藤沢数希
@kazu_fujisawa

週刊金融日記 第295号【ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう、米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する他】

藤沢数希のメルマガ『週刊金融日記』第295号(2017年12月4日発行)より、冒頭部分をお届けします。

 
〘第295号 目次紹介〙
/ 週刊金融日記
// 2017年12月4日 第295号
// ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう
// 米国法人税率20%が実現すれば空前の好景気が到来する
// 麻布十番でオシャレなカウンターの高級焼き鳥
// ゾゾスーツによって一番打撃を受けそうなアパレル企業はどこですか
// 他

 
 こんにちは。藤沢数希です。

 最近、私生活でも仕事でも、そして、暗号通貨トレーディングでも、いろいろと重要イベントが重なって、異常にバタバタしております。しかし、人生は基本的にうまくいくようにできているものなので、1ヶ月後ぐらいには手がけているものすべてがうまくいって祝杯でも上げたいなぁ、と思っております。

 また、今週中には、僕たちの恋愛工学に関して、みなさんにいいお知らせができるのでは、と思っております。僕たちの同志が増え、恋愛工学のコミュニティがもっともっと発展していくことでしょう。楽しみにしていてください。ふふふ。

 と、言うわけで、今週号はさすがに遅れそうか、最悪お休みにさせてもらおう、と思っていたのですが、それよりも簡単に書いて送ってしまおうと思い、いつもよりちょっとだけ短めです。

 まずは、ビットコインのポジションを取っている方も多いと思うので、いま明らかになっているフォークの予定をまとめましょう。

【新コイン名 / フォークブロック / フォーク予定日 / オフィシャルサイト】
・Bitcoin Platinum / #498533 / 2017年12月12日ごろ /
https://bitcoinplatinum.github.io/
・Super Bitcoin / #498888 / 2017年12月15日ごろ /
http://supersmartbitcoin.com/
・Bitcoin Uranium / unknown / 2017年12月末 / unknown
・Bitcoin Silver / unknown / 2017年12月末 / unknown
・Bitcoin Cash Plus / unknown / 2018年1月2日 /
http://www.bitcoincashplus.org/

 これらがみんなビットコインの3〜10%ほどの価格が付いたとしたら……。もう、バックナンバーを読んでくれ、としかいいようがありませんね。

『週刊金融日記 第294号 怪物ビットコイン 〜ハードフォークという富の複製』

 それで、僕の読みだと、日本の取引所も顧客に戻すしかなく、その場合、金融庁にこのコインを扱いたい、と申請しなければいけません。そうすると、日本の金融庁のホワイトリストに載り、いずれ日本の主要取引所でも扱われる、ということになります。さらに、先日、国税庁が発表した税金の計算方法では、これらのフォークコインは取得価格をゼロとして計算し、売った時点で税金がかかる、つまり、売らなければそれまで税金がかからない、ということでホールドする人が多くなるわけです。

 日本のホワイトリストに載る、大手取引所が扱う、税金のために多くのホルダーが売らない……、何やらいい未来しか見えません。ふふふ。

 さて、それでは今週もよろしくお願いします!

 

1.ビットコインで儲けたお金をベンチャー企業につっこもう

 さて、個人の税金は1月1日〜12月31日までが一区切りですので、いろいろな節税をしたい人は、もういまから動かないと間に合いません。

 暗号通貨に関しては、まずは、先日、国税庁から発表された資料を読みましょう。だいたい思ったとおりで、割としっかり書かれています。国税庁、これは本気で税金取りにきてるな、と。目立っていて無申告の人なんかは、1年、2年泳がせて、血祭りにあげられるんでしょうね。

●仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

(続きは藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』第295号にてお読みください)

 

 

藤沢数希のメルマガはこちら

藤沢数希のメールマガジン『週刊金融日記』


【料金】 864円(税込)/月 <初回購読時、1ヶ月間無料!>
【発行周期】 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

藤沢数希が政治、経済、ビジネス、そして恋愛工学について毎週メルマガをお届けします。不特定多数が閲覧するブログ『金融日記』では書けないディープで具体的なお話が満載。マネーと恋愛に関する経済分析、法律論、リスクマネジメントを中心に情報をお届けします。



藤沢数希・著『損する結婚 儲かる離婚』

男女双方とも、簡単に全財産以上の金額が吹っ飛ぶのが結婚という金銭契約です。 「結婚はデリバティブ取引と同じでゼロサムゲーム。こと金に関しては夫婦は食うか食われるかの関係にある」。金融工学と恋愛工学について研究を重ねてきた藤沢数希が、適切な結婚相手の選び方を具体的なケースを元に解き明かす!

藤沢数希
理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で教鞭を取った後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスクマネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。

その他の記事

『スターウォーズ』は映画として不完全だからこそ成功した(岩崎夏海)
間違いだらけのボイストレーニング–日本人の「声」を変えるフースラーメソードの可能性(武田梵声)
就活解禁になっても何やっていいのかわからない時に読む話(城繁幸)
iliは言語弱者を救うか(小寺信良)
なぜ若者に奴隷根性が植えつけられたか?(後編)(岩崎夏海)
歩き方の上手い下手が人生を変える(岩崎夏海)
【期間限定】『「赤毛のアン」で英語づけ』序文(茂木健一郎)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
無意識の中にある「他者への期待」–その功罪(名越康文)
「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)
僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由(岩崎夏海)
政府の原発ゼロ政策はなぜ骨抜きになったのか(津田大介)
ライター業界異変アリ(小寺信良)
大手企業勤務の看板が取れたとき、ビジネスマンはそのスキルや人脈の真価が問われるというのもひとつの事実だと思うのですよ。(やまもといちろう)
藤沢数希のメールマガジン
「週刊金融日記」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回以上配信(毎週日曜日配信予定)

ページのトップへ