紀里谷和明
@kazuaki_kiriya

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER」より

いつか著作権を廃止にしないといけない日がくる

00d51f678e77c120489e68ea19cbd822_s

「東京五輪エンブレム問題」について

――新国立競技場の改修費騒動が未だに残るなか、続いて東京五輪の公式エンブレムに盗作疑惑が浮上。これはデザイナーの佐野研二郎氏が手掛けたエンブレムとベルギーのリエージュ劇場のロゴが似ているとの指摘を受けている問題だが、両者の言い分は真っ向から対立。このまま解決策は見えてくるのだろうか。

まずエンブレムの話の前に、俺は危険だなと思っていることがあって。それは、みんながあまりにも叩き過ぎ。こうやって何かが起こるとブワーッと「アレもダメ」「コレもダメ」って全部ダメにしていくじゃないですか。見ていてその風潮が恐ろしいですよ。「CASSHERN」のときもそうで、誰かが叩き始めるとそれにどんどん乗っかってくる。その暴力性に気が付かないままやってしまっている。イジメの構造がまさにそうだと思う。
――確かにそうですね。

オリンピックの問題に関しては、政治家やオリンピック組織委員会の対応もグダグダだとは思う。別に彼らを擁護するわけでもないけど、ここまでなにもかも批判的な見方をするようになっちゃうと、何も生み出せない。オリンピックって本来だったら、もっと希望のある話じゃないですか。でも、その希望が失われていくのは、非常に悲しいことだなと思いますよね。
――盗作疑惑に関しては、どのように感じましたか?

別にダサいとか批判するのは良いと思うんです。ただ仮にコピーされていたとしても、それぐらいいいんじゃないっていう寛容性が欲しい。だって、みんな同じモノ作りをやっているわけだから、似ることもあるじゃないですか。俺も映画を作っていて思うけど、どこかで見たシーンとかが影響しちゃうこともあります。結局、人の映画の延長線上でしかないわけで。全くのオリジナル作品なんて誰が作ってるんですか? っていう話ですよ。
――それはどのジャンルにおいても同じことが。

そう。だからいま起こっている音楽なんて、ほとんど誰かのコピーですよ。ビートルズだって、プレスリーがいてから、チャック・ベリーがいたからになる。それを遡っていくと、アフリカの太鼓みたいな話になるし。テクノとかEDMだって、遡っていったら、クラフトワークみたいな話になってくる。じゃあクラフトワークは全部オリジナルなのかっていったら、 クラシックとかに繋がっていったりするわけですよ。そうなると、もうキリがないでしょう。だから、もう少し大らかにいきましょうよとは思いますけどね。
――法廷での争いになると、この問題はさらに長引きそうです。

詳しくは分からないけど、ベルギー人の彼も訴えを起こすことで注目されるじゃないですか。だからもうモノ作りということとは、別のことになっている気がする。 今は、中国がありとあらゆるものをコピーしてるとか言うんだけど、50年代からつい最近までの日本なんて著作権を完全に無視してコピーだらけだったわけですよ。アメリカだって、ずっとヨーロッパをコピーしてきたわけで。
――著作権という概念があるからでしょうか。

だから、俺はもうどこかで著作権を廃止にしないといけない日がくると思う。 誰かのモノ、会社のモノっていうことも分かるんだけど、人類として考えたらみんなに開放するべきじゃないですか。だから著作権はなくして、最初に開発した人がお金ではない尺度で認められるようなことがもっとなされるべきだと思います。今はその認められる対価がお金になっているから、こんなことになるんだけど。それがお金じゃなくて、尊敬の念であったり。そういうことがもっと伝われば良いと思うんです。こないだテスラモーターズのイーロン・マスク氏が電気自動車の特許を開放したんだけど、そうすることで電気自動車が増えて石油依存も減少して人類の為になる。彼はもっと称えられるべきだし、ノーベル賞に値するぐらいのことだと思う。
――著作権による争いは世界中でありますね。

そんなことで延々と争っているわけじゃないですか。そのエネルギーをもっと建設的なことに使えば、ガンも治るし、公害もなくなるし、飢餓や戦争までなくなると思います。自分たちの問題だと思ってることが、全部なくなっちゃう。それでみんな幸せになれるはずなのにそうなれない。今は個人があまりにも不安で、自分を守らないといけないという考え方の1つの現れが著作権なわけです。もちろん頑張ったことに対しての対価は必要だし、それが認めてあげるっていう行為だと思うんです。でも、今はあまりにも人が人を認めたがらない。その風潮に恐ろしさを感じているわけです。何をやっても批判されるなら、お金でいいですっていうことになっちゃうじゃないですか。お金を持つと人は認めてくれるようになるから、さらに加速していく。まさに悪循環ですよ。だから、なるべく人のことは批判せずに大らかな気持ちで物事を見るように心掛ける。そうすれば、自分の人生も変わっていくような気がしますけどね。

 

紀里谷和明メールマガジン「PASSENGER

36
映画監督紀里谷和明によって立ち上げられた会員制クリエイティブメディア『PASSENGER』。PASSENGERと連動して配信されるメルマガでは、映像、クリエイティブ業界のビジネストレンドや紀里谷和明の素顔、本質に迫るトークなど、盛り沢山のコンテンツをお届けします。

紀里谷和明メルマガ「PASSENGER」のご購読はこちらから

紀里谷和明
映画監督・写真家紀里谷和明。生まれ育った熊本から15歳で単身渡米、全米屈指のアートスクールで建築・デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。世界中を旅しながら、PVやCMなど表現の場を広げ、2016年には初のハリウッド長編映画を公開予定。 紀里谷和明公式サイト:Kiriya.com/クリエーターSNSサイト:freeworld.tv

その他の記事

『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
自己セラピーダイエットのすすめ:酒好き、食いしん坊のスーパーメタボなアラフィフでも健康と若さを取り戻せた理由(本田雅一)
アーミテージ報告書の件で「kwsk」とのメールを多数戴いたので(やまもといちろう)
迂闊に「学んで」はいけない–甲野善紀技と術理 2017「内腕の発見」(甲野善紀)
「見たことのないもの」をいかに描くか–『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(切通理作)
達成感の得られない仕事とどう向き合うか(甲野善紀)
世界60か国で定額通信を実現する「Skyroam Hotspot」を試す(西田宗千佳)
メタ視点の鍛え方(岩崎夏海)
責任を取ることなど誰にもできない(内田樹)
現代日本の結婚観と現実の夫婦の姿(やまもといちろう)
11月の『漆黒と灯火』例会、ゲストは乙武洋匡さん。また当メルマガで乙武洋匡さんとの対談連載が開始されます(やまもといちろう)
私の出張装備2016-初夏-(西田宗千佳)
大人の女におやつはいらない 上質な人生を送るための5つの習慣(若林理砂)
ソニー復活の秘密(本田雅一)
カナダでは尊敬の意をこめて先住民族をファーストネイションズと呼びます(高城剛)
紀里谷和明のメールマガジン
「PASSENGER」

[料金(税込)] 864円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回(金曜日配信予定)

ページのトップへ