内田樹のメルマガ『大人の条件』より

メディアの死、死とメディア(その3/全3回)

生身の一人一人の人間の劇的な変化のための「場」

内田:宇沢弘文先生の「社会的共通資本」論があるでしょう。まず自然資源。海洋、湖沼、森林、大気、土壌。それから社会的インフラ、交通や通信、上下水道。それから、制度資本。医療、教育、行政、司法。そういう「社会的共通資本」は共同体の存立に不可欠なものなんだから、専門家が専門的立場からクールに管理運営しなくちゃいけない。社会的共通資本には政治的イデオロギーとマーケットは絶対に関与しちゃいけないというのが宇沢先生の考え方なんだよ。

平川:なるほど。

内田:政治イデオロギーとマーケットは変化が速いから。マーケットで行き来する商品って、本質的に規格的な生産品だから、「互換可能」でしょう。一個や二個壊れても返品効きますっていう。でも、教育や医療や司法は人間という「生もの」を扱っている。生の人間の知性や感性、身体はそれ自体非常に柔らかくて、可変的なものでしょう。壊れやすい。そういう生身の人間を対象にしている。教育の場合だと、その柔らかな存在がしだいに成熟していき、身体が強健になっていき、知性が開発されていくように支援するメカニズムでしょう。子どもって一瞬で変わるじゃない。わずかなきっかけで大化けする。

医療も同じでね。標準的な患者に標準的な治療行為をすると標準的に治癒するというようなものじゃない。個人差が大きい。治るときは奇跡的に治るし、死ぬときはたちまち死ぬ。患者自身の意思も深く関与していて、患者本人が駄目だと思ったらもう駄目だし、生きようと思うと自己治癒力が働く。

学校でもそうだよ。学生が「オレなんかどうだっていいんだ」と思えば学力は底なしに低下していく。「知的に成熟したい」と願った瞬間に爆発的なブレイクスルーが起きる。

教育も医療も、生身の一人一人の人間の劇的な変化のための「場」なんだよ。脆くて、柔らかくて、可塑性の強いものがそこでわずかな入力で、大きな変化を遂げる場だからこそ、場そのものは安定的である程度恒久的に仕組みじゃないとまずい。

平川:なるほど。

内田:政権が変わるたびに教育制度が変わる、株価が乱高下するたびに医療システムが変わるということになったら、そこで生きる人間にとってはえらい迷惑だからね。社会的共通資本の共通性格は「急激に変化してはいけない」いうことなんだよ。もちろん歴史的環境が変わるから、変化はするんだけれど、ゆっくり変わらなくてはいけない。

1 2 3 4

その他の記事

任天堂の役割は終わったのか スマホでゲーム人口拡大を受けて(やまもといちろう)
私の出張装備2016-初夏-(西田宗千佳)
デトックス視点から魚が現代人の食生活に適しているかどうかを考える(高城剛)
ネット時代に習近平が呼びかける「群衆闘争」(ふるまいよしこ)
「犯罪者を許さない社会」っておかしいんじゃないの?(家入一真)
週刊金融日記 第283号 <ショート戦略を理解する、ダイモンCEOの発言でビットコイン暴落他>(藤沢数希)
権力者とは何か(茂木健一郎)
社会システムが大きく変わる前兆としての気候変動(高城剛)
「交際最長記録は10カ月。どうしても恋人と長続きしません」(石田衣良)
アマゾンマナティを追いかけて〜赤ちゃんマナティに授乳する(川端裕人)
人間関係は人生の目的ではない <つながり至上社会>の逆説的生き残り戦略「ひとりぼっちの時間(ソロタイム)」(名越康文)
台湾から感じるグローバルな時代の小国の力(高城剛)
教科別の好き嫌いをなくすには?(陰山英男)
電気の「自炊」が当たり前の時代へむけて(高城剛)
恋愛がオワコン化する時代の不幸(紀里谷和明)

ページのトップへ