岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その12)

心のストッパーを外す方法

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

岩崎夏海の競争考(その12)心のストッパーを外す方法

 

勝利するためには、心のストッパーを外さなければならない。

なぜなら、心のストッパーは「自分が敗北すること」を望むからだ。
敗北を望んでいれば、負けても心が傷つかない。なにしろ、初めから負けを望ん
でいるのだから。
心が傷つくことを怖れ、人は負けることを望む。しかし、そうして負けを望んで
いると、本当に負けるようになる。力が出なくなったり、実力が身につかなくなっ
たりするのだ。

本物の勝利――全てを兼ね備えた勝利を得るためには、そんな「心のストッパー」
を外す必要がある。その方法として、有効なものが一つある。
今回は、その心のストッパーを外すための有効な方法をご紹介したい。

 

1 2 3
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

恋愛がオワコン化する時代の不幸(紀里谷和明)
「わからない」という断念から新しい生き方を生み出していく(甲野善紀)
「スターウォーズ」を占星術でひもとく(鏡リュウジ)
何でもできる若い時代だから言えていたこと(やまもといちろう)
3.11、iPS誤報問題で変わる、科学とのかかわり方(津田大介)
中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
権力者とは何か(茂木健一郎)
グローバル化にぶれないアフリカのエッジの象徴としてのエチオピア時間(高城剛)
「相場下落」の冬支度、なのか(やまもといちろう)
いま必要なのは「ちゃんと知ろうとする」こと(家入一真)
歴史上もっとも幸運にめぐまれたある駆逐艦の話(甲野善紀)
「ブラック企業」という秀逸なネーミングに隠された不都合な真実(城繁幸)
「反日デモ」はメディアでどう報じられ、伝わったか(津田大介)
驚き呆れるしかないセイシェルの変貌ぶり(高城剛)
「科学的」と言われることは「現在のひとつの見方」にしか過ぎない(高城剛)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ