川端裕人メールマガジン「秘密基地からハッシン!」より

絶滅鳥類ドードーをめぐる考察〜17世紀、ドードーはペンギンと間違われていた?

さてさて、クルシウスの本は長く読まれ、また、スペイン人のイエズス会士、Nierembergは、1635年の本"Historia Naturae (Nieremberg 1635)",でも、クルシウスの図版を使った。この本のタイトルは、まさに「ナチュラル・ヒストリー」。ここで、彼は、ペンギンとドードーを見開きの関係で掲載した。

だんだんペンギンとドードーが近くなってきた!

32
〈"Historia Naturae (Nieremberg 1635)",でペンギンとドードーが近づいた〉

さらに1650年のHistoriae Naturalis (Jonstonus c.1650)(これも「ナチュラル・ヒストリー」だ)では、ドードーとペンギンが同じページに掲載された。

ほかにもエミュやヒクイドリやエキゾチックな鳥がたくさん出ている中で、ドードーとペンギンが並んでいる。

おまけに、どっちがどっちのキャプションかわからない!

33
〈Historiae Naturalis (Jonstonus c.1650)ではペンギンとドードーが同じページに〉

34
〈隣並び、どっちがどっちのキャプションなのかよくわからない!〉

 

ドードーがペンギンに入れ替わる

こういった、ドードーとペンギンの接近の中で、別のところで「ドードー・ペンギンの置換」が起きていると著者は指摘する。

1646年に書籍 "Begin en de Voortgangh"の中で、このような図版がある。

この本らしい↓  Voortganghというのが船の名前なのか不明。「はじまりと Voortgangh」みたいなタイトル。
http://www.univie.ac.at/Geschichte/China-Bibliographie/blog/2012/10/06/commelin-begin-ende-voortgangh-van-de-vereenighde-nederlantsche-geoctroyeerde-oost-indische-compagnie/

この本の中に、マゼラン海峡での、キングペンギンの捕獲を描いたものがあるという。これ自体、なにか歴史を感じさせるペンギン史上の一コマだ。

35
〈キングペンギンが捕獲される一コマ。(Begin en de Voortgangh, 1646).〉

そして、その2年後の1648年、H. Soete Boomという出版者が、「Willem West van Zanenの航海日誌」を出版した。van Zanenは、1598年にファン・ネックと一緒ともに航海し、さらに1602年にもう一度モーリシャスを訪ねた人物。つまり、1648年になって、50年前の航海についての航海記録を出版したということ。

下記は、その本に挿入をされた図版。

今はいないジュゴンを捕獲しているところなどが描かれており、ほかには何種類かの鳥の捕獲が描かれている(それぞれどの種に対応するか分かる人は教えて下さい!)

36

〈1602年のモーリシャスへの航海を描いた図版. (H. Soete Boom, 1648).〉

ここで特に注目したいのは中段左。

これはドードーの捕獲とされているのだが、描かれているのは……おそらくキングペンギンだ。

拡大しよう。
37
〈これが「モーリシャスのドードー狩り」の挿絵。完全にペンギンに!〉

1646年のマゼラン海峡のキングペンギンに想を得たと思われる図版で、ここでは完全に、ドードーとペンギンが混同され、置換してしまった!

著者は、この「置換」した本を作ったH. Soete Boomは、上にも出てきたHistoriae Naturalis (Jonstonus c.1650)やBegin en de Voortgangh, (1646)を参照しているというのだが、ちょっと年代が合わないのが気になる。1650年の本は、1648年「置換本」の後の出版のはずなので。

ジュリアンに問い合わせたところ、1650年の本の草稿はわりと長く出回っており、それを参照したのではないか、ということだった。

どちらにしても、ほぼ同時に混同が起きていたということは注目に値する。

1 2 3
川端裕人
1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。普段は小説書き。生き物好きで、宇宙好きで、サイエンス好き。東京大学・教養学科卒業後、日本テレビに勤務して8年で退社。コロンビア大学ジャーナリズムスクールに籍を置いたりしつつ、文筆活動を本格化する。デビュー小説『夏のロケット』(文春文庫)は元祖民間ロケット開発物語として、ノンフィクション『動物園にできること』(文春文庫)は動物園入門書として、今も読まれている。目下、1年の3分の1は、旅の空。主な作品に、少年たちの川をめぐる物語『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、アニメ化された『銀河のワールドカップ』(集英社文庫)、動物小説集『星と半月の海』(講談社)など。最新刊は、天気を先行きを見る"空の一族"を描いた伝奇的科学ファンタジー『雲の王』(集英社文庫)『天空の約束』(集英社)のシリーズ。

その他の記事

結局「仮想通貨取引も金商法と同じ規制で」というごく普通の議論に戻るまでの一部始終(やまもといちろう)
旅を快適に続けられるための食事とトレーニングマシン(高城剛)
フェイクニュースか業界の病理か、ネットニュースの収益構造に変化(やまもといちろう)
「いままでにない気候」で訪れる「いままでにない社会」の可能性(高城剛)
年末年始、若い人の年上への関わり方の変化で興味深いこと(やまもといちろう)
貧富の差がなくなっても人は幸せにはなれない(家入一真)
iliは言語弱者を救うか(小寺信良)
「ふたつの暦」を持って生きることの楽しみ(高城剛)
ライドシェアの本質をアメリカで見た(西田宗千佳)
これからのビジネスは新宗教に学んだほうがいい!(家入一真)
眼鏡っ子のための心を整えるエクササイズ(名越康文)
普遍的無意識を目指すあたらしい旅路(高城剛)
これからの時代をサバイブするための「圏外への旅」(高城剛)
会員制サロン・セキュリティ研究所が考える、日本の3つの弱点「外交」「安全保障」「危機管理」(小川和久)
「空気を読む力」を育てる4つの習慣(岩崎夏海)
川端裕人のメールマガジン
「秘密基地からハッシン!」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回以上

ページのトップへ