代・大学時代・社会人時代を壊してしまう可能性だってあるのよ。よくない考えです。インターネットはあなたより巨大で強いのよ。これほどの規模のものを消すのは難しいし、風評を消すのも尚更難しい。”

モバイル機器を使って個人的な性情報をやり取りすることを、セクスティング(sexting)と呼んでいる。米国の調査によれば、女子の95%はこれまで少なくとも1回以上、セクティングを要求されたことがあり、ティーンエイジャーの28%が自分の全裸写真を誰かに送ったことがあるという。

・ティーンのセクスティングが日常化普遍化しつつある (TechCrunch)
http://jp.techcrunch.com/archives/20120706teenage-sexting-is-becoming-the-norm/

日本ではまだこのような調査はないと思うが、以前はメール添付、現在はSNSやチャットサービスで写真の交換が行なわれている。これらの写真は、送る時は相手のみに見せたつもりだろうが、喧嘩別れしたあとなどに、腹いせで写真をばらまかれるケースがあとを絶たない。そしてそれらの写真は、児童ポルノサイトへ収集され、転載されて、半永久的にネット上を回遊し続ける。

未成年時代の裸の写真がいつまでも流通することは、本人にとっても社会にとっても好ましいとは言えない。だがこれらの行為を、フィルタリングなどのテクノロジーを使って制御するだけでは、人としての成長がない。単に制限されたという結果が残るだけだ。

セクスティングのような行為を、よくないものであるとして自重できる人間になってほしいという願いが、この項目に込められている。

1 2 3 4 5 6 7 8

その他の記事

「蓮舫代表辞任」後の民進党、野党、ひいては反自民について考える(やまもといちろう)
人間の場合、集合知はかえって馬鹿になるのかもしれない(名越康文)
99パーセントの人が知らない感情移入の本当の力(名越康文)
変わる放送、Inter BEEに見るトレンド(小寺信良)
悪い習慣を変えるための5つのコツ(名越康文)
川端裕人×荒木健太郎<雲を見る、雲を読む〜究極の「雲愛」対談>(川端裕人)
居場所を作れる人の空気術(家入一真)
「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
21世紀に繁栄するのは「空港運営」が上手な国(高城剛)
「春のイライラ」東洋医学の力で解消しよう!(若林理砂)
【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
「生涯未婚」の風潮は変わるか? 20代の行動変化を読む(やまもといちろう)
五月病の正体 「どうせ……」というくせものキーワード(名越康文)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
今週の動画「切込入身」(甲野善紀)

ページのトップへ