名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メルマガ『生きるための対話』より

迷う40代には『仮面ライダー』が効く

「必然性」を回復するということ

少し脱線したかもしれませんが、要するに僕が言いたいことは、自分のルーツを否定する人は、決して「今」を充実して生きることができない、ということです。

僕の議論に対して、こんな反論はありうると思うんです。<ヒーロー物やアニメは今でも、「オタク文化」として花開いているじゃないか、大人になってもそれを愛している人はたくさんいるじゃないか>と。

でも僕は、ヒーロー物が持つ影響力は本来、そんなレベルじゃないと考えているんです。一部のオタクと呼ばれる人だけではなく、「ヒーロー物? 昔は見たけど、あれは子供が見るものでしょう?」と言うような40代男性の心の奥底にこそ、ヒーロー物は息づいている。そのことを見つめ直すことによって、いわゆる「普通」の40代男性は初めて、自分の「足元」を固め、気持ちを落ち着けて、もっと力強く、明るく活躍することができるのだと思うんです。

例えば居酒屋で「うちの会社はこのへんがダメなんだ」とか「ほんとにうちの上司は理解がないんだよ」とぼやいている人の思考の方向性や愚痴の言い方の奥底には、「仮面ライダー」への自己投影がないでしょうか。

ひとつの組織があり、組織をはみ出た自分がいて、孤軍奮闘、その組織に戦いを挑む。

『サイボーグ009』『仮面ライダー』などのヒーロー物は、間違いなくそういう神話的類型、すなわち「マンネリ」を繰り返し、繰り返し物語ってきました。

坂本龍馬や、ヤクザ物映画で高倉健さんが演じる主人公への共感も、元をたどれば、仮面ライダー的物語があります。坂本龍馬は脱藩者だし、健さんが演じる主人公は、巨大なヤクザ組織からのあぶれものです。

そして、そんなあぶれものキャラクターに共感してきたのは、いつの時代も「組織に属するサラリーマン」だったんです。

そういう、自分の志向の枠組みを形作ってきた物語を再認識することによって、僕らは自分の人生に「経糸(たていと)」を通すことができるようになります。自分が働いてきたこと、友達と交流してきたこと、結婚、子育て……そうしたもろもろに、ある種の「必然性」が感じられるようになる。

「アイデンティティ」とは、そういう出自を自覚することによる「必然性」の別名なのです。

 

※本稿は名越康文メールマガジン「生きるための対話」2013年7月1日配信 vol.055「四〇代男性の「自分探し」問題」を基に再構成したものです。

※名越康文メールマガジンでは「名越心理学の神髄」に踏み込む長編の論考、性格分類、読者からの質問に答えるメールカウンセリングまで、毎号盛りだくさんの内容でお届けしています! 購読申し込みから1か月は無料ですので、ぜひともお試しください!

 

名越康文氏新刊(2013年8月発行)

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術

日本屈指の実力派ノンフィクションライター・藤井誠二が「人には言えない40代からの生きづらさ」に鋭く切り込み、メディアで大活躍の精神科医・名越康文が「本気」で答えた、渾身の対話本。ありきたりのビジネス書や成功本にはない、人生の後半戦から「自分を生かす」ために必要な「心が折れないためのメソッド」&「人生の処方箋」が盛りだくさん。

 

社会学者・宮台真司氏帯推薦文より
「人は加齢による自然過程への無知ゆえに心的な不適応に陥る。
頑張り屋ほどそうなりがちだ。名越先生と同年齢の僕もかつて危機に陥った。
元と同じ状態に戻ることがあり得ないことを理解し受け容れるのは難しい。
その困難を克服するには必読の書だ。」

 

名越康文氏新刊(2013年9月発行)

『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』
著者: 名越康文

1575円(税込)

出版社:夜間飛行
単行本:四六判ソフトカバー 208ページ
ISBN-13:978-4-906790-04-3
発売日:2013/09/13
商品の寸法:127×188mm 厚さ=15.0mm

内容紹介

毎日が退屈で、何をやってもワクワクしない。
テレビを見ても、友達と話していても、どこかさびしさがぬぐえない。
自分の人生はどうせこんなものなのだろう――。
そんなさえない毎日を送るあなたに足りないのは「驚く力」。

現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。

自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学!

『驚く力』取り扱い販売店一覧はこちら

http://yakan-hiko.com/book/odoroku_list.htm

送料無料のウェブショップはこちら

紀伊国屋ウェブストア

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784906790043

honto

http://honto.jp/netstore/pd-book_25789353.html

1 2 3
名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

お盆の時期に旧暦の由来を見つめ直す(高城剛)
あなたが「運動嫌い」になった理由(若林理砂)
「キレる高齢者」から見る“激増する高齢者犯罪”の類型(やまもといちろう)
身近な人に耳の痛いアドバイスをするときには「世界一愛情深い家政婦」になろう(名越康文)
死をどのように受け止めるか(甲野善紀)
子どもに「成功体験」を積ませることよりも、親の「しくじった話」が子どもの自己肯定感を育むってどういうこと?(平岩国泰)
気候変動が影響を及ぼす人間の欲望のサイクル(高城剛)
鉄腕アトムの呪い(西田宗千佳)
嗤ってりゃいいじゃない、って話(やまもといちろう)
なくさないとわからないことがある(天野ひろゆき)
「爆買いエフェクト」と沖縄が抱えるジレンマ(高城剛)
3月移動に地獄を見た話(小寺信良)
テープ起こしの悩みを解決できるか? カシオのアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」を試す(西田宗千佳)
2015年買って良かった4つの製品(西田宗千佳)
「考える」というのは「答えを出すこと」じゃないよ(家入一真)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)
【DVD】軸・リズム・姿勢で必ず上達する究極の卓球理論ARP
「今のままで上達できますか?」元世界選手権者が教える、新しい卓球理論!

ページのトップへ