岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その12)

心のストッパーを外す方法

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

岩崎夏海の競争考(その12)心のストッパーを外す方法

 

勝利するためには、心のストッパーを外さなければならない。

なぜなら、心のストッパーは「自分が敗北すること」を望むからだ。
敗北を望んでいれば、負けても心が傷つかない。なにしろ、初めから負けを望ん
でいるのだから。
心が傷つくことを怖れ、人は負けることを望む。しかし、そうして負けを望んで
いると、本当に負けるようになる。力が出なくなったり、実力が身につかなくなっ
たりするのだ。

本物の勝利――全てを兼ね備えた勝利を得るためには、そんな「心のストッパー」
を外す必要がある。その方法として、有効なものが一つある。
今回は、その心のストッパーを外すための有効な方法をご紹介したい。

 

1 2 3
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

オランウータンの森を訪ねて~ボルネオ島ダナムバレイ(1)(川端裕人)
「見て見て!」ではいずれ通用しなくなる–クリエイターの理想としての「高倉健」(紀里谷和明)
学歴はあとから効いてくる?ーぼくは反知性主義的な場所で育った(岩崎夏海)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
教育としての看取り–グリーフワークの可能性(名越康文)
1980年代とフルシチョフ(岩崎夏海)
私の出張装備2016-初夏-(西田宗千佳)
「近頃の新入社員は主体性に欠ける」と感じる本当の理由(名越康文)
「先生」と呼ぶか、「さん」と呼ぶか(甲野善紀)
出力してこそ、入力は正しく消化される(高城剛)
資本主義の「貪欲さ」から逃げるように拡散するエッジ・ブルックリンの本当の魅力(高城剛)
結婚はむしろコスパサイコー!? ほとんどの若者が理解していない賢い老後の備え方(岩崎夏海)
本当の才能は「何かに没頭した時間」が育ててくれる(名越康文)
ヘヤカツで本当に人生は変わるか?(夜間飛行編集部)
統計学は万能ではない–ユングが抱えた<臨床医>としての葛藤(鏡リュウジ)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ