切通理作
@risaku

切通理作メールマガジン「映画の友よ」2015年04月24 日Vol.030巻頭告知

『寄生獣・完結編』の思わぬ副産物/『幕が上がる』は和製インターステラーだ!ほか

※切通理作メルマガ「映画の友よ」2015年4月24日号巻頭言

kisei

 

映画『寄生獣』公式サイトより

 

発行日の翌日、25日から公開開始の『寄生獣・完結編』のレビューから始まり、既に名作との評価も高い『幕が上がる』の「映画の友よ」的解釈、そしてポルノに限らず映画でも永遠の課題になっていた男女の性のズレについて、ひとつの答を与えられたドキュメンタリー映画『すいっちん バイブ新世紀』について書きました。

イチオシ映画としては、いまの「時代」にとって必要だと思える作品であると同時に、スクリーンを通して登場人物と相対することの醍醐味を捉え直させてくれた、福岡芳穂監督『正しく生きる』について論考いたしました。

『正しく生きる』については脚本家/映画製作者である青島武さん、『すいっちん』については漫画家/小説家の内田春菊さんの、それぞれの監督との上映後トークからも大きな示唆を得ました。文中でも具体的に触れさせて頂きましたが、改めて感謝いたします。

連載陣では、後藤健児さんがずっと追いかけてきた白石晃士監督の集大成ともいえる『コワすぎ!』最終章について、小佳透子さんがスタトレの新生カークを演じたクリス・パインの魅力をあますところなく語り尽くす、いずれも大変力作の論稿となっております。

いつもながら、連載陣の素晴らしさは、このメルマガにはもったいない!と思います。

 

 

切通理作のメールマガジン「映画の友よ

今週の目次

[00] 巻頭告知
[01] 今週の目次
[02] 『寄生獣・完結編』の思わぬ副産物
[03] 連載寄稿・カセット館長の映画レビュー 筆・後藤健児
映画の狂気は何よりも深く…『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』
[04] 連載寄稿・眼福女子の俳優論 筆・小佳透子
聡明なやんちゃさ~クリス・パインの魅力
[05] 不定期連載セクシー・ダイナマイト 映画『すいっちん バイブ新世紀』で女の性感・男の性欲のズレが明らかに!
[06] 『幕が上がる』は和製インターステラーだ!
[07]イチオシ映画『正しく生きる』 画面の登場人物に対して前のめりになる瞬間
[08]あとがき

 
31「新しい日本映画を全部見ます」。一週間以上の期間、昼から夜まで公開が予定されている実写の劇映画はすべて見て、批評します。アニメやドキュメンタリー、レイトショーで上映される作品なども「これは」と思ったら見に行きます。キネマ旬報ベストテン、映画秘宝ベストテン、日本映画プロフェッショナル大賞の現役審査員であり、過去には映画芸術ベストテン、毎日コンクールドキュメンタリー部門、大藤信郎賞(アニメ映画)、サンダンス映画祭アジア部門日本選考、東京財団アニメ批評コンテスト等で審査員を務めてきた筆者が、日々追いかける映画について本音で配信。基準のよくわからない星取り表などではなく、その映画が何を求める人に必要とされているかを明快に示します。「この映画に関わった人と会いたい」「この人と映画の話をしたい!」と思ったら、無鉄砲に出かけていきます。普段から特撮やピンク映画の連載を持ち、趣味としても大好きなので、古今東西の特撮映画の醍醐味をひもとく連載『特撮黙示録1954-2014』や、クールな美女子に会いに行っちゃう『セクシー・ダイナマイト』等の記事も強引に展開させていきます。

【 料金(税込) 】 648円 / 月
【 発行周期 】 月2回配信(第2,4金曜日配信予定)

登録から1か月は無料! ご登録・詳細は↓↓↓こちら!

http://yakan-hiko.com/risaku.html

切通理作
1964年東京都生まれ。文化批評。編集者を経て1993年『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』で著作デビュー。批評集として『お前がセカイを殺したいなら』『ある朝、セカイは死んでいた』『情緒論~セカイをそのまま見るということ』で映画、コミック、音楽、文学、社会問題とジャンルをクロスオーバーした<セカイ>三部作を成す。『宮崎駿の<世界>』でサントリー学芸賞受賞。続いて『山田洋次の〈世界〉 幻風景を追って』を刊行。「キネマ旬報」「映画秘宝」「映画芸術」等に映画・テレビドラマ評や映画人への取材記事、「文学界」「群像」等に文芸批評を執筆。「朝日新聞」「毎日新聞」「日本経済新聞」「産経新聞」「週刊朝日」「週刊文春」「中央公論」などで時評・書評・コラムを執筆。特撮・アニメについての執筆も多く「東映ヒーローMAX」「ハイパーホビー」「特撮ニュータイプ」等で執筆。『地球はウルトラマンの星』『特撮黙示録』『ぼくの命を救ってくれなかったエヴァへ』等の著書・編著もある。

その他の記事

『もののあはれ』の実装は可能か(宇野常寛)
自分の心を4色に分ける——苦手な人とうまくつきあう方法(名越康文)
「政治メディア」はコンテンツかプラットフォームか(津田大介)
見た目はエントリープラグ? 驚異の立ち乗りロケット「ティコ・ブラーエ」を見てきました(川端裕人)
人事制度で解く「明智光秀謀反の謎」(城繁幸)
村上春樹を読む:世界的な評価を受ける作家の共通点(内田樹&平川克美)
変化のベクトル、未来のコンパス~MIT石井裕教授インタビュー 後編(小山龍介)
日本が抱える現在の問題の鍵はネアンデルタール人の遺伝子にある?(高城剛)
動物園の新たな役割は「コミュニティ作り」かもしれない(川端裕人)
4K本放送はCMスキップ、録画禁止に?(小寺信良)
「逃げる」というのは「努力しない」ということじゃないよ(家入一真)
就活生へあまりアテにならないアドバイスをしてみる(小寺信良)
DJ用コントローラを作りながら電気自動車を自作する未来を夢見る(高城剛)
除湿、食事、温灸……梅雨時のカラダ管理、してますか?(若林理砂)
「奏でる身体」を求めて(白川真理)
切通理作のメールマガジン
「映画の友よ」

[料金(税込)] 648円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回配信(第2,4金曜日配信予定)

ページのトップへ