家入一真
@hbkr

家入一真×上祐史浩悩み相談(3)

うまくやろうと思わないほうがうまくいく

※この記事は、去る3月13日ロフトプラスワンにて行われた家入一真×上祐史浩『リアルお悩み相談室 vol.3』をもとに再構成したものです。全文は家入一真メールマガジン「家入学級」でご覧いただけます。

 

【質問】彼女に浮気を疑われます。その恋人と付き合っている間に何度か浮気をしてしまい、それが原因です。自分はもう浮気をするつもりはないのですが、どうすれば彼女に疑われないでしょうか?

 

上祐:実際に過去に浮気をしていのだとして、これから浮気するつもりがないんだったら、しばらく疑われた方が自分にとっては気が引き締まっていいかもしれませんね。疑われること自体を前向きにとらえてみてはどうでしょうか。

 

家入:疑われることが、自分が浮気をしない行動につながっていくってことですね。

 

上祐:ないしは、疑われること自体に、学ぶべきことがあると思いますよ。逆に。

 

【質問】東京に来て3年経つのですが、未だに慣れません。友達もいるし恵まれた生活を送っているのに、いつも自分を作って生活している気がして、精神的に不安を感じることが多いです。どうすれば肩に力が入らない生活ができるでしょうか。

 

上祐:よく見られたいと思いすぎると、肩に力が入る。それを止めた方がむしろ好感をもたれるかもしれない。そんな風に考えてやってみたら?

肩の力を抜くのって結構難しい。「肩の力抜くと不幸になるんじゃないか」と考えると少し怖いけど、一回だまされたと思ってやってみると、かえってその方がうまく生きれるってこともあるから。とらわれない方がうまくいくことを、一度でも体験してみると違いますよね。

 

家入:そうですね。肩に力が入っている自分は、本当の自分ではないって思っているんですかね。本当の自分なんてないと僕は思っていますけどね。本当の自分はもっとだらしなくてぐーたらなのに、着飾ってちゃんとしてるフリをしてる。それが疲れるんですかね。

 

上祐:そういう人もいるんでしょうね。

 

家入:一回すっぴんで裸で町歩いてみるいいですけどね。うん。周りに素の自分を見せてダメになってみるってのはありますね。

1 2 3
家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

週刊金融日記 第275号 <いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー他>(藤沢数希)
週刊金融日記 第310号【教育工学も基本は恋愛工学と同じ、米中貿易戦争勃発、目黒駅の安くて美味しい立ち飲みビストロ他】(藤沢数希)
「奏でる身体」を求めて(白川真理)
今だからこそすすめたい「カンヅメ」暮らし(高城剛)
「モザイク」は誰を守っているのか−−向こう側からは見えている(小田嶋隆&平川克美)
“B面”にうごめく未知の可能性が政治も社会も大きく変える(高城剛)
週刊金融日記 第281号 <Pythonで統計解析をはじめよう、北朝鮮ミサイル発射でビットコイン50万円突破>(藤沢数希)
Nintendo Switchの「USB PD」をチェックする(西田宗千佳)
猪子寿之の〈人類を前に進めたい〉 第6回:椅子に固定されない「身体の知性」とは何か(宇野常寛)
蕎麦を噛みしめながら太古から連なる文化に想いを馳せる(高城剛)
東京オリンピックを痛快に破壊 ――アナウンサー吉田尚記は なぜ”テロ計画” を考える?(宇野常寛)
空港の無償wifiサービス速度が教えてくれるその国の未来(高城剛)
フェイクニュースに騙されないことなど誰にもできない–心理学的メディアリテラシー考(名越康文)
実はまだいじくっている10cmフルレンジバックロード(小寺信良)
Googleの退職エントリーラッシュに見る、多国籍企業のフリーライド感(やまもといちろう)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 660円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ