メルマガ『人間迷路』より

アーミテージ報告書を読み解く――日本は二等国でいいの?

去る8月15日に出た、アーミテージ=ナイ報告書(第三部)について、概ね日米間での内容評価も固まってきましたので、簡単に本稿でご紹介していきたいと思っております。なんか最近安全保障関連や国際関係の話ばかりになって恐縮なのですが。

日本が一流国であり続けることへの期待

CSISからのレターについてはこちらを参照していただければと思いますが、アメリカの知日派が集って総論としてまとめたものとしては出色の出来ですので、このあたりを参考に、日本とアメリカの関係、それを機軸として領土問題をどう考えるべきかを敷衍したい向きには絶好の教材となっております。

http://csis.org/files/publication/120810_Armitage_USJapanAlliance_Web.pdf

http://csis.org/event/us-japan-alliance-anchoring-stability-asia

安全保障関連のコミュニティではさっそくいろんな反響が出ておりますが、大枠についてはこの辺をご参照のほどを。

http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-033.html

防衛省がファシリティ関連の部分に強い関心を引く傍ら、経済面での安全保障を考えることの多い民間である私どもの興味は、今回枠組みとして強く打ち出されている「エネルギー面での安全保障」、率直にシェールガス開発および対日輸出の緩和、同じく天然ガス・LNGの対日輸出の緩和、産油国である中東諸国への日本のコミットメント強化と、日本の脱原発路線の放棄によるエネルギー市場の安定などを柱とする日米間でのエネルギー安保への発展的な枠組みの提唱であります。うーん、そこまで踏み込んでくるとはちょっと思いませんでして、ここ一ヶ月ぐらい、あれだこれだと議論が絶えなかった部分でもあります。

そういう日米間の取り組みの強化の根底にあるのは、日本が世界におけるTier-One Country、すなわち一流国であり続けることへの期待であり、また同時に日本のその意欲が感じられるような外交的主体性の部分であります。

1 2
やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

回転寿司が暗示する日本版「インダストリー4.0」の行方(高城剛)
音声で原稿を書くとき「頭」で起きていること(西田宗千佳)
職業、占い師?(鏡リュウジ)
サイバーセキュリティと官民協力の実態(やまもといちろう)
ソニー復活の秘密(本田雅一)
物議を醸す電波法改正、実際のところ(小寺信良)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
これからのクリエーターに必要なのは異なる二つの世界を行き来すること(岩崎夏海)
広告が溢れるピカデリー・サーカスで広告が一切ない未来都市の光景を想像する(高城剛)
『外資系金融の終わり』著者インタビュー(藤沢数希)
シュプレヒコールのデジャブ感—大切なのは、深く呼吸をすること(名越康文)
「常識」の呪縛から解き放たれるために(甲野善紀)
「報道されない」開催国ブラジルの現在(宇都宮徹壱)
「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ(高城剛)
ショートショート「金曜夜、彼女のジョブ」(石田衣良)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ