やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より

某既婚女性板関連でいきなり情報開示請求が来た件


 「そういえば、そんな話もあったなあ」という案件なんですが、2ちゃんねるの名物板に既婚女性板というのがありまして、私自身は2ちゃんねるは読まないし書き込まないので何が起きているのかまったく知らないんですよ。たまにアルファルファモザイクなど2ちゃんねる系まとめサイトを見るぐらいなんですが、それらは主になんでも実況方面のアンテナ経由か、Twitterで記事のお知らせが流れてきたときに読む程度で、あんまり関わりがないわけです。

 で、2014年ごろに既婚女性板である事件の首謀者に関する情報が流れたようで、これの特定が既婚女性板で行われたという話になっておりました。そういう話があったようには耳にしていましたが、私は知らなかったです。見物にいったんですが、いまはもう削除をされているのか、この話は外側からはリアルタイムでは見られない状況になっているようです。アーカイブに一部残ってましたが、あんまたいした話は書かれてませんでした。が、そこでその逮捕された首謀者と実際に問題に携わった関係者の話をこの既婚女性板に書いた人物がいたようです。しかもその相当程度が事実であり、問題だということで、その匿名の書き込みをした人に対して、まず名誉毀損か何かで首謀者と関係者が雇った代理人に発信者情報の開示請求がなされ、どうもいま裁判になっておるようです。

 その公判の最中に、訴えられた既婚女性板の匿名書き込み者が私のメルマガでヒントを得て調べたと主張をしたようです。読み返してみますと、確かに当時のことを私自身はこのメルマガで若干の憶測や推論も挟みつつ触れています。当然のことながら、私はその首謀者も関係者もある程度存じ上げておりますので、本件に限らず記事を書くにあたっては事実関係をそれなりに知っています。だからこそ、問題だと思ってメルマガで記事にしたわけなんですけれども、そこの話で一連の事件の首謀者についてピンときた匿名書き込み者が2ちゃんねるの既婚女性板でこれを暴き、ネットに晒してしまって裁判になっているということであります。

 その匿名の書き込み者については、私個人は彼を知りません。彼の所属している出版社は存じ上げておりますが、知らないものは知らないんですよね。ただ、どうもその首謀者の代理人が言うには、私が彼に情報を漏らし、その彼が2ちゃんねるに書き込みをしたので、結果として隠しておきたかった事実が2ちゃんねるに書かれ、だから損害の一部を私に払えと言いたいのだろうと理解しました。私が彼に「書け」と要請したと言わんばかりなので、それは違いますよ、と。

 それもあって、私の代理人が先方の代理人と面談して、またその先方の代理人が界隈ではそれなりに知られた事務所に所属の人なのでいろいろあるんでしょうが、その場で、あの件もある、この件はどうだ、と複数にまたがって「相談」をされたようです。何だろうと思うわけですが、この有料メルマガで読まれたことを、読者の方が知見として持たれ、ご自身で追加調査するなどしてどこかで発表することは、黙認といいますか仕方のないことだと思っております。私にできないことをされているわけですから、それはそれで世の中のためになるのであれば良いのではないでしょうか。私も不確かなものを見解として書くこともありますし、補足して調べていただける方がいらっしゃるのであれば、それはそれで良いと思ってます。

 私としては、メルマガで皆様からお金を頂戴して儲けるというよりは、欲求としてもっともっと世の中のことを知りたいという気持ちが強いのです。まず、自分自身が興味を持ったことについてより深く事実関係を知りたいだけです。その物事を知っていく中で、いろんなことを感じ、考え、見解をまとめていく作業がメルマガの原稿書きだったり、ブログやヤフーニュース個人などでの記事執筆という副産物になっている感じです。

 なので、代理人を通して先方に「私はメルマガ読者からいただくお金以外で誰かから依頼されて銭を頂戴したことなどないし、何かを書くにあたって先方から謝礼めいたものを貰うことはない」と伝えたところ、たいそうビックリしていたそうなんですよね。総会屋か何かだと思ったのかもしれませんけど、正直そんな後ろめたい感じのはした金を貰って物事を進めることは私にとって不必要なことです。

 違う角度から申し上げるならば、先方の著名な事務所から来た代理人の方は、その手の方面からあまりよろしくない報酬を受け取る窓口業務をする機会があるのかもしれません。世の中にはいろんなタイプの商売があることは、私もよく承知しています。ただ、物事を知りたいという気持ちは私にとっては神から授かった善たる気持ちだと思っておりますので、あんまり誰かからあーだこーだ言われても気にならないし、自分は知りたいと思ったことを調べていくだけです。

 一方で、訴えられた匿名の書き込み者についても、別に私のほうから「なんてことしてくれたんだ」的なことを申し上げるつもりもありません。この事件に興味がある中で、メルマガで私が書いた内容を知り、追加して調べたらいろいろ分かったので、いてもたってもいられなくなって、とはいえ自分の地位や仕事を晒して暴露するわけにもいかないので、2ちゃんねるを活用したのでしょう。勤め人としての気持ちは痛いほど分かります。次から何かなさるときは、もう少し身バレしない方法を会得されてから丁寧慎重にやられることを願う次第です。

 

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」

Vol.152 世間はゴールデンウィークですがなぜか某既婚女性板関連でいきなり情報開示請求が来たりして楽しい日々です
2016年4月29日発行号 目次
187A8796sm

【0. 序文】某既婚女性板関連でいきなり情報開示請求が来た件
【1. インシデント1】「教育経済学」の価値と、子供への弊害
【2. インシデント2】例の広島サッカースタジアム関連で微妙な話が多数
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A

やまもといちろうメールマガジン「人間迷路」のご購読はこちらから

やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

年末年始、若い人の年上への関わり方の変化で興味深いこと(やまもといちろう)
本当の知性を育む「問いへの感度を高める読書」(岩崎夏海)
上野千鶴子問題と、いまを生きる我らの時代に(やまもといちろう)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
週刊金融日記 第265号 <日本社会で多夫一妻制が急激に進行していた 他>(藤沢数希)
「ラスト・ナイツ」ついに公開ーー苦労そのものに喜びがある(紀里谷和明)
週刊金融日記 第276号 <ビットコインは本当に世界を変えるかもしれんね他>(藤沢数希)
近年の大ヒット映画に見る「作り方」の発明(岩崎夏海)
「民進党代表選」期待と埋没が織りなす状況について(やまもといちろう)
「見るだけ」の製品から「作ること」ができる製品の時代へ(高城剛)
フリック入力が苦手でもモバイル執筆が可能に! ローマ字入力アプリ「アルテ on Mozc」(小寺信良)
名越先生、ゲームをやりすぎると心に悪影響はありますか?(名越康文)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
11月に降り積もる東京の雪を見ながら(高城剛)
権力者とは何か(茂木健一郎)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ