やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

Yahoo! JAPAN「爆速」の終わり

6310af0bb7c81ec64dcf87ff871eb81e_s

 

今月21日、ヤフーの取締役に孫正義さんが退く人事と共に、元Googleのニケシュ・アローラさんがヤフー会長に就任する人事が発表となりました。観測どおりとはいえ、外側からは「お手並み拝見」とニヤニヤして見ているわけにもいかなさそうな話に発展しつつあります。

ヤフー会長にアローラ氏…孫氏は取締役に退く
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150521-OYT1T50094.html

というのも、このインド出身のニケシュ・アローラさんはかねてからアメリカ当局に対して非常に協力的な人物としても知られ、その一方で非常に攻撃的で、Googleで「望む仕事ができていない」アジアパシフィックで活躍している人たちを十人単位でヘッドハントしソフトバンクグループに連れてくるだろうと予測されているからです。その意味では、日本国内ドメステッィックな高収益企業として、PC時代の日本のインターネットシーンを牽引してきたYahoo! JAPANの事業領域を大きく変更・拡張すると見られます。

ここまでは「まあ、そういう判断をした孫さんなりの英断じゃないの。何しろ、ご自身の後継者だそうだし」という話にすぎませんが、当面の注目でいうと、ニケシュ・アローラさんや関係の深いアメリカの当局者に対して吐露した日本のヤフーシニアマネジメント層への絶望的な評価の低さを受けて、彼がどう行動に移そうとするかです。

単純な話、いまのYahoo! JAPAN宮坂体制において、川辺さん、村上さん、小澤さんといった「日本ローカルな人材」については早い段階で御役御免になり、アローラ体制に変更後は惜しげも無く放逐されるのではないかと言われています。日本のベンチャーシーンでは比較的好意をもってみられることも多い「おざーん」こと小澤隆生さんも低評価ゆえのリリースもあり得るとされています。ありあまるキャッシュを持ち、高い成長余力を抱えながら、これといったきちんとした成果が出ていないのは何なのか、という率直な見解をアローラさんがしている、という話は、いわゆる「日本型のICT大企業マネジメント」や、日本流のスピード経営というものの限界とも感じられる側面でもあります。

同様に、孫さんが自身の後継者探しをする目的で開設したソフトバンクアカデミアでは、グループ関係者がはっきり指摘するように「失望する程度の人材しか集めることができなかった」こともまたひとつの要因ではなかったかと思います。つまり、ソフトバンクが孫さん一代の才覚で拡大したものの、孫さんの築いた「ソフトバンク」「Yahoo!JAPAN」の看板の元にはついにその後継者たる人物は現れることがなかった、とも言えるわけです。

ソフトバンクアカデミアWebサイト
http://www.softbank.jp/corp/special/academia/

(続きは、Part 2にて)

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路

Vol.130<ソフトバンクとアリババ集団によるヤフージャパンの分割統治を憂う一方、ネットメディアの今後を吟味する回>

2015年6月5日発行号
目次
187A8796sm

【0. 序文】Yahoo! JAPAN「爆速」の終わり Part 1
【1. インシデント1】Yahoo! JAPAN「爆速」の終わり Part 2
【2. インシデント2】商業ネットメディアの転換期がそろそろやってきそうな今日この頃です
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
「人間迷路」のご購読はこちらから

 

 

【月1で豪華ゲストが登場!】山本一郎主宰の経営情報グループ「漆黒と灯火」詳細はこちら!

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

今世界でもっとも未来に近い街、雄安(高城剛)
気候変動や環境毒のあり方を通じて考えるフェイクの見極め方(高城剛)
「自己表現」は「表現」ではない(岩崎夏海)
資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
「残らない文化」の大切さ(西田宗千佳)
『マッドマックス 怒りのデスロード』監督ジョージ・ミラーのもとで働いた時のこと(ロバート・ハリス)
ネットメディア激変の構図とサブスクリプション問題(やまもといちろう)
世界的観光地が直面するオーバーツーリズムと脱観光立国トレンド(高城剛)
僕が今大学生(就活生)だったら何を勉強するか(茂木健一郎)
週刊金融日記 第317号【外国語を使ったAttractionフェーズ攻略法、トヨタ自動車2018年3月期決算純利益2.5兆円他】(Array)
「テレビを作る側」はどこを向いているか(小寺信良)
大麻ビジネス最前線のカナダを訪れる(高城剛)
金は全人類を発狂させたすさまじい発明だった(内田樹&平川克美)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
iPhone6の画面サイズにみる「クック流Apple」の戦略(西田宗千佳)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ