石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』より

付き合う前に「別れ」をイメージしてしまうあなたへ

※石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」より
e6a7fb68514a27113d2b571ab25e6de8_s
▼Q.1▼
私は男の人と付き合う前に、別れる時のことを想像するクセがあります。まだ始まってもいないのに、どういう問題が起きて、どういうところが嫌になって、別れるときはどうしようかと妄想して、面倒くさくなってしまいます。人との別れは相手も自分も傷つけるし精神的に痛手を被ることがわかるからです。

いつも「付き合ってみないとわからない」という結論に至り、付き合うのですが、結局想定したどおりの展開になって別れてしまいます。その展開にならない人と結婚するんだろうなとは思うけど、もっとウキウキした気持ちで恋愛を楽しみたいので、そのクセをどうにかしたいです。

 
【A】
たぶん、あなたは過去に手ひどい別れ方をしたことがあるんでしょうね。なので、怖くて自分の中で予防線を張っているんだと思います。ただ、終わりが嫌になるというなら、恋愛だけじゃなくて生きることそのものも同じじゃないですか。「最後に死ぬことが分かっている人生をなぜ生きているのか?」と言われたら、確かにその通りなんですよ。でもその過程でいろいろありますよね。自分が変わることもあるし、成長することもあるから生きているわけじゃないですか。なので、恋愛に結果だけを求めるのは意味が無いと思いますね。

たとえば「結婚に至らない恋愛はすべてムダ」とか「子どもが生まれない結婚はすべてムダ」という考え方になったら、それはそれでつまらないでしょう。人はロジックだけで生きているわけではないので。

もちろん、自分の性格や彼の性格を当てはめれば、別れの方程式はできると思うけど、それを1回やめてみませんか? もったいないと思うなあ。そんなことで生きることすべてを空虚にしてしまうのは。

それに関しては、就職も同じだと思います。会社に入る前に、「生涯賃金がいくら」と計算して決める人がいるじゃないですか。でも、人間は金を得るためだけに働いているわけではないでしょう。それと同じで、結婚のためだけに恋愛するわけではない。あなたは「過程にある豊かさ」をもっと考えたほうがいいと思います。つきあい始めの胸がおどるようなワクワクする感じ。そういうことをもっと評価してあげないと。別れることなんてそれに比べたら最後の最後の一コマですから。「別れるときと、死ぬときは別」って考えて生きていくほうがいいんじゃないですかね。

 

石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

Vol.006(2015年9月25日)目次

00 PICK UP「ぼくが好きな女性のタイプ」
01 ショートショート「オーダーメイドベイビーズ株式会社」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈6〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA'S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA'S ブックレビュー
07 編集後記

 
kinei大好きな本の世界を広げる新しいフィールドはないか?
この数年間ずっと考え、探し続けてきました。
今、ここにようやく新しい「なにか」が見つかりました。
本と創作の話、時代や社会の問題、恋や性の謎、プライベートの親密な相談……
ぼくがおもしろいと感じるすべてを投げこめるネットの個人誌です。
小説ありエッセイありトークありおまけに動画も配信する
石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』が、いよいよ始まります。
週末のリラックスタイムをひとりの小説家と過ごしてみませんか?
メールお待ちしています。
banner
http://yakan-hiko.com/ishidaira.html

石田衣良
1960年、東京都生まれ。 ‘84年成蹊大学卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。 ‘97年「池袋ウエストゲートパーク」で、第36回オール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。 ‘03年「4TEENフォーティーン」で第129回直木賞受賞。 ‘06年「眠れぬ真珠」で第13回島清恋愛文学賞受賞。 ‘13年「北斗 ある殺人者の回心」で第8回中央公論文芸賞受賞。 「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。 最新刊「オネスティ」(集英社) 公式サイト http://ishidaira.com/

その他の記事

中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
日印デジタル・パートナーシップの裏にある各国の思惑を考える(高城剛)
美食ブームから連想する人間の生態系の急速な変化(高城剛)
海賊版サイト「漫画村」はアドテク全盛時代の仇花か――漫画村本体および関連会社の全取引リストを見る(やまもといちろう)
【号外】安倍官邸『緊急事態宣言』経済と医療を巡る争い(やまもといちろう)
開発者会議で感じた「AWS」という企業の本質(西田宗千佳)
今の時代にパーソナルコンピューターは必要か?(本田雅一)
世界を息苦しくしているのは「私たち自身」である(茂木健一郎)
「本当かどうかわからない数字」に左右され責任を押し付けあう日本社会(高城剛)
「芸能人になる」ということ–千秋の場合(天野ひろゆき)
様々な意味で死に直面する「死海」の今(高城剛)
温泉巡りで気付いた看板ひとつから想像できる十年後の街並み(高城剛)
「常識の毒」を薬に変える(名越康文)
国民投票サイト「ゼゼヒヒ」は何を変えるのか――津田大介、エンジニア・マサヒコが語るゼゼヒヒの意図(津田大介)
迷走する吉本興業の問題が“他人ごと”だけでは済まない理由(本田雅一)
石田衣良のメールマガジン
「石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月 2 回以上配信(メルマガは第 2・第 4 金曜日配信予定。映像は適宜配信)

ページのトップへ