岩崎夏海
@huckleberry2008

岩崎夏海の競争考(その12)

心のストッパーを外す方法

※「競争考」はメルマガ「ハックルベリーに会いに行く」で連載中です!

岩崎夏海の競争考(その12)心のストッパーを外す方法

 

勝利するためには、心のストッパーを外さなければならない。

なぜなら、心のストッパーは「自分が敗北すること」を望むからだ。
敗北を望んでいれば、負けても心が傷つかない。なにしろ、初めから負けを望ん
でいるのだから。
心が傷つくことを怖れ、人は負けることを望む。しかし、そうして負けを望んで
いると、本当に負けるようになる。力が出なくなったり、実力が身につかなくなっ
たりするのだ。

本物の勝利――全てを兼ね備えた勝利を得るためには、そんな「心のストッパー」
を外す必要がある。その方法として、有効なものが一つある。
今回は、その心のストッパーを外すための有効な方法をご紹介したい。

 

1 2 3
岩崎夏海
1968年生。東京都日野市出身。 東京芸術大学建築科卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、主にバラエティ番組の制作に参加。その後AKB48のプロデュースなどにも携わる。 2009年12月、初めての出版作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(累計273万部)を著す。近著に自身が代表を務める「部屋を考える会」著「部屋を活かせば人生が変わる」(累計3万部)などがある。

その他の記事

クラウドの「容量無制限」はなぜ破綻するのか(西田宗千佳)
やっと出会えた理想のUSBケーブル(西田宗千佳)
安倍昭恵女史と例の「愛国小学校」学校法人の件(やまもといちろう)
カップ焼きそばからエリアマーケティングを考える(西田宗千佳)
人生における「老後」には意味があるのでしょうか?(石田衣良)
『風の谷のナウシカ』宮崎駿著(名越康文)
苦手を克服する(岩崎夏海)
「常識」の呪縛から解き放たれるために(甲野善紀)
幻の絶滅鳥類ドードーが「17世紀の日本に来ていた」という説は本当なのか(川端裕人)
「平気で悪いことをやる人」がえらくなったあとで喰らうしっぺ返し(やまもといちろう)
11月に降り積もる東京の雪を見ながら(高城剛)
YouTube広告問題とアドフラウド(やまもといちろう)
食品添加物を怖がる前に考えておきたいこと(若林理砂)
「爆買いエフェクト」と沖縄が抱えるジレンマ(高城剛)
「心の速度を落とす」ということ(平尾剛)
岩崎夏海のメールマガジン
「ハックルベリーに会いに行く」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 基本的に平日毎日

ページのトップへ