茂木健一郎
@kenichiromogi

メルマガ『樹下の微睡み』より

僕が今大学生(就活生)だったら何を勉強するか

食いっぱぐれないために

おそらく今の日本の若者たちがなかなか自信を持てないのは、「これがあれば食べていける」というものが無いです。

昔は「手に職」といって、職人さんになれば一生食いっぱぐれがないと言われていましたけれども、現代において、既存の企業に頼らずに生きていくのに、一番必要な技術はITだと思います。

それなのに、それを身につけようとする若者が少ない(もちろん昔に比べてば増えていると思いますが、まだまだ少ないという意味です)ということが、日本の実はもっとも根深い問題だとも言えます。

もっと自信がつくと思うんですよ。自分でサイトやアプリが作れるようになれば。

例えば、この「サトナカ」のクッキーにしても、インターネットで売っているから全国から注文が来るわけです。要するに、どんなに地方にいても、どんなものでも、イノベーションさえ起こせれば、それをインターネットに載せることで世界中を相手に発信することができる。

[caption id="attachment_2167" align="alignnone" width="189"] サトナカのクッキー、実物![/caption]

現代では、インターネットというものを使いこなせるようになったとき、その人は大変な自由を手にすることができるんです。

マルクス的な言い方をすれば、生産手段を自分で持つということ。資本家になれるということです。

「理系だから」とか「IT企業に入りたいから」といった理由でネットの勉強をする時代ではありません。一人の人間が自由になるために、ある意味では現代人の素養としてみんながITの勉強をするべき時代だと思います。

 

<この文章は茂木健一郎のメルマガ『樹下の微睡み』より抜粋したものです。もしご興味を持っていただけましたら、ぜひご購読ください>

1 2 3
茂木健一郎
脳科学者。1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、文藝評論、美術評論などにも取り組む。2006年1月~2010年3月、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』キャスター。『脳と仮想』(小林秀雄賞)、『今、ここからすべての場所へ』(桑原武夫学芸賞)、『脳とクオリア』、『生きて死ぬ私』など著書多数。

その他の記事

やっと日本にきた「Spotify」。その特徴はなにか(西田宗千佳)
検査装置を身にまとう(本田雅一)
衰退する日本のパラダイムシフトを先導するのは誰か(やまもといちろう)
「親しみの空気」のない論争は不毛です(名越康文)
無意識の領域へアクセスするあたらしい旅路のはじまり(高城剛)
なぜアップルのユーザーサポートは「絶賛」と「批判」の両極の評価を受けるのか(西田宗千佳)
ソニーが新しい時代に向けて打つ戦略的な第一手(本田雅一)
「銀の弾丸」も「必勝の奇策」も世の中にはない(やまもといちろう)
「iPhoneの発売日に行列ができました」がトップニュースになる理由(西田宗千佳)
日本が世界に誇るべき観光資源、温泉について(高城剛)
「定額制コンテンツサービス」での収益還元はどうなっているのか(西田宗千佳)
川端裕人×オランウータン研究者・久世濃子さん<ヒトに近くて遠い生き物、「オランウータン」を追いかけて >第1回(川端裕人)
オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)(川端裕人)
テクノロジーの成熟がもたらす「あたらしいバランス」(高城剛)
見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
茂木健一郎のメールマガジン
「樹下の微睡み」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定) 「英語塾」を原則毎日発行

ページのトップへ