やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

イケてた会社のリストラに思う


 ご存知の方もあるかと思いますが、大手ソーシャルゲーム関連銘柄でこのところ立て続けに大規模リストラが進んでおり、人材市場にこれらの企業を見切ったか、肩を叩かれたとみられる人材が溢れ出てきて面接待ちをしています。

 困ったことに、ゲーム業界はもう天井を迎え、良いゲームをきちんと選んでしっかり遊ぶプレイスタイルが中心に戻ってきて、コンソールが息を吹き返しつつある状況で、ちょっと遊んでガバっと課金するようなインスタントなスマートフォン向けゲームの開発経験やサーバーサイド技術があるだけではなかなか思ったような給与で採用されない事態になってしまっているのが現状です。

 とはいえ、まだ開発意欲の旺盛な企業がVRやリッチゲームの方面で採用を拡大している状況ではあるので、上手くニーズがマッチすればと思う一方、なかなか再就職先が決まらない人はアジャイル系の開発会社に入ったり、ウェブサービス会社に転じたりするケースが多いようです。

 個人的に目につくのは、やはりイケてる企業で業績が伸びているときに、ある種の甘えのようにアクセルを地べたまで踏むような経営意欲旺盛な経営陣のいた会社ほど、ブレーキを踏むタイミングを間違えて大事故を起こしているように思えるところです。

調子こいてたベンチャーの落日がすっごい残念な感じ

 別にゲームに限ったことではなく、日産ゴーン前会長の件もそうでしたし、ゲームで復活する前のソニーや、総合家電の看板を下ろさずに頑張ろうとしていたころの東芝なんかでも、やはり本当にどうにもならなくなってからリストラに舵を切る、足りない戦力は派遣社員や中途で入れてきて、役に立たない人たちはサービス系子会社に片道切符で放り投げるというようなことが常態化していました。これはもう、良いとか悪いとかではなく、経営者の見込み違いと、働く側の抱いた幻想と現実の落差に立ち入ったとき等しく起きる現象なのだと思うのです。

 経営者も人の子ですから、気持ちよく褒めてくれる人材を脇に置きたいと思うし、ツキが向いているときは何をしてもうまくいくし、何でもできる全能感に浸ることもまた少なくない。そういう人たちが、天にも昇る気持ちで「僕は死なない」とか月面旅行を企図したりすることはあるでしょう。

 ただ、事業や組織、人心というのは一番最初に現実を見る分大変に冷酷なもので、伸びる期間が急激であった分だけ、離れていくスピードもとても速いのです。世界的に景気が拡大しているころは、ある程度浮ついた話をしていてもおカネがあとからついてくる、業績が欠点を隠してくれることはあったかもしれません。

 でも、いったんは時代の風を掴んで成功した人たちでも、その中で生き残る人は着実に取り組んでいる人だけなんだろうと思い至る次第です。
 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.251 諸行無常を感じるこのところのビジネス界隈のあれこれをまとめて語ってみる回
2019年1月31日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】イケてた会社のリストラに思う
【1. インシデント1】CCCの何度目かの蹉跌
【2. インシデント2】新しい転売問題、フリマアプリが泥棒市の風格を研ぎ澄ますまで
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

 
やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員を経て、情報法制研究所・事務局次長、上席研究員として、社会調査や統計分析にも従事。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」(山中教子)
ハダカの「自分」を見つめることの難しさ(紀里谷和明)
煉獄の自民党総裁選、からの党人事、結果と感想について申し上げる回(やまもといちろう)
DJ用コントローラを作りながら電気自動車を自作する未来を夢見る(高城剛)
仮想通貨最先端のケニア(高城剛)
週刊金融日記 第276号 <ビットコインは本当に世界を変えるかもしれんね他>(藤沢数希)
交渉の天才としての桃太郎(岩崎夏海)
継続力を高める方法—飽き性のあなたが何かを長く続けるためにできること(名越康文)
私が現役であることを思い知った夜(甲野善紀)
「他人に支配されない人生」のために必要なこと(名越康文)
可視化されているネットでの珍説や陰謀論に対するエトセトラ(やまもといちろう)
歴史が教えてくれる気候変動とパンデミックの関係(高城剛)
過疎化する地方でタクシーが果たす使命(宇野常寛)
「疲れているとついイラッとしたり、怒りっぽくなってしまうのですが……」(石田衣良)
「韓国の複合危機」日本として、どう隣国を再定義するか(やまもといちろう)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ