名越康文
@nakoshiyasufumi

仕事、家庭、社会……すべてを読み解くカギは心にある!

名越康文メールマガジン「生きるための対話」紹介動画

皆さんこんにちは、名越康文です。

メルマガをはじめて1年半になるんですが、だんだんとこのメルマガの核となるものが見えてきた気がしています。それは、心とは何か。自分自身と心の関係はどうなっているのかということに集約されます。

そこから、会社での仕事、あるいは友人関係、結婚、子育、政治、経済……。あるいは人生というものをどうとらえていくかという大きな問い。それらについて、心理学的に読み解くことが意外に有効だということに、メルマガを書き連ねていくなかで、僕自身が気づいてきました。

手前味噌ですが、僕の思索の息遣いがつまっている毎号毎号となっております。(続きは動画で)

名越康文

 

[embed]http://youtu.be/4Vx720nXA8A[/embed]

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

前川喜平という文部科学省前事務次官奇譚(やまもといちろう)
タバコ問題を考えなおす(川端裕人)
ママのLINE、大丈夫?(小寺信良)
伸びる人は「2週間1単位」で生活習慣を整える(名越康文)
楽天イーグルス戦略アドバイザーとしての初陣は無念の惜敗でした(やまもといちろう)
まだ春には遠いニュージーランドでスマホ開発の終焉とドローンのこれからを考える(高城剛)
これからのクリエーターに必要なのは異なる二つの世界を行き来すること(岩崎夏海)
「10年の出会い、積み重ねの先」〜日本唯一のホースクリニシャン宮田朋典氏による特別寄稿(甲野善紀)
東大生でもわかる「整形が一般的にならない理由」(岩崎夏海)
「負けを誰かに押し付ける」地方から見た日本社会撤退戦(やまもといちろう)
幻の鳥・ドードーの来日説を裏づける『オランダ商館長の日記』(川端裕人)
夜間飛行が卓球DVDを出すまでの一部始終(第2回)(夜間飛行編集部)
復路の哲学–されど、語るに足る人生(平川克美)
個人情報保護法と越境データ問題 ―鈴木正朝先生に聞く(津田大介)
IoTが進めばあらゆるモノにSIMの搭載される時代がやってくる(高城剛)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ