本田雅一
@rokuzouhonda

メルマガ「本田雅一の IT・ネット直球リポート」より

テクノロジーが可能にしたT2アジア太平洋卓球リーグ(T2APAC)

※この記事は本田雅一さんのメールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 Vol.027(2018年8月24日)からの抜粋です。




テクノロジーが大きくものごとを変えていく。これまでも多くの場面で感じてきたことですが、ここ数年は“当たり前のこと”としてあまり大きな驚きを感じなくなっていました。少々、感覚的に麻痺していたのかもしれません。そんな中でも、これはおもしろいと思った事例について話を聞くことがありました。

それは“卓球”のプロリーグに関する話です。日本でもTリーグという卓球のプロリーグが開かれているようですが、僕が話を聞いたのは「T2アジア太平洋卓球リーグ(T2APAC)」についてです。

世界の各国から24名の男女トップ選手が集まり、4チームに分かれて約半年間で全228試合を行い、勝敗やランキングに応じて賞金150万ドルが分配されるというものです。賞金総額は、例えばコンピューターゲームを用いた「eSports」などと比べて大きなものではないのですが(eSportsは1日開催のイベントでも優勝賞金だけで1億円を超える大会がザラにあります)、卓球というこれまで大きなお金が動いてこなかったスポーツジャンルの大会としては異例の規模と言えるでしょう。

このリーグ、実はマレーシアの映画スタジオで開催されています。スタジオ内には卓球台を囲む観客席の他、トレーニングや練習用の卓球台なども配置され、リアリティショーさながらに、試合以外の練習風景なども中継され、盛り上げるための演出も施されます。

卓球という競技は、スピーディーで駆け引きの要素もあり、また精神面での揺れが試合の流れを大きく変えます。実際に観戦してみると、テニスよりも決着がつくまでの時間が短く、展開もどんどん進んでいき、息をつく暇もありません。僕はテニスをプレーしていたこともあってテニス観戦が好きなほうですが、エンターテインメントとしては卓球のほうがおもしろいかも……と思うほどです。

ところが、プロエンターテインメントとして卓球を成立させるには、大きなハードルがありました。卓球台が小さく、ボールも小さく、しかもボールの速度が速いため、大きな会場で多くの観客を集めてプロの試合を見せるには無理があることです。T2APACはネット中継を前提としたビジネスモデルとすることで、新しいスポーツビジネスの枠組みを作ろうとしているようです。今回はT2APACを起点にしながら、テクノロジーによる社会の変化が、身近なジャンルの事業モデルを変化させていることを見ていきたいと思います。


(この続きは、本田雅一メールマガジン 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」で)

 

本田雅一メールマガジン「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

2014年よりお届けしていたメルマガ「続・モバイル通信リターンズ」 を、2017年7月にリニューアル。IT、AV、カメラなどの深い知識とユーザー体験、評論家としての画、音へのこだわりをベースに、開発の現場、経営の最前線から、ハリウッド関係者など幅広いネットワークを生かして取材。市場の今と次を読み解く本田雅一による活動レポート。

ご購読はこちら

本田雅一
PCハードウェアのトレンドから企業向けネットワーク製品、アプリケーションソフトウェア、Web関連サービスなど、テクノロジ関連の取材記事・コラムを執筆するほか、デジタルカメラ関連のコラムやインタビュー、経済誌への市場分析記事などを担当している。 AV関係では次世代光ディスク関連の動向や映像圧縮技術、製品評論をインターネット、専門誌で展開。日本で発売されているテレビ、プロジェクタ、AVアンプ、レコーダなどの主要製品は、そのほとんどを試聴している。 仕事がら映像機器やソフトを解析的に見る事が多いが、本人曰く「根っからのオーディオ機器好き」。ディスプレイは映像エンターテイメントは投写型、情報系は直視型と使い分け、SACDやDVD-Audioを愛しつつも、ポピュラー系は携帯型デジタルオーディオで楽しむなど、その場に応じて幅広くAVコンテンツを楽しんでいる。

その他の記事

「+メッセージ」はBot時代への布石だ(西田宗千佳)
中国人にとって、「村上春樹」は日本人ではない!?(中島恵)
JAXAで聞いた「衛星からのエッジコンピューティング」話(西田宗千佳)
「幸せの分母」を増やすことで、初めて人は人に優しくなれる(名越康文)
最近ハゲ関連が熱い、あるいは新潟日報と報道の問題について(やまもといちろう)
そもそも国にGAFAなどプラットフォーム事業者を規制できるのか?(やまもといちろう)
『戦略がすべて』書評〜脱コモディティ人材を生み出す「教育」にビジネスの芽がある(岩崎夏海)
見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
ネットリテラシー教育最前線(小寺信良)
「和歌」は神様のお告げだった〜おみくじを10倍楽しく引く方法(平野多恵)
うまくやろうと思わないほうがうまくいく(家入一真)
ハロウィン:あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき(鏡リュウジ)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
終わらない「大学生の奨学金論争」と疲弊する学びの現場(やまもといちろう)
津田大介×石田衣良 対談<前編>:メルマガは「アナログ」なメディアである(津田大介)
本田雅一のメールマガジン
「本田雅一の IT・ネット直球リポート」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 毎月2回(第2、4木曜日予定)

ページのトップへ