家入一真
@hbkr

家入一真メールマガジン「家入学級」より

「一人でできないこと」を補う仕組み–コワーキングスペースが持つ可能性

「ウィーワーク」と日本のコワーキングの違い

アメリカに「ウィーワーク」という会社があって、そこをモデルにしたビジネスに興味があります。
https://www.wework.com

ウィーワークは、コワーキングスペースをたくさん展開している会社で、今すごい伸びている。フリーランスの人って、普段会社で働くような一体感は得られないもの。けどウィーワークはうまいこと文化を作っていて、そのスペースはフリーランスの集まりなんだけど、会社みたいな雰囲気があるんです。

ウィーワークでは、頻繁にクラブイベントを開催したり、勉強会をしたり、キャンプをしたりしている。だから関わっているみんなが仲がいい。そういう、会社という組織とは別の、新しい仕事場に合った人間関係が、アメリカでは広がっている。これからの日本のモデルにもなるんじゃないかな。

フリーランスで働いている人に、フリーランスならではの不安とか、「こういうのがあったらいいのに」という希望をツイッターで聞いたところ、やっぱり収入に関する不安が最も多く、孤独を感じている人も結構いた。逆にフリーランスが気楽だという人もいたけど、大方は寂しいと思う瞬間がある。

それから、自分だけでは処理しきれない大きい仕事が来たとき、周りにどう仕事をふったらいいかわらないという声もありました。もしフリーランスのネットワークができていたら、「これ一緒にやる奴いない?」と募集したり、仕事をふり合ったりできる。もしかしたら、互助会みたいな仕組みを作って、保険とか、福利厚生とかもまかなえるかもしれない。

ウィーワークがそこまでカバーしているかわからないけど、いずれはそういう方向に進むと思う。今まで会社が担ってきたことを会社が担えなくなるので、一人一人が寄り添い合って生きていくしかない。その仕組みをどうビジネスにするかというのに興味があります。

日本にも、コワーキングスペースはいくつもあります(※メルマガ2時間目で紹介)。それぞれいろいろなスタイルがあるけど、大事なのは適度な距離感。なかにはコワーキングスペースの人間関係に巻き込まれたくない人もいると思うし、普段は話好きな人でも一人で作業したい日だってあると思う。どんな人でも働けるコワーキングスペースが理想的ですね。一度ウィーワークスに視察に行きたいです。

 

居場所作りはネットワーキングが大事

日本のコワーキングスペースの場合、どうしても自分のブランドで孤立したがるんですよね。例えば地方に行くと、コワーキングスペースを自前でやってます、という人がいるけど、ピンで展開してもうまくいかないと思うんですよね。やっぱりコワーキングスペースはネットワークしていくビジネスなので。

日本人が独立したがる傾向は、リバ邸をやっていても感じました。とあるリバ邸が「違う名前でやりたい」と言い出して、止めなかったけど、「なんでそうなっちゃうかな」と疑問を感じた。僕もリバ邸という名前にこだわっているわけじゃないけど、そう言われたときは、「何も伝わってなかったんだな」と残念な気持ちになりました。

彼らからしてみれば、自分たちが何者でもなかったとき、リバ邸が受け入れてくれる存在だったわけです。それで救われたのだから、次へつなげていくべきないのに、ちょっと自分たちの居場所ができたら、今度は守る方向に動いてしまう。すぐに内輪意識ができてしまうというか。人って悲しいなと思います。居場所ができた途端、自分に居場所がなかった頃のことを忘れてしまうんですよね。

僕はキメラで雇用関係のサービスを作っているけど、コワーキングスペースやフリーランスの働き方についてもすごく考える。相反することではないと思っています。会社という形態はこれからも引き続き必要なものです。でも、そこからあふれる人がこれから増えていくのは明確。望んでフリーランスになるならいいけど、望まずにフリーランスとか非正規雇用になってしまう人については、解決していかなくてはいけない。

採用や雇用についての事業と、フリーランスの人たちの居場所を作る事業は、むしろ両方やって行くべきなんですよね。

<この記事は家入一真メールマガジン「家入学級」Vol.47(2015年10月6日発行)からの抜粋です。続きは下記メールマガジンをご購読してご覧ください!>

 

家入一真メールマガジン「家入学級

30Vol.47(2015年10月6日発行)目次

1時間目:今日の授業「コワーキングスペースから見る居場所作り」
2時間目:日本のコワーキングスペース例
3時間目:「深夜のお悩み相談」一問一答
4時間目:メディア情報・活動予定/学級日誌/次号予告

ieiri

家入一真
1978年生まれ。起業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。

その他の記事

五月病の正体 「どうせ……」というくせものキーワード(名越康文)
わずか6ページの『アンパンマン』(津田大介)
「GOEMON」クランクインに至るまでの話(紀里谷和明)
インタラクションデザイン時代の到来ーー Appleの新製品にみる「オレンジよりオレンジ味」の革命(西田宗千佳)
名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?(名越康文)
思考実験のための『もし、トランプさんが米大統領になったら』(やまもといちろう)
世界60か国で定額通信を実現する「Skyroam Hotspot」を試す(西田宗千佳)
言われてみれば、いろいろとお騒がせしております(やまもといちろう)
「すぐやる自分」になるために必要なこと(名越康文)
就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる(小寺信良)
「認知症」自動車事故とマスコミ報道(やまもといちろう)
夏の京都で考える日本の「失われた150年」(高城剛)
「プログラマー的思考回路」が人生を変える(家入一真)
成功を導くのは、誰からも評価されない「助走期間」だ–天才を育む「ひとりぼっちの時間」(ソロタイム)(名越康文)
iPad Proは何をどうしようとしているのか(小寺信良)
家入一真のメールマガジン
「家入学級」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第1,第3火曜日配信予定)

ページのトップへ