『静かなる革命のためのブループリント』発売記念インタビュー

宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは

――インフラやウェブサービスの事業者たちが見据えているような大きな時代の変化に、宇野さんの抱えていた問題意識がシンクロしていたということかなと思いました。

 

宇野 結果的に、僕自身も予想していなかった需要があったのだから、そうかもしれないね。 こういう問題意識のあり方は、そもそも僕の批評のモチーフと強く関わっているんだよ。例えば、僕は特撮が好きなのだけど、あれは「現実には存在しないキャラクターを一度造形物に落とし込んで半現実化したものを映す」という形でしか成立しない映像表現なんだよね。

一方で僕は、「現実そのものを映したもの」にも、「現実とは完全に断絶した虚構を映したもの」にも興味が持てない。本当に興味があるのは、特撮のように「まだ存在していないけど、これから存在する可能性があるもの」なの。それは個人的な趣味嗜好にも反映していて、だから特撮以外でも、絵画よりも立体造形物の方が好きで、模型も大好き。

このあいだ反響があったレゴ対談も、こうした興味の延長線上で作られている。

▼関連記事 【対談】根津孝太(znug design)×宇野常寛「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」

 

僕自身は、こういう感性というのは、現実に商品やサービスを制作して、それによって新しい文化やビジネスを生み出していくような動きにどこか親和性がある気がするんだよね。実際、イノベーションやマーケットの力というのは、まさに「まだ存在していないけど、これから存在する可能性があるもの」に力を与えていくものなわけでしょう。

1 2 3 4 5

その他の記事

東京と台北を比較して感じる東アジアカルチャーセンスの変化(高城剛)
意外とまだマイナー!?「二段階認証」をおさらいする(西田宗千佳)
老舗江戸前寿司店の流儀(高城剛)
「酒を飲めない人は採用しない」という差別が騒がれない不思議な話(やまもといちろう)
検査装置を身にまとう(本田雅一)
「Kindle Unlimited」日本上陸でなにが起きるのか(西田宗千佳)
電気の「自炊」が当たり前の時代へむけて(高城剛)
一から作り直した「非バッファロー的なもの」–『新おもいでばこ』の秘密(小寺信良)
今年の冬は丹田トレーニングを取り入れました(高城剛)
バイデン政権移行中に中国が仕掛ける海警法の罠(やまもといちろう)
やまもといちろうのメールマガジン『人間迷路』紹介動画(やまもといちろう)
僕たちは「問題」によって生かされる<前編>(小山龍介)
「けものフレンズ」を見てみたら/アマゾン・イキトスで出会った動物たち(川端裕人)
韓国情勢「再評価」で、問題知識人が炙り出されるリトマス試験紙大会と化す(やまもといちろう)
バーゲンプライスが正価に戻りその真価が問われる沖縄(高城剛)

ページのトップへ