西田宗千佳×小寺信良対談 その1(全4回)

「ノマド」ってなんであんなに叩かれてんの?

ノマドしやすい「場所」をビジネスにつなげる

西田 なるほど。そこで、こういうことがしやすい場所というのをビジネスにする、それは僕、すごいアリだと思うんですよ。

小寺 「場所」の感覚ってアリですよね。英語の記事で見たんだけど、向こうのノマドは、ホテルのロビーで仕事してるっていうじゃない。一方でさ、日本はそういう状況にないじゃん、ホテルの作りが。

西田 うん。ホテルのロビーは、自分がホテルに用事がなかったら居ちゃいけない場所、ですよね。

小寺 ですよねえ。一応ね、公園と同じ公共の場所なんで居ていいってことになってるけど、なかなかね。そこで電源まで取って……ってことにはならないじゃないですか。ホテルのロビーで電源を取ったら盗電ですよね?

西田 うん、当然。日本では。

小寺 そういう法的な違いがあるから、なかなかできないというのもありますね。そういうビジネスという例では、北京に行った時に体験したんですけど、わりとそういうノマドワーカー向けの喫茶店というか、図書館と一緒になってるようなとこってけっこうあるんですね。あれ、もともとは本屋なのかな……ちょっと、正体がよくわかんないんだけど、三里屯(サンリートン)っていうちょっとオシャレな地域のすぐ近く。

学生がそこにわんさか居て、テーブルタップが床下にぐちゃーっとあって、Wi-Fiは毎日毎日パスワードが変わって、お茶を頼むとパスワードをくれるって世界。大学生たちがそこでめっちゃ宿題してるの。時折教授っぽい人も来て、学生と話したり。

西田 ほおお、なるほど。

小寺 これたぶん、環境とか物価の構造が違うということなんだろうけど、きっとみんな家に帰るよりはお店のWi-Fiのほうが速いんだと思うんだよね。

さらに向こうの人はモバイルルータって、全然持ってないんですよ。

現地在住の人から、北京は街中どこでもフリーのWi-Fiがありますからネットは不自由しないですよって聞いてたんだけど、東京みたいに歩いてればHotSpotが入るみたいなイメージかと思ったら、違うんですよ。要はパソコン広げるならお店入るだろ常考、って話。

どんな店でもたいていWi-Fiのサービスしてて、カフェもお茶一杯なんていくらもしないから、Wi-Fiのためにどんどん店が利用されるという相乗効果があるようです。お茶も頼んじゃったし、そこで30分とか1時間は居座る。そういう環境だと、もうノマドワークのほうがデフォルトなんですよね(笑)。

第二回に続く

小寺信良のメルマガ『金曜ランチボックス』vol.41「対談:Small Talk」より>

 

1 2 3

その他の記事

ビデオカメラの起動音、いる?(小寺信良)
教育にITを持ち込むということ(小寺信良)
「道具としての友人」にこそ、友情は生まれる(名越康文)
Macを外でどーすんだ問題を解決する「cheero Power Deluxe」(小寺信良)
手習いとしてのオンライン・エデュケーションのすすめ(高城剛)
人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である(甲野善紀)
池上彰とは何者なのか 「自分の意見を言わないジャーナリズム」というありかた(津田大介)
「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性(家入一真)
週刊金融日記 第279号 <ビットコインはバブルなのか、トランプvs金正恩チキンレースで米朝開戦の危機他>(藤沢数希)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
あれ、夏風邪かも? と思ったら読む話(若林理砂)
いま必要なのは「ちゃんと知ろうとする」こと(家入一真)
お悩み相談室 スナックりさちゃんへようこそ!(若林理砂)
Kindle Unlimitedのラインナップ変更は「日本への対応」不足が原因だ(西田宗千佳)
アーミテージ報告書を読み解く――日本は二等国でいいの?(やまもといちろう)

ページのトップへ