やまもといちろうの記事一覧

1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる。統計処理を用いた投資システム構築や社会調査を専門とし、Aetas株式会社エグゼクティブ・プロデューサー、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員、東北楽天ゴールデンイーグルス育成・故障データアドバイザー、株式会社データビークルプロデューサーなど現任。東京大学と慶應義塾大学とで組成される「政策シンクネット」の高齢社会研究プロジェクト「首都圏2030」の研究マネージメントを行うなど、社会保障問題や投票行動分析に取り組む。「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。
記事一覧: 74件

人は生の瀬戸際までコミュニケーション能力が問われるのだということを心に刻む

仮に自分がまた倒れて、長期の入院をしてしまったときにどういうケアがなされるのだろうかとか、心の安定や拠り所をどこに求めるべきなのかといった自問自答になってしまうのでありますが、独身高齢者の問題と切り捨てるにはそこにある苦悩が深すぎてちょっと正視できないなと感じる次第であります。(2015.03.26)  続きを読む

組織変革とは、まず自分が変わろうとすること

お話としては大変興味深いのですが、一般論として、経営者になりきらないと駄目だと思います。ちょっと頂戴した文面からは、甘さといいますか、迷いが強すぎる感じがいたします。(2015.03.01)  続きを読む

サイバーセキュリティと官民協力の実態

このほど、アメリカでオバマ大統領によるセキュリティに関する官民協力を促す大統領令が出ました。我が国でも、そろそろ民間の情報をしっかりと整理して捜査に役立てたり、攻撃の兆候をサービス会社と協調・連携して把握し対応しようという動きが出始めているところです。(2015.02.24)  続きを読む

最下位転落の楽天イーグルスを三年ぐらいかけてどうにかしたいという話に

2015年から、東北楽天ゴールデンイーグルスの編成・育成データ担当となりました。(2015.02.14)  続きを読む

「平気で悪いことをやる人」がえらくなったあとで喰らうしっぺ返し

結局のところ、組織内であれお客様であれ常軌を逸した利益やあり得ないガナバンスをやろうとすると、どこか無理が来て逆回転するように世の中はできているのではないかと感じるわけであります。(2015.01.30)  続きを読む

衰退する日本のパラダイムシフトを先導するのは誰か

いわゆる「投票に行く」とパネル調査で事前に回答したり、出口調査で増大している年齢的な属性は40代前半であります。このあたりから、日本はもうこれ以上良くなることはないと、我が事として真に受け止めている最初の世代なのかもしれません。(2015.01.11)  続きを読む

タレント候補が減った理由–戦い(の見物)を終えて

「今回の選挙でお気づきの方は多かったかと思いますが、今回は与野党共に、知名度の高いタレント候補を擁立して選挙戦の目玉にするということはありませんでした。」 選挙情勢分析の側から見た、2014年衆議院議員選挙の裏側。(2014.12.25)  続きを読む

本当に大切な仕事は一人にならなければできない

最近だとライフワークバランスじゃないけど、人生に「子育て」という時間割が必要になってきました。そうなると、仕事は効率的に終わらせなければいけないし、自分の趣味の時間を捻出しないとストレスが溜まるしで、結局、睡眠時間を削って、深夜に子供が寝た後仕事をしたり、相場見たり、ゲームしたり、酒飲んで考えたり、ツイッターで他人を煽ったり、原稿を書いたり、という生活になるわけであります。時間が圧倒的に足りません。(2014.12.09)  続きを読む

辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした

「辻元さんって在日朝鮮人なんですか?」民主党・辻元清美に、山本一郎が激しくツッコミを入れる奇跡の対談がここに実現!(2014.12.01)  続きを読む

経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンらしきものを始めることにしました。

以前から、内々で有志の投資家や経営者の皆さんで集まって勉強会を不定期に開催していたのですが、このたびお声がけがありまして経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンを始めることにしました。(2014.11.27)  続きを読む

ページのトップへ