やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

岸田文雄政権の解散風問題と見極め


 先日、西田亮介先生とJBpressで対談をしたところ、その界隈で大変に読まれ評判となりまして、ああやっぱりみんな気にしているんだなと思っていたところです。

秋口解散の3回のタイミング、改造でスベった岸田首相はどこで勝負を賭ける?西田亮介と山本一郎が語り合う、岸田改造内閣と解散総選挙の行方(3)

 良くも悪くも結構大変なのは、今回衆参補選が10月22日に二つあり、片方が参院四国、もう片方が衆院長崎4区で、本来ならどっちも自民が議席を確保しなければらないところ、事前の情勢調査で「転び方によっては2敗もあり得る」とか「1勝1敗でも岸田政権にとっては打撃のため解散総選挙が打てない」というような風評になっている面があるからです。

「1勝1敗でもまずい」衆参2補選、首相の解散戦略・命運を左右

 個人的には、岸田文雄さんの心の内としては2敗しても解散する(解散したい)んじゃないの、というのはあります。そのために、内閣改造をやり、経済対策を打ち、統一教会(現・家庭連合)の解散請求命令を手がけるわけですから。6月13日の解散未遂もあって、やるやる詐欺的な雰囲気ですと求心力も下がりますし、この秋の解散を見送ると来年春から5月ごろまでは特にポジティブな話もなく解散の打ちようもないでしょうし、そうなると来秋の自民党総裁選にこの支持率&第4派閥の宏池会で岸田さんは総裁選に出馬するんですかという話にならざるを得ません。下手すると総裁選負け戦が見えたら禅譲・総辞職ですよね。

 それもこれも、そもそものプランは「参院四国も長崎4区も今回の補選は自民党有利だし勝てるんじゃないか」という、割と甘いけどまあそう思ってもおかしくないかなという予想を元に解散日程を模索していたからです。ところが、最新の情勢調査ではどっちの選挙区も楽勝とは程遠い、かなり接戦に近い与野党対決になりそうだという数字が見えてきたから泡を喰っている面があるんですよね。

 その意味では「何でこんな苦戦する予想なの。信じられない」というのが大本営の受け止め方じゃないかと思っていますが…。まあそこまで両方落とすかどうかは別として、それだけ自民党の足腰の数字は言われているほどよくはなく、調査するほどに課題をたくさん感じるし、岸田さんの人気は実力ほどには無いのだということになります。

 何とも残念な流れになっているようですが、さらに壺問題もあってこのタイミングで細田博之さんが衆議院議長を辞任の意向を明らかにしました。これはまた…。

【速報】細田博之衆議院議長が辞職の意向固める 政府与党の幹部に伝達 体調不良を理由に

 いや、ほんと何してんすかね、という感じなんですが、何してんすかねマジで。
 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.419 岸田政権解散の可能性に考えを巡らせつつ、反社絡みのネット広告界隈やイーロン・マスク関連のあれこれに触れる回
2023年9月29日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】岸田文雄政権の解散風問題と見極め
【1. インシデント1】オンラインカジノ摘発ドミノでどうするインターネット界隈
【2. インシデント2】イーロン・マスクというリスクの行方をぼんやり考える
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

 
やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員を経て、情報法制研究所・事務局次長、上席研究員として、社会調査や統計分析にも従事。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

2020年の超私的なベストアルバム・ベストブック・ベストデジタル関連アクセサリー(高城剛)
過去17年間のAmazon依存度を振り返る(小寺信良)
眼鏡っ子のための心を整えるエクササイズ(名越康文)
ブラック企業と奴隷根性(岩崎夏海)
日産ゴーン会長逮捕の背景に感じる不可解な謎(本田雅一)
闇が深い国際ボクシング協会(AIBA)の問題点(本田雅一)
「リバーブ」という沼とブラックフライデー(高城剛)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
思い込みと感情で政治は動く(やまもといちろう)
古市憲寿さんの「牛丼福祉論」は意外に深いテーマではないか(やまもといちろう)
【第2話】波乱の記者会見(城繁幸)
屋久島が守ろうとしているものを考える(高城剛)
『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング著(森田真生)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
ITによって失ったもの(小寺信良)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 770円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ