名越康文
@nakoshiyasufumi

仕事、家庭、社会……すべてを読み解くカギは心にある!

名越康文メールマガジン「生きるための対話」紹介動画

皆さんこんにちは、名越康文です。

メルマガをはじめて1年半になるんですが、だんだんとこのメルマガの核となるものが見えてきた気がしています。それは、心とは何か。自分自身と心の関係はどうなっているのかということに集約されます。

そこから、会社での仕事、あるいは友人関係、結婚、子育、政治、経済……。あるいは人生というものをどうとらえていくかという大きな問い。それらについて、心理学的に読み解くことが意外に有効だということに、メルマガを書き連ねていくなかで、僕自身が気づいてきました。

手前味噌ですが、僕の思索の息遣いがつまっている毎号毎号となっております。(続きは動画で)

名越康文

 

[embed]http://youtu.be/4Vx720nXA8A[/embed]

名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

ウェブ放送&生放送「脱ニコニコ動画」元年(やまもといちろう)
「最近面白くなくなった」と言われてしまうテレビの現場から(やまもといちろう)
今週の動画「飇拳(ヒョウケン)」(甲野善紀)
もし朝日新聞社が年俸制で記者がばんばん転職する会社だったら(城繁幸)
移動速度とアイデアは比例するかを考える(高城剛)
「どうでもいいじゃん」と言えない社会は息苦しい(紀里谷和明)
違憲PTAは変えられるか(小寺信良)
旅行需要急増でのんびり楽しめる時間が残り少なくなりつつある南の島々(高城剛)
言語を問うことの意味(甲野善紀)
知的好奇心の受け皿としての「私塾」の可能性(名越康文)
女の体を、脅すな<生理用ナプキンの真実>(若林理砂)
「春のイライラ」東洋医学の力で解消しよう!(若林理砂)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
ゆとり世代がブラック企業を育んだ(岩崎夏海)
「疑う力」を失った現代人(名越康文)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 540円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ