高城剛メルマガ「高城未来研究所「Future Report」」より

バーゲンプライスが正価に戻りその真価が問われる沖縄

高城未来研究所【Future Report】Vol.459(2020年4月3日発行)より

今週も、那覇にいます。

数日間東京に戻り、仕事道具を整え、オンラインでは難しいご年配の方々との打ち合わせを終え、再び沖縄に戻りました。
気がつくと、この1ヶ月近く、大半の時間を那覇を中心に過ごしています。

沖縄は、この二週間ほどで季節がガラリと移り変わり、都市部を離れると大地に咲く花模様や風が変わったことに気がつきます。
若葉が一斉に芽を吹き、草花は彩りを増して、大地を潤していく。
沖縄では、この美しい時期を「うりずん」と呼びます。

「うりずん」は、3月から4月(旧暦の2〜3月)にかけ、冬が終わり、大地に潤いが増してくる時期のことで、その語源は「潤い初め(うるおいぞめ)」から来てると言われますが、いわゆる春とも違い、南国ならではの季節感を実感しています。

しかし、5月頭にはもう梅雨入りしてしまうこともあって、爽快な「うりずん」を楽しめるのは、そう長い期間ではありません。
それゆえ、いつもなら短い「うりずん」の時期を沖縄の人々はたっぷり楽しむのですが、新型コロナの影響、というより、観光バブル崩壊に直面するいま、気分は爽快とは言えない様子がうかがえます。

思い起こせば、僕が沖縄観光振興プロジェクトのため、年間100回を超えるほど訪れたのは、2003年に小泉内閣が訪日外国人1000万人を目指すと高らかに声を上げた年でしたが、当時、その目標は果てしない夢のように感じていたのを記憶しています。
ところが2013年、第二次安倍内閣の金融緩和と円安政策により、日本中がバーゲンプライスになって土地も株も土産物も外国人に叩き売られ、訪日外国人も1000万人を超えるようになりました。
結果、ホテルが濫造され、民泊もなし崩し的に解禁。
こうして観光バブルだけならず、株価や不動産、そしてストリートファッションまで、日本中が「外国人依存」になってしまったのです。

しかし、実際はなにかを生み出したわけではなく、いままであったものを単にバーゲンプライス(もしくは「店じまい価格)」で提供していただけに過ぎず、為替や外交に左右される極めて脆弱なビジネスが、近年のバブルの正体でした。

現在、沖縄中部から北部にかけてできた新興ホテルのなかには、この4月5月全館休館にするところも少なくありません。
本来は「うりずん」の過ごしやすいシーズンをめがけ、春休みからGWの稼ぎどきでもあったはずですが、観光ハブで受け入れのボトルネックだった那覇が閑散としていれば、中部や北部に人が押し寄せるわけがありません。

テレワークにより、本来必要な人とそうでない人の差が浮き出ているように、新型コロナウィルスは、まるで鏡のように「外国人依存」だった浮き足だったビジネスを映し出しているように見えます。

今後、バーゲンプライスが正価に戻った時、再び海外ゲストはこの地を訪れ、多くの商品を購入するものなのでしょうか?

真価が問われるまで、そう遠くないと感じる、「うりずん」の沖縄です。
 

高城未来研究所「Future Report」

Vol.459 2020年4月3日発行

■目次
1. 近況
2. 世界の俯瞰図
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ
4. 「病」との対話
5. 身体と意識
6. Q&Aコーナー
7. 連載のお知らせ

23高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けする「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

高城剛
1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。

その他の記事

「実現可能な対案」としての『東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』(宇野常寛)
「スターウォーズ」を占星術でひもとく(鏡リュウジ)
明石市長・泉房穂さんが燃えた件で(やまもといちろう)
中国からの観光客をひきつける那覇の「ユルさ」(高城剛)
「今の技術」はすぐそこにある(西田宗千佳)
「骨伝導」のレベルが違う、「TREKZ AIR」を試す(小寺信良)
大麻ビジネス最前線のカナダを訪れる(高城剛)
米豪だけでなく日露も導入を見送る中国通信機器大手問題(やまもといちろう)
「身の丈」萩生田光一文部科学相の失言が文科行政に問いかけるもの(やまもといちろう)
世界中の未来都市を訪れて気付いた良い街づくりの必要条件(高城剛)
クラウドの時代、拠点はシリコンバレーからシアトルへと移り変わるのか(高城剛)
『寄生獣・完結編』の思わぬ副産物/『幕が上がる』は和製インターステラーだ!ほか(切通理作)
ブロッキング議論の本戦が始まりそうなので、簡単に概略と推移を予想する(やまもといちろう)
追悼・鶴ひろみさん/再生の水の秘密を知る少女=ブルマとともに(武田梵声)
暗い気分で下す決断は百パーセント間違っている(名越康文)
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ