紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明のメールマガジン「PASSENGER」より

俺たちにとって重要なニュースって、なんなんでしょうね

※この記事は紀里谷和明のメールマガジン「PASSENGER」vol.025(2014年8月22日発行)からの抜粋です。

 

沖縄知事選、衆議院の解散。政治では大きなニュースが飛び交っているけど、正直なところ、俺には何が起こってるのか、まったくわかりません。

熱心に語ってるマスコミの人たちも、「小難しいことを言っているけど、何が起こってるのか本当にわかってるのかな」と思ってしまうんですよ。「わかっているふりをしているけど、本当は誰ひとりわかってないんじゃないか」と。

消費税を上げたらこうなる、下げたらこうなる、延期したらこうなるとか、そういう解説はたくさんあるんだけど、俺からすると、それは枝葉の話で。「そもそも、なんで上げなければいけないのか、その前に無駄使いはしていないのか」という話にさかのぼらないといけないと思うんだけど、そこの議論はすっとばされる。何が本質の議論なのかわからないまま、枝葉の議論がずっと続いているように見えてしまうんです。

皮肉なことに、俺が重要だと思うことは社会では重要とされていなくて、社会が重要だと思うものが俺には重要だと思えない。

日々の給料のため、ご飯を食べるために船を漕いでいる人がいっぱいいる。

でも、何を追いかけているのか、何を目指してるのかわからない。それが氷山に衝突しようが、滝に落っこちようが、わからないけど、とりあえず漕ぐ。でも、「一体その先に何があるんだろう」と、やっぱり思ってしまいます。

テレビでニュースが流れていても「一体、何やってんだろうな」という感じ。関係性が持てないというか。もう、引きこもりの気持ちに近い。彼らの気持ちも、わかるんですよ。要は「やってらんねーよ」ということですよね。そういう人たちって、いつの時代も、どこの国にも結構いたんじゃないでしょうか。たとえば、中世ヨーロッパではキリスト教を守るという名のもとに、魔女狩りや天動説の弾圧をやったわけでしょう。そういうのを見て「こんなバカな世界、やってらんねーよ」と思っていた人たちは、じつはたくさんいたと思う。でも、全体からすると少数派なんでしょうね。

マスコミを見ていて思うのは、重大な政治ニュースがあっても、そこに台風が来たりすると、あっという間になかったことになる。原発問題も、選挙も政治も、結局「AKBのセンターの子が変わった」みたいなニュースとなんら変わりはなくて、しばらくすれば「ああ、そんなこともあったよね」で終わってしまう。重要なことなんて、じつは何ひとつないんじゃないかと思ってしまう。

俺たちにとって重要なニュースって、なんなんでしょうね。

少なくとも、テレビやネットにたくさん流れている中には、ほとんどないんじゃないかと思います。

(参考)

安倍首相、21日の衆院解散表明 消費増税は先送り
http://www.asahi.com/articles/ASGCL5TPMGCLUTFK00W.html

解散総選挙、「過半維持なら続投」の落とし穴
http://toyokeizai.net/articles/-/53799

 

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」

362014年11月21日発行vol.025目次

1.最近のキリヤ
2.自分の人生の“終わり”はハッピーに迎えたい
3.『ラスト・ナイツ』 ができるまで
4.今週のおすすめ映画
5.Q&A
6.お蔵出しフォト
7.メディア掲載・作品など

 

映画監督紀里谷和明によって立ち上げられた会員制クリエイティブメディア『PASSENGER』。PASSENGERと連動して配信されるメルマガでは、映像、クリエイティブ業界のビジネストレンドや紀里谷和明の素顔、本質に迫るトークなど、盛り沢山のコンテンツをお届けします。紀里谷和明監修の写真作品やメイキング風景も、メルマガ内記載のパスワードを使ってご覧頂けます。

ご購読はこちらから
PASSENGER:http://passenger.co.jp

紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

冬になるとうつっぽくなる人は今のうちに日光浴を!(若林理砂)
Hagexさんの訃報に関して(やまもといちろう)
感度の低い人達が求める感動話(本田雅一)
世界のクリエイターに愛されるノートの物語(ロバート・ハリス)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
ドラッカーはなぜ『イノベーションと企業家精神』を書いたか(岩崎夏海)
「英語フィーリング」を鍛えよう! 教養の体幹を鍛える英語トレーニング(茂木健一郎)
「なし崩し」移民増加に日本社会は如何に対応するか(やまもといちろう)
「韓国の複合危機」日本として、どう隣国を再定義するか(やまもといちろう)
【対談】乙武洋匡×山本一郎 自分の人生を使って、どんな絵を描くか(1)(やまもといちろう)
Googleの退職エントリーラッシュに見る、多国籍企業のフリーライド感(やまもといちろう)
実はまだいじくっている10cmフルレンジバックロード(小寺信良)
人間にとって自然な感情としての「差別」(甲野善紀)
宗教学たん執筆の記事とメルマガ『寝そべり宗教学』について(夜間飛行編集部)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ