経営者としての決断、父親としての苦悩

父親が次男に事業を継がせた深~い理由

泣き崩れた父親

ただ、それ以上に悩ましいのは貴殿が納得できていないこと、自分が軽視されたと誤解をしていることです。もし、貴殿を本当にお父様が評価せず、人間として嫌いで、まったく財産の分与をしたくないという話であれば、会社から放逐してもおかしくないですし、それ以上に、会社の株式どころかお金も不動産も相続放棄するよう求めてくると思います。

しかし、そうはしなかった。理由は、単純に仕事をより安定たらしめるために、貴殿の弟さんの能力がお父様ご自身や社内・取引先等の風評を客観的に見て高いと判断され、また、相続をする兄弟姉妹間で株式が分割されてしまうと企業は簡単に崩壊してしまう可能性があるということで、考え抜かれた結果だろうと思われるのです。

私の友人に、やや貴殿と境遇は似ていますが、兄弟が父親の会社を手伝って入社していました。私は兄弟とも知っていましたけれども、やはり創業者である父親が、次男坊を社長にするという決断を下して長男を干す決定をしました。その後、約半年してから、長男は心を病んで辞職、その翌日に自殺をしてしまったわけですね。

お通夜は参席できませんでしたが、告別式での父親の態度は周囲の冷たい目線にもかかわらず堂々としたものでした。ある意味で、自分の子供の自殺を促した引き金を引いたことになる父親として、反省をしたそぶりも見せないというのはやはり冷酷に見えます。事情は社内はおろか周辺にも知れ渡っていますから、あの人は昔から営業や取引に関しては鬼やったからなーみたいな話を口々にしていたものです。

それから数年経ちまして、社長を継いだ次男氏が結婚をするということで披露宴に呼ばれました。そこで、会長に退いていた父親が、並み居る参列者の前で泣き崩れるわけですよ。自殺した長男がこの場にいないのは誠に嘆かわしいことだ、という呻き泣きをされまして。自殺後は、丁寧に未亡人やお孫さんを父親が面倒見ていたそうですが、まったく想像がつかなかったことに、毎朝毎晩、自殺した長男のことを思って男泣きに泣いていたそうです。

そこには、親子としての情や、年の長幼の重みとは別のところで、事業や組織としてのあり方や、稼ぎ方といった、その人の能力でしか語れない部分もあります。長男か次男かを斟酌してなお、次男に己の築き上げた事業を譲り渡す決断をするというのは、男として、本気で悩み、逡巡し、躊躇した結果だと思うのです。そして、その決断をし、内容を貴殿に伝えると言うのは、文字通り断腸の思いもあったでしょう。

1 2 3
やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

ハロウィン:あの世とこの世の境界線が曖昧になるとき(鏡リュウジ)
津田大介×石田衣良 対談<前編>:メルマガは「アナログ」なメディアである(津田大介)
成宮寛貴友人A氏のブログの話(やまもといちろう)
身体に響く音の道――音の先、音の跡(平尾文)
ウェブフォントを広めたい・ふたたび(西田宗千佳)
『ご依頼の件』星新一著(Sugar)
人間にとって自然な感情としての「差別」(甲野善紀)
新卒一括採用には反対! 茂木健一郎さんに共感(家入一真)
「プログラマー的思考回路」が人生を変える(家入一真)
AlphaGoから考える「人とAIの関係」(西田宗千佳)
「Kindle Unlimited」日本上陸でなにが起きるのか(西田宗千佳)
驚き呆れるしかないセイシェルの変貌ぶり(高城剛)
「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦(やまもといちろう)
リアルな経済効果を生んだ「けものフレンズ」、そして動物園のジレンマは続く(川端裕人)
花盛りとなるステマ関連が見せる地獄の釜の淵(やまもといちろう)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ